ヌエボ・エスタディオ・デ・マラボ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
ヌエボ・エスタディオ・デ・マラボ
Estadio de Malabo Equatorial Guinea.JPG
施設情報
所在地 赤道ギニアの旗 マラボ
位置 北緯3度43分30秒 東経8度46分9秒 / 北緯3.72500度 東経8.76917度 / 3.72500; 8.76917座標: 北緯3度43分30秒 東経8度46分9秒 / 北緯3.72500度 東経8.76917度 / 3.72500; 8.76917
開場 2007年
グラウンド 天然芝
ピッチサイズ 105 x 68 m
建設者 Bouygues
使用チーム、大会
アトレティコ・マラボ
アトレティコ・セム
デポルティボ・ウニダード
CDエラ・ンゲマ
パンサーズFC
メヘタリアノスFC(赤道ギニア・プレミアリーグ)
サッカー赤道ギニア代表
2008 アフリカ女子選手権
アフリカネイションズカップ2012
収容能力
15,250

ヌエボ・エスタディオ・デ・マラボ(Nuevo Estadio de Malabo)は、赤道ギニアの首都マラボにある多目的スタジアム。主にサッカーの試合に用いられる。

概要[編集]

2007年に設立された。収容人数は15,250人[1]サッカー赤道ギニア代表のホームスタジアムとして用いられる他、赤道ギニア・プレミアリーグに所属するアトレティコ・マラボ、アトレティコ・セム、デポルティボ・ウニダード、CDエラ・ンゲマ、パンサーズFC、メヘタリアノスFCがホームスタジアムとして用いる。 2012年にはアフリカネイションズカップ2012グループステージの会場となった。 また、2008年にはアフリカ女子選手権決勝戦の会場となった。

脚注[編集]