ヌクレオカプシド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

ヌクレオカプシド(: nucleocapsid)とは、ウイルスのゲノムDNAあるいはRNA)とゲノムを包むタンパク質カプシド)の総称。ヌクレオキャプシドとも表記される[1]。タンパク質とゲノムの複合体(核タンパク質 (nucleoprotein) もヌクレオカプシドの一部とみなされる。ポリオウイルスのような単純なウイルスではヌクレオカプシドはウイルスの構成成分全てを含むが、他の多くのウイルスではヌクレオカプシドは何らかの機能を有する他の構造物とともにエンベロープに包まれている。

脚注[編集]

  1. ^ 田口文広 「コロナウイルス」 (PDF) 『ウイルス』 61巻2号 日本ウイルス学会、205-210頁、2011年。 NAID 10030578037国立国会図書館書誌ID:023466198http://jsv.umin.jp/journal/v61-2pdf/virus61-2_205-210.pdf