ヌマガエル科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヌマガエル科
Euphlyctis cyanophlyctis2.jpg
Euphlyctis cyanophlyctis
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 両生綱 Amphibia
: 無尾目 Anura
亜目 : カエル亜目 Neobatrachia
上科 : アカガエル上科 Ranoidea
: ヌマガエル科 Dicroglossidae
学名
Dicroglossidae Anderson, 1871[1][2]
和名
ヌマガエル科[2][3]

ヌマガエル科(Dicroglossidae)は、無尾目に分類される科。

分布[編集]

アフリカ大陸北部からアラビア半島南部・南アジア・東南アジア・インドネシアパプアニューギニア台湾日本にかけて[1]

分類[編集]



Ingerana



ウキガエル属






クールガエル属




Quasipaa



Nanorana







Nannophrys




Euphlyctis



Hoplobatrachus






Sphaerotheca




Zakerana(ヌマガエル属のシノニムとされる)



ヌマガエル属






次のような系統樹が得られている[4]

本科については胸帯や指趾先端の骨などの内部形態的にアカガエル科と区別できない点や、科内に不明な点も多く多系統群とする説も否定されていない[2]

以下の分類はAmphibian Species of the World(2017)・AmphibiaWeb(2017)に・和名は倉本(1993)・日本爬虫両棲類学会の標準和名案(2016)・松井(2016)に従うものとする[1][2][3][5][6]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c Dicroglossidae. Frost, Darrel R. 2015. Amphibian Species of the World: an Online Reference. Version 6.0 (Date of access). Electronic Database accessible at http://research.amnh.org/herpetology/amphibia/index.html. American Museum of Natural History, New York, USA. (Accessed: 03/15/2016)
  2. ^ a b c d 松井正文 「ヌマガエル科」『ネイチャーウォッチングガイドブック 日本のカエル 分類と生活史 全種の生態、卵、オタマジャクシ』、誠文堂新光社2016年、180-192頁。
  3. ^ a b 日本産爬虫両生類標準和名 日本爬虫両棲類学会(2017年4月25日閲覧)
  4. ^ Alexander Pyron, R and Wiens, John J (2011). “A large-scale phylogeny of Amphibia including over 2800 species, and a revised classification of extant frogs, salamanders, and caecilians”. Molecular Phylogenetics and Evolution 61 (2): 543-583. doi:10.1016/j.ympev.2011.06.012. 
  5. ^ 倉田満編著 「カエル目(無尾目)の分類表2」『動物たちの地球 両生類・爬虫類 3 トノサマガエル・モリアオガエルほか』第5巻 99号、朝日新聞社、1993年、96頁
  6. ^ Dicroglossidae . AmphibiaWeb. 2017. <http://amphibiaweb.org> University of California, Berkeley, CA, USA. Accessed 25 Apr 2017.