ネオペイガニズム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ネオペイガニズム(英:Neopaganism, Neo-Paganism)または復興異教主義(ふっこういきょうしゅぎ)は多種多様な現代の宗教的な運動、特にそれらがヨーロッパの前キリスト教的なペイガニズムの信条によって影響されたものを呼ぶのに用いられる包括的な用語である[1][2]

定義[編集]

(ネオペイガニズム運動のリスト英語版も参照。)

ネオペイガニズム的な運動はきわめて多様で、多神教からアニミズムに、汎神論から他のパラダイムに広くわたる信条である。多くのネオペイガニズム運動は、まったく現代的な起源のスピリチュアリティ的活動を行なう。他方では、歴史的・民俗的起源を持つ、土着的・民族的宗教を再建または復活させようとする[3]

ネオペイガニズムは、先進工業国のポストモダニズム的な展開であり、アメリカ合衆国と英国でかなりの勢力を持ち、ヨーロッパ大陸(ドイツ語圏、スカンジナビア、スラブ、ラテン地域他)にもみられる。

最大のネオペイガニズム運動はウイッカであり、他のかなりの規模のネオペイガニズム信仰としてはネオドルイド教英語版ゲルマン・ネオペイガニズム英語版スラブ・ネオペイガニズム英語版などがある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Lewis, James R (2004). The Oxford Handbook of New Religious Movements. Oxford University Press. p. 13. ISBN 0195149866. 
  2. ^ Hanegraaff, Wouter J (1996). New Age Religion and Western Culture: Esotericism in the Mirror of Secular Thought. Brill Academic Publishers. p. 84. ISBN 9004106960. 
  3. ^ Adler, Margot (1979, revised and updated 1986, 1996, 2006). Drawing Down the Moon: Witches, Druids, Goddess Worshippers and Other Pagans in America (1986 ed.). New York, NY: Penguin Books. pp. 3–4. ISBN 0143038192.