ネオメロドラマティック/ROLL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ポルノグラフィティ > ネオメロドラマティック/ROLL
ネオメロドラマティック/ROLL
ポルノグラフィティシングル
初出アルバム『THUMPχ
A面 ネオメロドラマティック
ROLL
B面 プッシュプレイ (LIVE!)
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル ロック
ポップ・ロック
J-POP
時間
レーベル SME Records
作詞・作曲 新藤晴一ak.homma岡野昭仁
プロデュース 田村充義本間昭光
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間2位(オリコン
  • 2005年度年間38位(オリコン)
  • 登場回数13回(オリコン)
  • ポルノグラフィティ シングル 年表
    黄昏ロマンス
    2004年
    ネオメロドラマティック/ROLL
    2005年
    NaNaNa サマーガール
    2005年
    テンプレートを表示

    ネオメロドラマティック/ROLL』(ネオメロドラマティック/ロール)は、ポルノグラフィティの17作目のシングル2005年3月2日にリリースされた。

    概要[編集]

    • ポルノグラフィティ初の両A面シングルであり、5thアルバム『THUMPχ』の先行シングル。なお、作品の紹介の際にあたっては「両A面」「ダブルA面」といった呼び方はせず、「ダブルフェイスシングル」と呼称した。
    • A面2曲共にCMタイアップがつき、「ROLL」では『アゲハ蝶』以来のメンバーのCM出演となった。
    • アルバムの先行シングルではあるが、初動は「ヴォイス」以来となる10万枚超を記録し、2人体制のポルノグラフィティでは最高の初動売上となった。Tama脱退後では「シスター」に次いで2番目の売上である。

    収録曲[編集]

    1. ネオメロドラマティック(3:54)
      普段はレスポールを主に使用する晴一だが、この曲ではアームを多用するため、ライブではモッキンバード(B.C.Rich)およびPRIME(Killer)を使用している。
      タイトルは「ネオ」、「メロドラマ」、「ドラマティック」を組み合わせた造語である。正確な意味は明らかにされていない。
      初披露は、『5th Anniversary Special Live "PURPLE'S"』。当時は「未発表曲(新曲)」として披露された。
      PSP用ゲームソフト『太鼓の達人 ぽ〜たぶる』(2005年8月4日発売)に演奏曲として収録された。
    2. ROLL(4:52)
      • 作詞・作曲:岡野昭仁 / 編曲:ak.homma、ポルノグラフィティ
      PVCMをベースに手描き風のアニメーションが加えられたもので、メンバーは出演していない。
    3. プッシュプレイ (LIVE!)(4:33)
      • 作詞・作曲:新藤晴一 / 編曲:ak.homma、ポルノグラフィティ
      曲名の「プッシュプレイ」は、「再生(ボタン)を押す」という意味。メジャーデビュー5周年記念ライブ『PURPLE'S』で未発表曲としてアンコールに演奏された曲。ライブバージョンの新曲を収録してリリースするのは初めてである。スタジオ音源は5thアルバム『THUMPχ』に収録。
      音源は、『PURPLE'S』のもの。ベスト盤収録の候補曲だった。

    タイアップ[編集]

    • CM放送開始直後にダイハツの携帯サイトにて着信メロディの無料プレゼントが行われた。

    収録アルバム[編集]

    関連項目[編集]