ネオンくらげ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ネオンくらげ
監督 内藤誠
脚本 内藤誠
出演者 山内えみ子
川村真樹
荒木一郎
片山由美子
田中小実昌
小松方正
音楽 三上寛
撮影 飯村雅彦
編集 田中修
製作会社 東映東京撮影所
配給 東映
公開 1973年6月20日
上映時間 67分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

ネオンくらげ』は、1973年公開の日本映画R-18(旧成人映画)指定[1]山内えみ子主演、内藤誠監督。東映東京撮影所製作、東映配給。『釜ケ崎極道』(極道シリーズ第9作、若山富三郎主演、山下耕作監督)、『処女かまきり』(葵美津子主演、依田智臣監督)との3本立てで公開された。

概要[編集]

山内えみ子(山内絵美子)のデビュー作で[2][3]内藤誠監督が手掛けた唯一のR指定映画成人映画[4]。田舎から上京した少女が都会の遊び人にハメられ、操られてキャッチガールに転落する姿を描く[5]。 

ストーリー[編集]

青森から上京した17歳のゆきは喫茶店ウェイトレス。19歳のバーテン・研治と同棲している。ある日、喫茶店の客と口論しているゆきを目撃した都会の遊び人でカメラマン志望の浩一は、ゆきをキャッチガールにスカウトしようと仕組む。ゆきを三人のチンピラに強姦させ、ぐったりと横たわるゆきを親切そうに助け起こす。浩一のヌードモデルを切っ掛けに新宿のぼったくりバーのキャッチガールになったゆきは、きらびやかな新宿のネオンの海で、くらげのようにただよいながら生きる。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督:内藤誠
  • 企画:矢部恒、寺西国光
  • 脚本:内藤誠
  • 撮影:飯村雅彦
  • 美術:藤田博
  • 照明:大野忠三郎
  • 音楽:三上寛
  • 編集:田中修
  • 助監督:深町秀煕

製作経緯[編集]

企画・脚本[編集]

内藤誠監督は1972年の『夜の女狩り』以降は映画を撮っていなかったが、当時の東映社長・岡田茂から「低予算でポルノ度の高いものをつくれるなら監督させる」という条件をいわれ製作を了承した[4][6][7]映画タイトルの命名は、生物系タイトルが好きな[8]岡田社長[4]。内藤がたまたま街で三上寛に会い、三上の楽曲「馬鹿ぶし」や「ものな子守歌」などの歌詞を生かしたシナリオを書いてみようと思いついた[4][6][7]。三上の歌からの創作のため、ヒロインは青森から上京、東京の舞台は新宿ゴールデン街にした[4]

キャスティング[編集]

東映の宣伝部にいた今井正監督の長男・今井功が『週刊大衆』か『アサヒ芸能』のどちらかの表紙を飾っていた山内えみ子を見つけ同期の内藤に推薦[6][7]。会ってみると脚本のイメージにぴったりだったが、山内は当時19歳でスチュワーデス志望の学生。「ポルノ映画で裸になるのは真っ平」と断わられた[4]。何としても山内を起用したい内藤と寺西国光プロデューサーは、桃井かおり伊佐山ひろ子などが出演する尖鋭的な日本映画を一緒に視察し[5]、脚本を読んで考えてくれと頼むと、後日「興味本位で裸を見せるだけの映画でないことが分かりました。思い切ってやりましょう」と出演の了承を得て主演に抜擢した[4][6]。全編セックスシーンの映画で新人の山内には異常な体験だろうと心配し、内藤は家庭にしばしば山内を招き夕食を共にした[4]。内藤の息子が山内に懐いていたという[4]荒木一郎川村真樹は、脚本を読んで出演を快諾した[4]田中小実昌特別出演[9]

音楽[編集]

クレジットには音楽は三上寛しか書かれていないが、渋谷毅採譜に協力し、録音は三上とジャズプレイヤー・坂田明中村誠一古澤良治郎が参加した[4][9]ギャラは一人1万円だったといわれる[4]

続編[編集]

岡田社長が完成試写を観ただけで、「おお、これは続編だ!」と、一般公開される前にすぐ続編の製作を指示した[4][6]。しかし内藤は初めての成人映画に精魂疲れ果てて降り、続編『ネオンくらげ 新宿花電車』は同期の山口和彦が監督している[4]。 

評価[編集]

本作と続編『ネオンくらげ 新宿花電車』が2011年7月~8月に東京ラピュタ阿佐ヶ谷で特集上映が組まれた[2]

逸話[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ネオンくらげ - 日本映画情報システム
  2. ^ a b THE ネオンくらげ/ラピュタ阿佐ケ谷あどけない表情!でもゴーカイな脱ぎっぷり!グラマラスボディー女優・山内えみこ特集で青春エロティックムービー上映!
  3. ^ 『日本映画俳優全集・女優編』 キネマ旬報社1980年、709-710頁。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n  内藤誠 『監督ばか』 彩流社、2014年、101-104頁。ISBN 978-4-7791-7016-4。
  5. ^ a b c d e f g h 『セクシー・ダイナマイト猛爆撃』 洋泉社1997年、266-268頁。ISBN 4-89691-258-6。
  6. ^ a b c d e flowerwild.net - 内藤誠、『番格ロック』を語る vol.3
  7. ^ a b c 杉作J太郎・植地毅(編著) 「内藤誠インタビュー」『東映ピンキー・バイオレンス浪漫アルバム』 徳間書店1999年、107-110頁。ISBN 4-19-861016-9。
  8. ^ 藤木TDC「日本最高の熟女観音 それが五月みどり その魔性のフェロモン性を語る」、『実話裏歴史スペシャル』第28巻、ミリオン出版2015年7月1日、 59-63頁。
  9. ^ a b 内藤誠 『偏屈系映画図鑑』 キネマ旬報社、2011年、94頁。ISBN 978-4-87376-381-1。
  10. ^ a b c 「東映不良性感度映画の世界」、『映画秘宝』、洋泉社、2011年8月、 62頁。
  11. ^ 小沢茂弘・高橋聡 『困った奴ちゃ―東映ヤクザ監督の波乱万丈生』 ワイズ出版1996年、91-92頁。ISBN 9784948735576。
  12. ^ 春日太一 『あかんやつら 東映京都撮影所血風録』 文藝春秋2013年、342-345頁。ISBN 4-1637-68-10-6。
  13. ^ a b 『映画界のドン 岡田茂の活動屋人生』 文化通信社2012年、44-46頁。ISBN 978-4-636-88519-4。
  14. ^ 「ラスト・スケバン・スタンディング6」、『映画秘宝』、洋泉社、2009年7月、 99頁。
  15. ^ 黒沢清四方田犬彦・吉見俊哉・李鳳宇(編) 「日本映画とやくざ、あるいは『不良性感度映画』の時代 内藤誠」『日本映画は生きている 第四巻 スクリーンのなかの他者』 岩波書店2010年、279頁。ISBN 978-4-00-028394-6。
  16. ^ 『悪趣味邦画劇場(映画秘宝2)』 洋泉社1995年。ISBN 978-4896911701。
  17. ^ a b 鈴木則文 『東映ゲリラ戦記』 筑摩書房2013年、142-153頁。ISBN 978-4480818386。
  18. ^ 『歌謡曲番外地 Vol.1』 シンコーミュージック・エンタテイメント2007年、160-161頁。ISBN 978-4-401-75112-9。