ネオン・アントノフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ネオン・ワシーリエヴィチ・アントノフ
Неон Васильевич Антонов
Хабаровск, могила контр-адмирала Антонова Н. В..JPG
ハバロフスクにあるアントノフの墓
生誕 1907年1月6日ユリウス暦
Flag of Russia.svg ロシア帝国
モスクワ県
クラスコボロシア語版
死没 1948年10月24日
Flag of the Soviet Union.svg ソビエト連邦
ハバロフスク
所属組織 Naval Ensign of the Soviet Union (1950-1991).svg ソビエト連邦海軍
最終階級 少将
テンプレートを表示

ネオン・ワシーリエヴィチ・アントノフロシア語: Неон Васильевич Антонов ネオーン・ワシーリィエヴィチ・アントーナフ1907年1月6日 - 1948年10月24日)は、ソビエト連邦の軍人。ソ連邦英雄。最終階級は海軍少将。

経歴[編集]

アントノフは、1907年1月19日(ユリウス暦では1月6日)にロシア帝国モスクワ県クラスコボ(現ロシア連邦モスクワ州リュベレツキー地区付近)で生まれた。1926年にソ連海軍へ入隊。1930年レニングラード海軍学校ロシア語版を卒業し、極東ロシア統合国家政治局の下国境警備に当たった。

1936年哨戒艇ヴォロフスキーの艦長に就いた。1941年N・G・クズネツォフ記念海軍兵学校ロシア語版を卒業したアントノフは、同年ソビエト連邦共産党に入党している。

大祖国戦争が勃発すると、1941年6月より赤旗勲章バルト艦隊砲艦大隊長として、1942年1月からは赤旗勲章バルト艦隊の参謀として従軍した。1944年8月から9月までリガの防衛を指揮。引き続きフィンランドより貸与されたポルッカラ海軍基地に移動し、終戦をそこで迎えた。戦後はアムール小艦隊ロシア語版の司令官を務めている。

1948年10月24日ハバロフスクで死去。

叙勲[編集]

Hero of the Soviet Union medal.png ソ連邦英雄1945年7月18日、第7970号)
Order of Lenin ribbon bar.png レーニン勲章(1945年7月18日)
Order of Red Banner ribbon bar.png 赤旗勲章2回(1944年2月28日7月27日
Order gpw1 rib.png 1等祖国戦争勲章
Order ushakov2 rib.png 2等ウシャコフ勲章ロシア語版
Order redstar rib.png 赤星勲章

記念[編集]

以下の場所にアントノフを記念するものが存在している。

参考文献[編集]