ネクスト・ゴール!世界最弱のサッカー代表チーム0対31からの挑戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ネクスト・ゴール!世界最弱のサッカー代表チーム0対31からの挑戦
Next Goal Wins
監督 マイク・ブレット&スティーブ・ジェイミソン
製作 クリスチャン・ブロディ
出演者 トーマス・ロンゲンサッカーアメリカ領サモア代表
音楽 ロジャー・ゴウラ、サラ・ブリッジ
配給 日本の旗 アスミック・エース
公開 日本の旗 2014年5月17日
上映時間 98分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語サモア語
興行収入 420万円[1] 日本の旗
テンプレートを表示

ネクスト・ゴール!世界最弱のサッカー代表チーム0対31からの挑戦』(ネクストゴール せかいさいじゃくのサッカーだいひょうチーム0たい31からのちょうせん、next goal wins)は、マイク・ブレット&スティーブ・ジェイミソン監督による2013年イギリスのドキュメンタリーである。

2001年、FIFAワールドカップ予選にて0対31でオーストラリア代表に、国際Aマッチ史上最多の得点差で大敗(詳細はオーストラリア 31-0 アメリカ領サモア参照)、公式戦で200ゴール以上の失点と全敗、10年以上FIFAランキングで最下位という、世界最弱のサッカーアメリカ領サモア代表

そんな彼らのもとに、新しくオランダ人監督トーマス・ロンゲンがやってきて、初勝利を目指して2014年FIFAワールドカップ予選に挑む熱狂と興奮のドキュメンタリー[2]

代表メンバーのジャイヤ・サエルアは、ファファフィネ(第三の性)を持つ世界初のサッカー代表選手であり、FIFAのゼップ・ブラッター会長は、「プロスポーツ界で、特にサッカー界において同性愛や性同一性障害に取り組み続けるジャイヤは、世界の人々やほか の選手たちにとって真の刺激と励ましを与え続けている」と称賛のコメントをおくっている[3]

脚注[編集]

  1. ^ キネマ旬報」2015年3月下旬号 101頁
  2. ^ 北健一郎 (2014年5月8日). “日本代表を応援する全ての人に見てほしい“W杯から最も遠い国”アメリカ領サモアのお話”. サッカーキング. 2014年5月8日閲覧。
  3. ^ 【インタビュー】W杯予選に出場した最初の“トランスジェンダー”選手ジャイヤ「光栄に思うわ」”. サッカーキング (2014年5月8日). 2014年5月8日閲覧。

関連項目[編集]