ネコノメソウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
ネコノメソウ
Chrysosplenium grayanum ネコノメソウ DSCF0062.JPG
ネコノメソウ(篠山市 西ヶ嶽山麓)2011.4.10撮影
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
: ユキノシタ目 Saxifragales
: ユキノシタ科 Saxifragaceae
: ネコノメソウ属 Chrysosplenium
: ネコノメソウ C. grayanum
学名
Chrysosplenium grayanum
Maxim.
和名
ネコノメソウ(猫の目草)

ネコノメソウ(猫の目草、学名:Chrysosplenium grayanum)は、ユキノシタ科ネコノメソウ属の多年草

目次

生育環境

日本全土の山地や山のふもとの陰湿地に生える。

特徴

匍匐枝が地上を這い、高さ5-20cmの花茎を出す。このから出る対生し卵円形で、葉柄があり淡い緑色となる。ただしの近くの葉は黄色になる。葉の縁には低い鋸歯がある。

裂開した果実ネコの目のように見えるところからの命名。

春に、茎の頂に淡黄色の小花が集まってつく。片は4つで淡黄緑色。花弁はない。おしべは4本で蕚片よりも短い。

近縁種

ネコノメソウ属は世界に30種ほどが確認され、その内14種類が日本に生育する。このうち普通によくみられるのは、ネコノメソウとヤマネコノメソウで通常4月頃、春の暖かくなったころに黄色と緑のコントラストの群落を作り、よく目立つ。

  • ヤマネコノメソウ(山猫の目草、学名:Chrysosplenium japonicum
  • ミヤマネコノメソウ(深山猫の目草、学名:Chrysosplenium macrostemon
  • ハナネコノメ(花猫の目、学名:Chrysosplenium stamineum
  • ツルネコノメソウ(蔓猫の目草、学名:Chrysosplenium flagelliferum
  • ボタンネコノメソウ
  • ホクリクネコノメソウ
  • ハナネコノメソウ
  • マルバネコノメソウ
  • イワボタン

参考文献

  • 『カラー植物百科』平凡社、1974年(1984年16版)、282ページ

過去1時間の間にもっとも読まれた記事
布川敏和 魚住優 本上まなみ 風間俊介 大黒摩季 松下恵 竹内海南江 麻生太郎 出川哲朗 秋篠宮佳子 八代亜紀 山田孝之 野宮真貴 坂下麻衣 渡邉恒雄 榊原るみ さくらももこ 北乃きい 羽生結弦 千堂あきほ
「ネコノメソウ」のQ&A
1  この植物の名前を教えてください…
2  山小屋の散歩道に咲いてる。名前を
3  花なのか草なのか見た事ない植物
モバイル版goo wikipedia提供中!
↓↓↓下記QRコードからアクセス↓↓↓
モバイル版goo wikipedia QRコード
Wikipedia記事検索について