ネタパレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ネタパレ
NETA PARADE
ジャンル バラエティ番組
演出 木月洋介(演出監修)
北山拓、久保田集、岡田純一
出演者 南原清隆ウッチャンナンチャン
陣内智則
増田貴久NEWS
製作
チーフ・
プロデューサー
情野誠人
プロデューサー 佐久間茂
鈴木康祝、田岸宏一
木月洋介
戸渡和孝(GP)
制作 フジテレビ
放送
映像形式文字多重放送
データ放送
音声形式ステレオ放送
放送国・地域日本の旗 日本
公式サイト
2017年4月から9月まで
放送期間2017年4月14日 - 9月29日
放送時間金曜 23:30 - 23:58
放送分28分
回数21
2017年10月から
放送期間2017年10月6日 -
放送時間金曜 23:40 - 翌0:10
放送分30分
番組年表
前作超ハマる!爆笑キャラパレード
テンプレートを表示

ネタパレ』は、フジテレビ系列2016年4月23日から放送されている日本バラエティ番組である。

概要[編集]

2016年4月23日から2017年3月25日まで土曜19:00 - 19:57枠で放送されていた『超ハマる!爆笑キャラパレード』の後継番組。2017年4月14日より金曜23:30 - 23:58枠に移動し、番組名を『ネタパレ』に変更した[1]。内容は、とある小劇場に来店した「笑い」を愛する俳優・女優・ミュージシャンなどの幅広いジャンルのゲスト1組に、今見てもらいたいネタを披露するという趣旨にリニューアルされている。なお、出演者は『キャラパレ』から引き継いで、南原清隆ウッチャンナンチャン)、陣内智則増田貴久NEWS)がMCとして出演する。進行は基本的に陣内が担当する。

スタジオセットは劇場風で、南原が劇場支配人、陣内が副支配人、増田が従業員という設定になっている。

EXITかが屋東京ホテイソンといった若手芸人たちをいち早く起用していた番組であり、いわゆる「お笑い第七世代」の火付け役となった番組の一つである。

2017年10月6日から、前座番組『全力!脱力タイムズ』が10分拡大して40分枠になるため、本番組は2分拡大したうえで金曜23:40 - 翌0:10枠に繰り下げとなった。

2018年6月2日土曜日)21:00 - 23:10(『土曜プレミアム』枠)には『ネタパレTHEゴールデン〜いま見たい!!最強の旬ネタSP〜』と題して、『ネタパレ』では初となるプライムタイムでの特別番組が放送された[2]

2019年1月1日火曜日)0:45 - 2:45(月曜日深夜)には、番組初の元日SPが放送された[3]。元日SPでは毎回「ネタパレNEW YEARグランプリ」と題する賞レースを実施している。

出演者[編集]

MC
常連客[注 1]
ほか

主なコーナー[編集]

2020年夏頃から、番組後半では週替わりのコーナーを行っている。コーナーの最後で南原がMVPを決める。

  • バーチャル大喜利
クロマキー合成される写真を背景にして一言でボケる。
  • ニュースターパレード
ネクストブレイク芸人が1分以内のネタを披露する。進行は佐野瑞樹(フジテレビアナウンサー)が務める。
  • 川柳パレード
お題に対して、実体験をもとにした川柳を披露する。

ネタパレNEW YEARグランプリ[編集]

毎年、ネタパレ元日SP内にて開催される『日本一早いお笑い賞レース』[注 3][4]。漫才・コント・歌ネタなど、ジャンルは問われていない。

ルール[編集]

  • 各ブロック1組ずつ、約2分間のネタを披露。審査により、それぞれ1組が決勝に進出する。
  • 審査はブロック・決勝ともに観客の投票によって行われる。
  • ブロックと決勝で、異なるジャンルのネタを披露できる[注 4]

優勝者[編集]

トーナメント表[編集]

★決勝進出組

放送リスト[編集]

FNS27時間テレビ[編集]

2017年9月9日・10日放送の『FNS27時間テレビ にほんのれきし』(『FNS27時間テレビ2017』)では、前年に引き続き同番組のコーナーが9日深夜に「ネタパレ 〜歴史ネタSP〜」と題して放送された。人気芸人が歴史をテーマにネタを披露した。

ネット局[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送期間 放送日時 ネット状況 備考
関東広域圏 フジテレビ フジテレビ系列 2017年4月14日 - 9月29日
2017年10月6日 -
金曜 23:30 - 23:58
金曜 23:40 - 翌 0:10
制作局
北海道 北海道文化放送 同時ネット
岩手県 岩手めんこいテレビ
宮城県 仙台放送
秋田県 秋田テレビ
山形県 さくらんぼテレビ
福島県 福島テレビ
新潟県 NST新潟総合テレビ [注 5]
長野県 長野放送
静岡県 テレビ静岡
富山県 富山テレビ
石川県 石川テレビ
福井県 福井テレビ
中京広域圏 東海テレビ
近畿広域圏 関西テレビ
島根県・鳥取県 さんいん中央テレビ [注 6]
岡山県・香川県 岡山放送
広島県 テレビ新広島
愛媛県 テレビ愛媛
高知県 高知さんさんテレビ
福岡県 テレビ西日本
佐賀県 サガテレビ
長崎県 テレビ長崎
熊本県 テレビ熊本
鹿児島県 鹿児島テレビ
沖縄県 沖縄テレビ
山梨県 山梨放送 日本テレビ系列 不明 木曜 0:54 - 1:25(水曜深夜) 遅れネット
山口県 テレビ山口 TBS系列 木曜 0:53 - 1:23(水曜深夜)
宮崎県 テレビ宮崎 フジテレビ系列
日本テレビ系列
テレビ朝日系列
土曜 13:30 - 14:00
大分県 テレビ大分 フジテレビ系列
日本テレビ系列
不定期放送

スタッフ[編集]

  • 演出監修・プロデューサー:木月洋介(フジテレビ、2020年10月9日-、以前は総合演出→総合演出・プロデュース→2018年6月22日 - 2020年9月まではチーフプロデューサー)
  • 構成:山内正之、安斎友朗、宮森かわら
  • TP:高瀬義美
  • SW:上田軌行(以前はCAM)
  • CAM:新美高志
  • VE:山下悠介、石井利幸
  • 音声:浮所哲也
  • 照明:根本進
  • 美術プロデュース:双川正文・副島翔太郎(フジテレビ)
  • デザイン:鈴木賢太(フジテレビ、以前はデザイン監修)
  • アートコーディネーター:西嶋友里(以前は美術進行)
  • 大道具:三田村義広、裏隠居徹
  • アクリル装飾:斉藤祐介
  • 装飾:百瀬貴弥
  • 電飾・特殊装置:後藤佑介
  • ファイバーワーク:西村怜子
  • マルチ:大高貢、西脇正則
  • 衣装:木村美姫、岡田夏海
  • 持道具:若林瑞帆
  • メイク:水落万里子
  • 編集:吉川豪/渡邊茂樹
  • CGデザイン:木本禎子
  • 3DVFX:山田健介
  • MA:小林由愛子、市本将也
  • 音響効果:松長芳樹(デジタルサーカス→factory)、小堀一(OKK)
  • 技術協力:ニューテレス、fmt、東京オフラインセンター、JAPAN MEDIA CREATE、factory、リトルステップ
  • 編成:赤池洋文(フジテレビ)
  • 広報:藏内彩季子(フジテレビ)
  • デスク:筒井さより
  • TK:松下絵里
  • キャラクターデザイン:小山健(2020年5月頃 -)
  • 制作プロデューサー:貞本有紀(2021年5月頃 -)、川島侑芽乃(イースト・ファクトリー、以前はAP)
  • AP:藤田朱里
  • FD:窪田俊彦、田中雄希(田中→一時離脱→復帰)
  • ディレクター:葉山浩樹谷村政樹石川隼・植松裕介・佐々木崇人・金井克仁(フジテレビ)、梅原萌、岡本卓真
  • 演出:登内翼斗(フジテレビ)、久保田集(イースト・ファクトリー)、岡田純一(オイコーポレーション
  • プロデューサー:佐久間茂(フジテレビ)、鈴木康祝(イースト・ファクトリー)、田岸宏一(クロスエイト)
  • ゼネラルプロデューサー:戸渡和孝(フジテレビ、2018年6月22日 -)
  • チーフプロデューサー:情野誠人(フジテレビ、2020年10月9日-、以前はプロデューサー)
  • 制作協力:イースト・ファクトリー[注 7]
  • 制作:フジテレビ編成制作局制作センター第二制作室(旧制作局第二制作センター→編成局制作センター第二制作室)
  • 制作著作:フジテレビ
過去のスタッフ
  • 制作統括:濱野貴敏(フジテレビ、2018年6月22日 - 2020年9月、以前はチーフプロデューサー)
  • 構成:今関ちなつ、くらなり、今村クヒト
  • SW:宮本直也
  • 美術プロデュース:佐々木順子
  • デザイン:武田紗代子
  • 大道具:松本達也
  • アクリル装飾:相沢加奈
  • 技術協力:IMAGICA
  • 美術協力:フジアール
  • デスク:小林琴美(フジテレビ)、弦牧知子(イースト・ファクトリー)、山崎可南
  • 編成:藤井修(フジテレビ)
  • 広報:山本麻祐子・高木秀幸・木場晴香(フジテレビ)
  • デスク:武田志麻
  • 制作プロデューサー:黒柳法子(フジテレビ、以前はAP)、阿見たか子(イースト・ファクトリー)、今尾千里
  • AP:小柳麻希子(イースト・ファクトリー)
  • PRディレクター:佐藤詳悟、石川博章
  • 制作進行:片桐なみき(2020年5月頃 -)
  • FD:林夏姫、竹内允人
  • ディレクター:寺田裕・角山僚祐・原田愛花(フジテレビ)、斉田泰伸(イースト・ファクトリー)、嘉元規人(アズバーズ
  • 演出:山田賢太郎・北山拓(フジテレビ)
  • プロデューサー:高瀬敦也(当時フジテレビ)、朝妻一・速水大介・竹岡直弘・西村宗範(フジテレビ)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 週替わりで1名または2名が不定期出演。
  2. ^ 『超ハマる!爆笑キャラパレード』ではネタ披露側として出演していた。
  3. ^ 芸歴等の出場規定があるのかは不明。
  4. ^ 例えばブロックで漫才、決勝でコントを披露することが可能。
  5. ^ 2019年9月30日までの社名は「新潟総合テレビ」。
  6. ^ 2020年3月31日までの愛称は「山陰中央テレビ」。
  7. ^ 2017年12月までイースト・エンタテインメントと表記

出典[編集]

関連番組[編集]

フジテレビ系列 金曜 23:30 - 23:40枠
前番組 番組名 次番組
Love music
(2015年10月16日 - 2017年4月7日)
  • 月曜0:30 - 1:25(日曜深夜)へ移動・拡大
    ローカルセールス枠に降格
ネタパレ
(2017年4月14日 - 9月29日)
  • 10分拡大して継続
フジテレビ系列 金曜 23:40 - 23:58枠
Love music
(2015年10月16日 - 2017年4月7日)
  • 月曜0:30 - 1:25(日曜深夜)へ移動・拡大
    ローカルセールス枠に降格
ネタパレ
(2017年4月14日 - )
-
フジテレビ系列 金曜 23:58 - 翌0:10枠
ユアタイム
※23:58 - 翌0:55
ネタパレ
(2017年10月6日 - )
-