ネットワーク・オブ・レスリング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ネットワーク・オブ・レスリングは、かつて存在した日本プロレス団体。略称はNOW(エヌ・オー・ダブリュー)。

第1次NOW[編集]

1990年に設立されたSWSにおいて、大相撲形式の部屋別制による選手編成の問題で意見の食い違いが起き解散したことを受けて、1992年、同団体の「道場・檄」(ケンドー・ナガサキなど)と「パライストラ」(ジョージ高野&高野俊二など)に所属していた選手を中心に設立し、代表に桜田(ケンドー・ナガサキ)が就任。 8月9日後楽園ホールでプレ旗揚げ戦を開催。しかし10月26日の旗揚げ戦前に高野兄弟が退団して(後にPWCを設立)[注釈 1]苦境に立たされる。

その後、維新力をエースとして、上田馬之助栗栖正伸タイガー・ジェット・シンらとの抗争をメインに興行を開催(維新力と上田は遺恨決着のため武器の使用も認められるという「AGAマッチ」なる試合形式で対戦。上田が出刃包丁を凶器として持参したことから「出刃包丁マッチ」とも呼ばれた)。それでも順調な経営とは行かず、1993年1月、所属選手の直井敏光福井県の興行先からリング輸送中に交通事故で死亡するなど苦境が続き、やがて活動停止となった。伸び悩みの要因として、当時の維新力に思ったほどのネームバリューがなかったことと、また直井の追悼興行を契機にFMWとの業務提携を計画していたが、上田や鶴見五郎らの反対で実現しなかった[1]ことも影響している[注釈 2]

第2次NOW[編集]

その後、登坂栄児が代表に就任し(当時、最年少のプロレス団体の代表)、登坂を始めとする一部の選手やスタッフで、1994年1月に第2次NOWとして活動再開するも長続きせず[注釈 3]10月27日東京都八王子市のマルチパーパスプラザ大会を最後に解散。 その後、ナガサキは当時WARの営業部長であった小鹿信也(現:グレート小鹿)と共に大日本プロレスを設立。所属選手の谷口裕一と代表の登坂は大日本、山川征二(現:山川竜司)などは東京プロレスに移籍した(後に山川は大日本に移籍)[注釈 4]

同じくSWSから分かれたWARに天龍源一郎という一枚看板のプロレスラーがいたことに比べ(天龍はSWSでは「レボリューション」を阿修羅・原サムソン冬木(現:冬木弘道)らと結成して、その旗頭であった)、本来ならメインイベントを張るべき高野兄弟が退団した後に看板となるプロレスラーがいなかったことが、解散を早めた原因であると思われる。

所属選手[編集]

☆はSWS在籍時「道場・檄」所属、★は「パライストラ」所属、□は練習生、無印はSWS在籍経験なし。

第2次NOWに在籍[編集]

第1次NOWのみ在籍[編集]

スタッフ[編集]

レフェリー[編集]

  • 川並政嗣
  • 二宮慎逸郎

リングアナウンサー[編集]

役員[編集]

代表取締役[編集]

来日外国人選手[編集]

日本人レギュラー参戦選手[編集]

参考書籍[編集]

  • 小佐野景浩『SWSの幻想と実像』日本スポーツ出版社ISBN 4-930943-24-8。
  • 竹内宏介 『プロレス虚泡団体の真実』 日本スポーツ出版社 ISBN 4-930943-12-4
  • 『週刊プロレス 名鑑ロマン15年クロニカル』 ベースボール・マガジン社 ISBN 4-583-61261-3

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ プレ旗揚げ戦後の9月10日発売の週刊文春に高野兄弟によるSWS解散の顛末とメガネスーパーを糾弾する手記が掲載されてスポンサーを予定していたメガネスーパーとの軋轢を避ける為にNOWは高野兄弟を退団させざるを得なかったことと、旧「道場・檄」の所属選手が中心となった体制に不満があったためと言われている。
  2. ^ 重要な資金源であったメガネスーパーの資金援助は1年間の限定にとどまり、代表の桜田一男は資金の前借りなど金策に追われていたと言われる[2]
  3. ^ 旗揚げ時に在籍した選手は殆ど退団して活動再開の時点ではケンドー・ナガサキ川畑輝鎮アポロ菅原(フリーを経て再入団)と練習生しか残らなかった。興行だけでは非常に厳しい経営環境になっていた為に、WARW★INGプロモーションなどと協力し相互の興行に参戦していた。
  4. ^ 川畑輝鎮アポロ菅原三宅綾東京プロレスに移籍したが、山川征二(現:山川竜司)の様にその後大日本プロレスには移籍しなかった。フリー参戦していた上田馬之助I.W.A.JAPANなどへ主戦場を移した。

出典[編集]

  1. ^ 『プロレス虚泡団体の真実』P86-P91より。
  2. ^ SWSの幻想と実像 145Pより