ネット・バイアーノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


ネット
名前
本名 エウバウド・ジョゼ・ダ・アギアール・ネット
愛称 ネット、ネット・バイアーノ
ラテン文字 Euvaldo José de Aguiar Neto
基本情報
国籍 Flag of Brazil.svg ブラジル
生年月日 1982年9月17日(27歳)
出身地 バイーア州サルヴァドール
身長 187cm
体重 82kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 ジェフユナイテッド市原・千葉
ポジション FW
背番号 20
利き足 左足
クラブチーム1
クラブ App (G) 
2000
2001
2002
2003
2004
2004
2005
2005
2006
2006
2006
2006-2007
2007
2007
2008
2008
2009
2009.6-
ミラソールFC
コリンチャンス・アラゴアノ
ミラソールFC
ADサンカエターノ
ビンズオンFC
SCインテルナシオナル
モジミリンFC
全北現代モータース
パウリスタFC
パルメイラス
フォルタレーザFC
アトレチコ・パラナエンセ
パウリスタFC
フォルタレーザFC
イパチンガFC
ポンチ・プレッタ
ECヴィトーリア
ジェフユナイテッド千葉
1. 国内リーグ戦に限る。2009年3月1日現在。
■Template(■ノート ■解説)■サッカー選手pj

エウバウド・ジョゼ・ダ・アギアール・ネット(Euvaldo José de Aguiar Neto、1982年9月17日 - )、ブラジル人のサッカー選手。バイーア州サルヴァドール生まれ。ポジションFWJリーグジェフユナイテッド市原・千葉所属。2009シーズンの登録名はネット・バイアーノ(Neto Baiano)、2010シーズンからはネット(Neto)。

目次

来歴

ミラソールFCでデビュー。その後、ブラジルの数々のクラブを経て、2005年には韓国の全北現代モータースに所属。韓国から帰国後は国内の中堅クラブを中心に活躍している。9年ほどのキャリアで14クラブに所属と移籍を多く経験しており、2004年にはベトナムビンズオンFCへも所属したことがあるという変わった経歴の持ち主でもある。

2009年6月、ジェフユナイテッド市原・千葉に移籍。

特徴・プレースタイル

187cmの体格を生かしたポストプレーが持ち味。相手DFとの駆け引きやポジション取りが巧みで、足元の技術はしっかりしており、重戦車のような力強いドリブルも持ち味。また、献身性も兼ね備え、味方がボールを失ったら、最前線からボールを奪い返しに自陣までプレスをかけに行くことを厭わず、そのスピードも速い。また左足のシュートも得意である。 プレーエリアは基本的に中央で、相手DFとの駆け引きやポジション争いをしつつ、クサビのパスを待っている。サイドのスペースに流れるプレーは殆どしない傾向にある。

所属クラブ

個人成績

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯 オープン杯 期間通算
2000 ミラソール
2001 コリンチャンス・A
2002 ミラソール
2003 サンカエターノ
ベトナム リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
2004 ビンズオン
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯 オープン杯 期間通算
2004 インテルN
2005 モジミリン
韓国 リーグ戦 リーグ杯 FA杯 期間通算
2005 全北現代 Kリーグ
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯 オープン杯 期間通算
2006 パウリスタ
パルメイラス
フォルタレーザ
アトレチコPR
2007 アトレチコPR
パウリスタ
フォルタレーザ
2008 イパチンガ
ポンチ・プレッタ
2009 ヴィトーリア
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
2009 千葉 7 J1 14 4 0 0 1 0 15 4
2010 千葉 20 J2 -
通算 ブラジル
ベトナム
韓国 Kリーグ
日本 J1 14 4 0 0 1 0 15 4
日本 J2 -
総通算

トリビア

プロデビュー前の1999年に当時J2だった大分トリニータに練習参加していた事がある[1]

個人タイトル

関連項目

脚注

  1. ^ 2009年7月12日付スポーツニッポン 千葉・谷沢同点ゴールも「もっと取りたい」 (ウェブ魚拓)

今日は何の日(10月15日

もっと見る

「ネット・バイアーノ」のQ&A