ネバダ (原子力潜水艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
USS Nevada (SSBN-733).jpg
艦歴
発注 1981年1月7日
起工 1983年8月8日
進水 1985年9月14日
就役 1986年8月16日
その後 就役中
母港 ワシントン州バンゴール
性能諸元
排水量 水上:16,765 トン
水中:18,750 トン
全長 170.69 m (560 ft)
全幅 12.8 m (42 ft)
喫水 11.5 m (38 ft)
最大速 20ノット以上 (37+ km/h)
潜行深度
機関 S8G reactor 1基
乗員 士官13名、兵員140名
兵装 21インチ魚雷発射管4門
Mk-48魚雷
トライデント II弾道ミサイル24発
モットー Silent Sentry
733insig.png

ネバダ(USS Nevada, SSBN-733)は、アメリカ海軍オハイオ級原子力潜水艦の8番艦。艦名はネバダ州に因んで命名された。その名を持つ艦としては4隻目。

艦歴[編集]

ネバダの建造は1981年1月7日にコネチカット州グロトンジェネラル・ダイナミクスエレクトリック・ボート社に発注され、1983年8月8日に起工した。1985年9月14日にキャロル・ラクソルト(上院議員ポール・ラクソルトの妻)によって命名、進水し、1986年8月16日にブルー班のF・W・ローム艦長およびゴールド班のウィリアム・ストーン艦長の指揮下就役した。

2006年8月1日から2日にかけて、ネバダは潜望鏡深度でファンデフカ海峡を通過中に、タグボートのフィリス・ダンラップがハワイ州ホノルルからワシントン州シアトルまで牽引していた2隻のはしけ舟の内1隻の牽引ロープと交差し破壊した。ネバダのセイル部分のグラスファイバーが破損し、別のタグボートが漂流したはしけ舟を牽引しなければならなかった。

2007年にはブルー班の乗組員が「Battle 'E'」を受賞した。本賞は艦隊で最優秀の艦に与えられる。ネバダは戦闘準備及び原子炉の安全運用で2年連続本賞を受賞した。

登場作品[編集]

日米開戦Debt of Honor)』
トム・クランシーの小説。「ネバダ」はマリアナ諸島への海上自衛隊艦艇の侵入に対処するために送られた潜水艦のうちの1隻として登場する。

関連項目[編集]