ネバー・サレンダー 肉弾凶器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ネバー・サレンダー 肉弾凶器
The Marine
監督 ジョン・ボニート
脚本 ミシェル・ギャラガー
アラン・マッケルロイ
原案 ミシェル・ギャラガー
製作 ジョエル・サイモン
ジョナサン・ウィンフリー
製作総指揮 マット・キャロル
ビンス・マクマホン
出演者 後述
音楽 ドン・デイヴィス
撮影 デヴィッド・エグビー
編集 ダラス・プエット
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 2006年10月13日
日本の旗 2007年3月3日
上映時間 92分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $22,165,608[1]
次作 ネバー・サレンダー 肉弾突撃
テンプレートを表示

ネバー・サレンダー 肉弾凶器』(原題:The Marine)は、2006年アメリカで製作されたアクション映画。アメリカのプロレス団体「WWE」が、団体所属レスラーのジョン・シナを主演に製作した。

ストーリー[編集]

海兵隊員のジョンは、優秀であり、とても正義感が強い人物であったが、それゆえに戦場で人質を助けるために軍法を無視した行動を取ってしまい、隊を除隊させられてしまう。しかも故郷で愛する妻ケイトと生活を始めても、その正義感が原因で再就職先を解雇させられてしまうのであった。絶望の淵に立つ彼を慰めるために、ケイトは二人で旅に出ることを提案する。彼女の提案に初めは乗り気ではなかったジョンも、次第に旅を通じて荒んだ心を癒していくのであった。だが、そんな二人の前に逃走中の宝石強盗団が現れ、あろうことかケイトが強盗団に人質として連れ去られてしまう。怒りに震えるジョンは、愛する妻を取り戻すために、再び肉弾凶器となって強盗団を倒すことを誓うのであった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ソフト版 テレビ東京
ジョン・トライトン ジョン・シナ 楠大典 東地宏樹
ローム ロバート・パトリック 小川真司 磯部勉
ケイト・トライトン ケリー・カールソン 根谷美智子 甲斐田裕子
モーガン アンソニー・レイ・パーカー 後藤哲夫 立木文彦
アンジェラ アビゲイル・ビアンカ 深見梨加 朴璐美
ヴァン・ビューレン ジェローム・イーラーズ 牛山茂 木下浩之
ベネット マヌー・ベネット 斉藤次郎 堀内賢雄
ヴェセーラ デイモン・ギブソン 風間秀郎
ジョー ドリュー・パウエル 石住昭彦 武虎
フランク フランク・カルロピオ 赤城進 滝知史
ブラウン大佐 ロバート・コールビー 斎藤志郎 福田信昭
クリス アシュレイ・ライオンス 木村雅史
ビリー ジェフ・チェイス 天田益男
ポール ジャマール・ダフ 石住昭彦 手塚秀彰
リンカーン・ケネディ 櫛田泰道
リック クリストファー・モーリス 武藤正史 川田紳司
パトロール警官 ピーター・ラム 魚建 多田野曜平
役不明又はその他 加納千秋
東城光志
北西純子
保村真
森夏姫
伝坂勉
土田大
関山美沙紀
石松千恵美
石田嘉代
溝邉祐子
演出 高橋剛 向山宏志
翻訳 平田勝茂 日笠千晶
調整 手塚孝太郎
効果 リレーション
担当 別府憲治
配給 東映
プロデューサー 遠藤幸子
五十嵐智之
多田浩行
制作 ビデオテック テレビ東京
HALF H・P STUDIO
初回放送 2010年8月4日
水曜シアター9

スタッフ[編集]

  • 監督:ジョン・ボニート
  • 製作:ジョエル・サイモン、ジョナサン・ウィンフリー
  • 製作総指揮:マット・キャロル、ビンス・マクマホン
  • 原案:ミシェル・ギャラガー
  • 脚本:ミシェル・ギャラガー、アラン・マッケルロイ
  • 撮影:デヴィッド・エグビー
  • 音楽:ドン・デイヴィス
  • 編集:ダラス・プエット

参考文献[編集]

  1. ^ The Marine” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2013年1月12日閲覧。

関連項目[編集]

  • ネバー・サレンダー 肉弾突撃英語版
  • ネバー・サレンダー 肉弾無双英語版
  • ネバー・サレンダー 肉弾烈戦英語版