ネビュラ (マーベル・コミック)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Nebula
出版の情報
出版者 マーベルコミックス
初登場アベンジャーズ』第257号(1985年7月)
クリエイター ロジャー・スターン英語版
ジョン・ビュッセマ英語版
作中の情報
種族 ルフォモイド
著名な別名 キャプテン・ネビュラ、ミス・ピール

ネビュラNebula)は、マーベルコミックスが出版するコミック作品に登場するキャラクター、スーパーヴィランである。ロジャー・スターン英語版ジョン・ビュッセマ英語版により創造されたこのキャラクターは『アベンジャーズ』第257号(1985年7月)で初登場した。ネビュラは宇宙で活動する海賊や傭兵として描かれ、アベンジャーズやシルバーサーファーの敵として頻繁に登場した。

ネビュラはテレビアニメやテレビゲーム、実写映画といったコミック以外のメディアにも登場している。

出版上の歴史[編集]

ネビュラはライターのロジャー・スターン英語版とアーティストのジョン・ビュッセマ英語版によって創造され、『アベンジャーズ』第257号(1985年7月)で初登場した。

キャラクターのバイオグラフィ[編集]

残忍な宇宙海賊で傭兵であるネビュラは以前にサノスの命令で巨大宇宙船サンクチュアリIIを奪った。サノスはこの時点で死亡していると考えられ、ネビュラは彼の孫娘を自称した。ネビュラの海賊・傭兵団はスカング、ケール、ガンサー、レヴァンで構成された。

ネビュラはキャプテン・マーベル英語版に自分の傭兵団に入り、スクラル英語版帝国征服を手伝うように言った。しかしながらファイアロード英語版はネビュラがザンダリアンズを虐殺したことを知った。ネビュラはスクラルの宇宙艦隊とアベンジャーズを攻撃するために自身の宇宙船体を利用した[1]

ネビュラはインフィニティ・ユニオンが集めた膨大なエネルギーを開放するため、地球の科学者であるハーカー博士の原子コンプレッサーを使って絶対的なパワーを獲得する計画を立てた。この企てはアベンジャーズの活躍により阻止されるが、ネビュラは逃亡した[2]

インフィニティ・ガントレット[編集]

ネビュラは復活してインフィニティ・ジェムズ英語版を手に入れたサノスにより生死の境を彷徨うゾンビのような姿に変えられた[3]。後にサノスは死ぬこともできずかろうじて生きている状態となったこのネビュラを自身の最高傑作であると語った。

しかしながらサノスがエターニティ英語版を倒して自身の意識を宇宙と同化させると、ネビュラは抜け殻となったサノスの身体からインフィニティ・ガントレットを奪った。ネビュラは力を使って身体を元に戻し、サノスを追放し、宇宙征服を試みた。サノスはガントレットを奪い返すためにヒーローたちと一時的に手を組んだ。ネビュラはサノスが行った破壊と殺戮を元に戻すために全宇宙を24時間前の状態に戻した。すると以前にサノスが封印した宇宙の神々も解放されてしまい、彼らは一斉にネビュラを攻撃した。この間にアダム・ウォーロック英語版シルバーサーファーはソウル・ワールドへ入り、6つのインフィニティ・ジェム調和を乱し、ネビュラはガントレットを落とした。その後ガントレットはウォーロックが回収し、ネビュラはスターフォックス英語版によって捕らえられ、裁判のためにタイタン英語版へと連れて行かれた[4]

後にネビュラはタイタンの刑務所でファイアロードと遭遇した[5]。ネビュラはギーターによって刑務所から脱出させられ、ドクター・マンディバスによってサイボーグ化させられた[6]。彼女はアンヴィル宇宙刑務所から海賊仲間を脱出させようとしたが、シルバーサーファーとジャック・オブ・ハーツ英語版により妨害された。彼女は逃亡の際にクルーを殺害した[7]

アナイアレーション[編集]

ネビュラはガモーラの仲間である「ザ・グレーシズ」の1人として再登場した。彼女はステラリス英語版と共にロナン・ザ・アキューザー英語版と戦ったが敗北し、重傷を負った[8]

パワーと能力[編集]

ネビュラは優れた戦闘員で、天才的な知性を持つ戦略家である。

彼女の手首に装備されたブラスターは人間を瞬時に焼却できる威力を持っている。また幻覚投影装置や分子変換装置により、視覚的及び物理的に自身の外観を偽ることができる。

ネビュラはドクター・マンディバスによってサイボーグ化されており、左目と左腕と左肩は人工物に置き換えられている。また頭の左上と右の腰の一部は金属で覆われている。

MCU[編集]

カレン・ギランがガモーラの義妹のネビュラを演じる[9]。日本語吹替は森夏姫が担当。

キャラクター像[編集]

サノスにより殺し屋として育成・サイボーグ化された“ルフォモイド人[10]で、ガモーラの義妹。

無愛想で激しい気質を持つ女性であり[注釈 1]、内心ではサノスに憎悪を抱いている。ガモーラに対しては義理の姉と認め、心の奥底では愛されたいと願っているものの、幼少期からサノスの前で彼女と行い続けた対戦訓練に全敗し、その度にサイバネティックス強化を施されたため、一度も勝たせてくれなかったと強く恨み、自らの手での抹殺を願望する愛憎入り混じった複雑な感情を抱いている。そのためには、騙し討ちなどの策を用いることも厭わない卑劣な一面も有している。

能力[編集]

サノスから受けた激しい訓練セッションにより、ガモーラと同様に高度な暗殺術と徒手空拳による格闘戦能力、さまざまな武器を駆使する白兵戦能力を会得し、全身に施された機械インプラントによるアップグレード[注釈 2]により、超人的な強さ、敏捷性、スタミナを得ており、全身の原型が崩れるほどのダメージを受けても、僅かな時間で元通りの体形に戻る修復能力を備えている。両目には映った光景を録画・録音して保存・再生する機能がある。また、ネクロクラフトやMシップまで、多くの宇宙船を操縦できるほどパイロット能力にも秀でている。

ツール[編集]

電気ショックスタッフ[10]
愛用する近接戦闘用の武器。連結・分割機能と伸縮機能を有し、持ち手はナノファイバー製で滑りにくく[10]、ボタン操作で致命的なエネルギーボルトを放出する[10]
機械義手[14]
常に晒している左義手。力が強化され、武器を内蔵しているが[10]、惑星“ザンダー”での戦いで一度切断するも、ラヴェジャーズの内紛時にクラグリン・オブフォンテリから代替のものを譲渡・移植された。この代替の義手は、最先端技術により強さと柔軟性が補強されており[14]、指先には伸縮する“テンパースティール”製の伸縮機能付き鉤爪が隠されており[14]、前腕部には打撃用鞭と振盪ブラスターを収納している[14]
エゴとの戦いでネビュラは、ソヴリン艦隊への対処のために、この義手を搭乗していたレーザー・ドリルのコードに接続する。

各作品での活躍[編集]

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
本作では、サノスの命でロナン・ジ・アキューザーの部下として働く[15][16]。物語の前半でロナンから“オーブ”奪取を命じられるも、任務に志願したガモーラに仕事を横取りされる形となり、その後、ロナンらと共に“キルン刑務所”から採掘コロニーの“ノーウェア”に辿り着き、ポッドで宇宙空間へ逃げたガモーラを撃墜し、オーブの奪取に成功。ロナンがサノスへ離反を宣言すると、サノスを殺したら1000の惑星を滅ぼす手伝いをすると誓った。
ロナンらとダーク・アスターでザンダーを攻撃しようとするが、立ち向かってきたガーディアンズたちに応戦し、彼らが艦内に侵入するとドラックスの砲撃を受けるも、すぐに復活し、ガモーラと激闘を繰り広げる。その最中、艦体の壁面に空いた大穴から転落して宙吊りとなるが、ガモーラからの助けと共闘の願いを断り、左義手を切断してダーク・アスターから落ち、Mシップの1機をハイジャック・操縦して何処かへ飛び去る。
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス
本作では、ロナンに加担したことで賞金首のお尋ね者になっている[14]。未熟なヤロの根を一口嚙って吐き出す滑稽な場面と共に、ガモーラとの関係が変化する兆しも描写される。
ザンダーでの戦いの後、行方を眩まし宇宙を渡り歩いていたが、アニュラックス電池を奪おうとしてアイーシャに捕らわれていた。ガーディアンズへ身柄を引き渡されるとミラノ号に拘束され、彼らを狙うソヴリン人らの襲撃やミラノ号の墜落などの災難に巻き込まれたが、ラヴェジャーズの内紛に乗じてMシップを手に入れ、エゴの星に到着し、ガモーラを急襲した。
しかしぶつかり合いながらも、ガモーラを手にかけることはできず、遂に本心を打ち明け、義理の姉妹として和解する。そしてエゴとの戦いにまで巻き込まれ、エゴの猛威からガモーラと互いに助け合った。
エゴ打倒後は、ヨンドゥ・ウドンタの葬儀に立ち会わず、ガモーラから謝罪を受けると共に「自分たちと同じ境遇の子どもたちのために一緒に活動してほしい」と頼まれるが、サノス打倒のためにひとり旅立つことになる。
アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
本作では、ガモーラとの絆を取り戻したことで、彼女を犠牲にしたサノスに激しい敵意を向けて戦いを挑む。
サノスを抹殺しようとしたものの返り討ちに遭い、サノスに半ば分解される形で拷問をされ、“ソウル・ストーン”の在り処を白状させるためにガモーラへの見せつけとして利用されてしまった。その後、隙を突いて脱出し、マンティスに連絡をとって惑星“タイタン”へ向かうよう伝え、自らもタイタンへ向かった。
タイタンではサノスに特攻を仕掛け、先に戦っていたガーディアンズの面々やトニー・スターク/アイアンマンたちにも加勢して共同戦線をとるも、サノスが引き起こした“デシメーション”によって、ガーディアンズたちが塵と化して消滅してしまう光景を目の当たりにする。

他のメディア[編集]

テレビ[編集]

テレビゲーム[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ トニー・スターク/アイアンマンは、「少しSっ気がある」と評している。
  2. ^ 頭部のヘッドプレートと顔面のフェイスプレート[11]、身体中のバイオニック筋肉骨格[10]、完全にサイバネティックス化された左腕[10]、サイバネティックスでアップデートされた呼吸器と筋肉骨格[12]ナノマシン注入[13]などを施された。

出典[編集]

  1. ^ Avengers #257, 260
  2. ^ Avengers #311-312, 314, 316-318
  3. ^ Infinity Gauntlet #1
  4. ^ Infinity Gauntlet #5-6
  5. ^ Silver Surfer Annual #5
  6. ^ Silver Surfer Vol. 3 #69-73
  7. ^ Silver Surfer Vol. 3 #76-78
  8. ^ Annihilation: Ronan #2
  9. ^ Marvel Studios Begins Production on Guardians of the Galaxy”. Marvel.com (2013年7月20日). 2013年7月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年7月20日閲覧。
  10. ^ a b c d e f g ビジュアル・ディクショナリー 2019, p. 180
  11. ^ ビジュアル・ディクショナリー 2019, p. 180、181
  12. ^ ビジュアル・ディクショナリー 2019, p. 178、179
  13. ^ ビジュアル・ディクショナリー 2019, p. 178
  14. ^ a b c d e ビジュアル・ディクショナリー 2019, p. 181
  15. ^ 'Guardians of the Galaxy' Official Character Descriptions (minor spoilers)”. Stitch Kingdom (2014年5月15日). 2014年5月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月15日閲覧。
  16. ^ Lussier, Germain (2014年4月11日). “‘Guardians of The Galaxy’ Connects to ‘Avengers 3;’ Plus New Image”. /Film. 2014年4月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月11日閲覧。
  17. ^ TV stars invade Marvel Super Hero Squad | Robot 6 @ Comic Book Resources – Covering Comic Book News and Entertainment”. Robot6.comicbookresources.com. 2010年12月28日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『マーベル・スタジオ・ビジュアル・ディクショナリー』デアゴスティーニ・ジャパン、2019年。ISBN 978-4-8135-2270-6。
  • 『アベンジャーズ マーベルヒーロー超全集 (てれびくんデラックス愛蔵版)』小学館、2019年。ISBN 978-4-09-227211-8。
  • Nebula - Marvel Universe wiki