ネブラスカ (原子力潜水艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
USS Nebraska (SSBN-739) at Naval Base Kitsap.jpg
艦歴
発注 1987年5月26日
起工 1987年7月6日
進水 1992年8月15日
就役 1993年7月10日
その後 就役中
母港 ワシントン州バンゴール
性能諸元
排水量 水上:16,765 トン
水中:18,750 トン
全長 170.69 m (560 ft)
全幅 12.8 m (42 ft)
喫水 11.5 m (38 ft)
最大速 20ノット以上 (37+ km/h)
潜行深度
機関 S8G reactor 1基
乗員 士官13名、兵員140名
兵装 21インチ魚雷発射管4門
Mk-48魚雷
トライデント II弾道ミサイル24発
モットー Defensor Pacis
愛称 Big Red
739insig.png

ネブラスカ (USS Nebraska, SSBN-739) は、アメリカ海軍オハイオ級原子力潜水艦の14番艦。艦名はネブラスカ州に因んで命名された。その名を持つ艦としては2隻目。

艦歴[編集]

ネブラスカの建造は1987年5月26日にコネチカット州グロトンジェネラル・ダイナミクス・エレクトリック・ボート社に発注され、1987年7月6日に起工した。1992年8月15日にキャロル・ラクソルト(上院議員ポール・ラクソルトの妻)によって命名、進水する。1993年6月18日に海軍に引き渡され、1993年7月10日に就役した。

ネブラスカはトライデント潜水艦発射弾道ミサイルを発射可能な弾道ミサイル潜水艦である。「ビッグ・レッド」の愛称で呼ばれ、ネブラスカ大学の愛称と同一である。

ネブラスカは就役後ジョージア州キングスベイの第10潜水艦部隊に配属されたが、2004年10月1日にワシントン州バンゴールへ転属した。本艦はダグラス・C・ウォーラーによって『Big Red: three months on board a Trident nuclear submarine』として詳述された。

ディスカバリーチャンネルの「原潜特集」で、密着取材を受けている。

関連項目[編集]