半保護されたページ

ネプリーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

ネプリーグ
NEP LEAGUE
ジャンル クイズ番組 / ゲーム番組
(深夜時代はバラエティ番組
演出 福浦与一・中村秀樹
(共にIVSテレビ制作
監修 吉田正樹ワタナベエンターテインメント兼吉田正樹事務所)
出演者 ネプチューン
名倉潤堀内健原田泰造)
林修
村瀬哲史
ぺこぱ
シュウペイ松陰寺太勇
ナレーター 佐野瑞樹フジテレビアナウンサー
製作
プロデューサー 戸渡和孝(制作統括、フジテレビ)
北口富紀子(CP、フジテレビ)
制作 フジテレビ
放送
映像形式文字多重放送
連動データ放送[1][2]
音声形式モノラル放送(モノステレオ放送)[3]
放送国・地域日本の旗 日本
公式サイト
番組開始当初から2005年3月まで
放送期間2003年4月16日 - 2005年3月30日
放送時間水曜日 23:00 - 23:30
放送枠バラパラ
放送分30分
2005年4月から
放送期間2005年4月18日 - 現在
放送時間月曜日 19:00 - 19:54
→19:00 - 19:57→19:00 - 20:00
放送分54→57→60分
ネプ小リーグ
放送期間2009年4月6日 - 2015年3月2日
放送時間月曜日 19:54 - 20:00
放送分6分

特記事項:
・放送時間は系列局により異なる(#ネット局・放送時間参照)。
・アジアン・テレビジョン・アワード2006 最優秀ゲーム・クイズ部門受賞(2006年
テンプレートを表示

ネプリーグ』(ラテン文字表記:NEP LEAGUE[4])は、フジテレビ系列で放送されているトークショーゲーム番組クイズ番組を兼ねたバラエティ番組ネプチューン司会を務める冠番組ハイビジョン放送モノラル放送(モノステレオ放送)文字多重放送、連動データ放送を実施している。

2003年4月16日から2005年3月30日までは、毎週水曜日23:00 - 23:30(JSTバラパラ枠)にて放送されていた(深夜時代については『ネプリーグ (深夜時代)』を参照)。2005年4月18日よりゴールデンタイムに昇格し、毎週月曜日の19:00 - 19:54(JST、一部地域を除く。ネット局・放送時間を参照)にて放送されている。

概要

原則的に5人を1チームとしたチーム戦のクイズクイズ番組では珍しく司会者が設定されておらず、番組当初から司会・進行はすべてフジテレビアナウンサーによる天の声が担当している。

また、スペシャル版(以降「SP」と表記)に行われる決勝ステージなど一部の例外を除き、全てのクイズは複数のチーム(あるいは個人)が同じ1つの問題で対決することはなく、1つの問題に対して1つのチームが解答して行く。

出演者

レギュラー解答者

番組内での決めポーズは「満面のバカ笑顔の真横に両手でVサイン」。ネプチューンチームに入るゲスト解答者も同じポーズを取ることもある。
字幕放送では、名倉は黄色、堀内は水色、泰造は緑色で表示される。
2021年3月22日放送分の『ネプアップデートリーグ』からレギュラー出演[6]

出題のナレーション及び番組進行

2013年春からレギュラー出演。東進ハイスクールの講師[7]で、問題の解説及び「林先生の漢字テスト」などにおける問題作成・監修を行う。
当初は上記2名の他にも東進の講師が数名出演することが多かった[8]。また、林は解答者を兼任することも多い[9]
番組内では「天の声」と称される。同時に収録しているため、出演者にツッコミを入れることがある。字幕放送では<>くくりで表示される。
  • 伊藤利尋(フジテレビアナウンサー)(声のみ)(2003年4月 - 2015年3月、2021年3月 - )
初代「天の声」。伊藤不在時は佐々木恭子(フジテレビアナウンサー)が代行していた(2013年6月24日・11月25日、2014年3月17日放送分[10])。2021年3月22日放送分から『ネプアップデートリーグ』限定で約6年ぶりに復帰。

番組のあゆみ

深夜時代

ネプリーグ (深夜時代)を参照。

ゴールデン進出後

2005年4月18日より毎週月曜日19:00 - 19:54の放送となり、ゴールデンタイムに昇格、放送時間も拡大された[11]。ゴールデン進出に伴い、ロゴを現在に若干変更。内容も深夜時代に行われていたファイブリーグを始めとする、2005年2月のパイロット版で行われた3つのコーナーのみとなり、実質的にゲーム・クイズ番組となった。

2005年夏には、お台場冒険王のフジテレビ本社1F広場前で「ファイブリーグ選手権」と題して、ファイブリーグが実際に体験出来るコーナーが行われた(2006年夏も開催)。2007年には冒険ランドに移転し、ファイブツアーズ、トロッコアドベンチャーの体験コーナーが追加された。

2006年11月30日にシンガポールで開催された「アジアン・テレビジョン・アワード2006」[12]で、「ネプリーグ」が最優秀ゲーム・クイズ部門を受賞した。

2007年8月13日放送でゴールデン進出後、100回放送を突破。

2007年末にはニンテンドーDSで「ネプリーグDS」が発売された。2008年末には第2弾として「超!!ネプリーグDS」が発売された。

2009年2月、フジテレビ On Demandでの配信を開始。これにより、SPが1時間しか放送されない地域でも有料で2時間版を見ることが可能になったが、同年6月29日放送分の配信をもって終了。4月より、一部地域において「ネプリーグ」終了後の毎週月曜19:54 - 20:00に『ネプ小リーグ』が放送されていた(2015年3月をもって終了)。

2010年7月より、ゲーム開始時のルール説明がテロップ表示のみになった。同年7月19日放送の『ネプ大リーグ』からセットがマイナーチェンジされた(ファイブリーグの解答席など)。

2012年10月からセットやオープニングなどがリニューアル。セットは「パン吉がマスコットとなるテーマパーク」という設定となっており、モニタールームも飛行船の中を模した物になっている。オープニングの映像ではファイブボンバーやネプレール、トロッコアドベンチャーなどのアトラクションが見えている。

再びネットワークセールス枠に

ゴールデン進出後は、深夜時代のネットワークセールス枠から同時間帯(月曜19時)の前番組まで長らく続いているローカルセールス枠(自主編成枠)に変更された。このため、関西テレビなど自社制作の番組を放送する系列局では、放送時間が異なっていた。

しかし2015年3月30日放送分以降、この枠はネットワークセールス枠に転換され、フジテレビ系列フルネット全局で同時ネットとなる[t 1]。なおローカルセールス枠は、火曜19時枠に移動となる。

また、2009年4月6日から2015年3月まで本編終了直後の毎週月曜日の19:54 - 20:00(JST)に『ネプ小リーグ』(ネプリトルリーグ、ラテン文字表記:NEP LITTLE LEAGUE)が放送されていたが(番組のネット局はネット局・放送時間を参照)、上述のネットワークセールス枠転換の影響で、2015年3月2日放送分で終了(2時間特番や別番組の特番の際は編成上放送されないため)、同年4月の通常放送分からは本編が3分拡大して19:00 - 19:57の放送となる[t 2][t 3]

2018年10月1日からは20時台のフライングスタートが廃止されて、20:00終了となる。

視聴率

視聴率は当初苦戦したものの、やがて秋頃には平均15%を稼ぐ番組へ成長。その後も平均して15~20%近い視聴率を毎週獲得し、同時間帯トップになることが多くなった。番組としての視聴率が最も高かった年は2009年で平均視聴率20.0%、最高視聴率も24.5%を記録するなど絶頂期を迎えた。この頃は、競合する裏番組であったTBSの『関口宏の東京フレンドパークII』が『総力報道!THE NEWS』のために別の時間帯に枠移動し、他局はテレビ朝日のドキュメンタリー番組『報道発 ドキュメンタリ宣言』や日本テレビの帯番組『SUPER SURPRISE』が放送されており、内容的に競合するバラエティ番組が裏番組にない状況であった。その後も絶頂期ほどではないが安定した視聴率をキープしている。

主な企画など

ボーナスステージ制覇チーム

  • ネプチューンはレギュラーのため、「ネプチューンチーム」以外での参加のみ記述する。ただし、ネプチューンチームにゲストが居ない場合はネプチューンを記載する。
  • ボーナスステージ(主に「トロッコアドベンチャー」)を制覇すると2017年までは100万円獲得、2018年以降は100万円の代わりに地理講師の村瀬が選んだ全国の高級名産品となりクリアすると獲得できる。
  • チーム名の太字表記は「ハイパートロッコアドベンチャー」制覇チーム。
  • 最初のトロッコを制覇したものの、一部のスペシャルでその後行われる「スペシャル200万円トロッコアドベンチャー」を失敗したチームは記述しない。
  • 「サバイバルトロッコアドベンチャー」をクリアした場合は、クリアした時の参加者のみ記述し◎印を付けている。
  • 2020年4月13日放送分以降は新型コロナウイルスの影響により、密集を避けるために代表者2名が挑戦する形式になっている[13]。該当回の挑戦者は太字で表記。
  • 『ネプアップデートリーグ』でボーナスステージをクリアした場合はチーム戦ではないので参加者として記載する。

ネット局・放送時間

2015年3月まで

  • ネプ小リーグをネットしない局は各局別のミニ枠を放送[20]
放送対象地域 放送局 系列 放送日時(JST ネット状況 備考
関東広域圏 フジテレビ(CX) フジテレビ系列 本編
月曜 19:00 - 19:54
ネプ小リーグ
月曜 19:54 - 20:00[21]
製作局
秋田県 秋田テレビ(AKT) 同時ネット
岩手県 岩手めんこいテレビ(mit)
山形県 さくらんぼテレビ(SAY)
福島県 福島テレビ(FTV)
新潟県 新潟総合テレビ(NST)
静岡県 テレビ静岡(SUT)
岡山県・香川県 岡山放送(OHK)
広島県 テレビ新広島(TSS)
北海道 北海道文化放送(uhb) 月曜 19:00 - 19:54
宮城県 仙台放送(OX)
富山県 富山テレビ(BBT)
石川県 石川テレビ(ITC)
中京広域圏 東海テレビ(THK)
島根県鳥取県 山陰中央テレビ(TSK)
愛媛県 テレビ愛媛(EBC)
高知県 高知さんさんテレビ(KSS)
福岡県 テレビ西日本(TNC)
佐賀県 サガテレビ(STS)
長崎県 テレビ長崎(KTN)
熊本県 テレビ熊本(TKU)
鹿児島県 鹿児島テレビ(KTS)
長野県 長野放送(NBS) 土曜 16:30 - 17:25 遅れネット [22]
福井県 福井テレビ(FTB) 日曜 12:00 - 12:55 [23]
近畿広域圏 関西テレビ(KTV) 日曜 12:00 - 12:59 [24]
沖縄県 沖縄テレビ(OTV) 水曜 0:43 - 1:38(火曜深夜) [25]
大分県 テレビ大分(TOS) 日本テレビ系列
フジテレビ系列
日曜 14:00 - 14:55
宮崎県 テレビ宮崎(UMK) フジテレビ系列
日本テレビ系列
テレビ朝日系列
金曜 19:00 - 19:56
青森県 青森テレビ(ATV) TBS系列 水曜 20:00 - 20:54
山口県 テレビ山口(tys) 水曜 19:00 - 19:56
  • あくまでローカルセールス枠であったため、通常時同時ネット局であっても、自主編成の都合により臨時遅れネットもしくは非ネットとすることがあった。

2018年10月から

放送対象地域 放送局 系列 放送日時(JST) ネット状況 備考
関東広域圏 フジテレビ(CX) フジテレビ系列 月曜 19:00 - 20:00 製作局
北海道 北海道文化放送(uhb) 同時ネット
岩手県 岩手めんこいテレビ(mit)
宮城県 仙台放送(OX)
秋田県 秋田テレビ(AKT)
山形県 さくらんぼテレビ(SAY)
福島県 福島テレビ(FTV)
新潟県 NST新潟総合テレビ[26](NST)
長野県 長野放送(NBS)
静岡県 テレビ静岡(SUT)
富山県 富山テレビ(BBT)
石川県 石川テレビ(ITC)
福井県 福井テレビ(FTB)
中京広域圏 東海テレビ(THK)
近畿広域圏 関西テレビ(KTV)
島根県・鳥取県 山陰中央テレビ(TSK)
岡山県・香川県 岡山放送(OHK)
広島県 テレビ新広島(TSS)
愛媛県 テレビ愛媛(EBC)
高知県 高知さんさんテレビ(KSS)
福岡県 テレビ西日本(TNC)
佐賀県 サガテレビ(STS)
長崎県 テレビ長崎(KTN)
熊本県 テレビ熊本(TKU)
宮崎県 テレビ宮崎(UMK) フジテレビ系列
日本テレビ系列
テレビ朝日系列
鹿児島県 鹿児島テレビ(KTS) フジテレビ系列
沖縄県 沖縄テレビ(OTV)
大分県 テレビ大分(TOS) 日本テレビ系列
フジテレビ系列
土曜午後 時間不定 遅れネット
青森県 青森テレビ(ATV) TBS系列 不定期放送
山口県 テレビ山口(tys) 日曜 13:54 - 14:54 [27]
  • 2018年4月よりスペシャル放送は番組終盤の6分間はローカルセールス枠のため、一部系列局ではフジテレビの放送終了6分前に飛び降りとなるが、通常時同時フルネット局でも臨時に6分前で飛び降りする一方、通常時同時ネット局でも臨時フルネットで放送する場合がある。

放送時間の変遷

期間 放送時間(JST
2003.04.16 2005.03.30 水曜日 23:00 - 23:30(30分)
2005.04.18 2015.03.02 月曜日 19:00 - 19:54(54分)
2015.04.13 2018.10.08 月曜日 19:00 - 19:57(57分)
2018.10.15 現在 月曜日 19:00 - 20:00(60分)

スタッフ(2021年4月5日以降)

  • 構成:とちぼり元、伊東雅司、松井洋介、小笠原英樹、小野寺雅之
  • 美術制作:平井秀樹(フジテレビ)
  • デザイン:吉田強
  • 美術進行:中村秀美
  • 大道具:西村幸也
  • 電飾:林将大
  • 視覚効果:川上勝大
  • アクリル装飾:相原加奈
  • 特殊装置:樋口真樹
  • アートフレーム:十亀明広
  • メイク:山田かつら
  • CG:山口大樹(キャニットG)
  • アートディレクター:鈴木賢太
  • ソフト:spoke、石川富久(スカラベスタジオ→セミラチス)
  • SW:河西純
  • カメラ:池田幸弘
  • 映像:武田和浩
  • 音声:片山勇
  • 照明:本澤啓史
  • TK:山口奈保美
  • 編集:佐藤美奈、神山英彦(佐藤・神山→共に以前はSP時のみ担当)【週替り】、違俊一【毎週】/浜野元久
  • MA:長田浩幸(BANZAI)
  • 音響効果:高田智彰BABY SOUND LUCK
  • LEDビジョン:佐々木亮
  • リサーチ:STEELO
  • 校正:タイトルアート
  • 技術協力:ニユーテレスfmt[28]、インターナショナルクリエイティブ、IMAGICA
  • 制作協力:IVSテレビ制作NEXTEP(クレジット無し)、ワタナベエンターテインメント
  • 広報:原寛之(フジテレビ)
  • デスク:嶋村美帆、吉永由佳【週替り】
  • AP:増谷秀行(SPINGLASS)、渡邊正人(IVSテレビ制作、以前はディレクター)、石川敬大(フジテレビ)、石川好子(IVSテレビ制作)、橋本苑香
  • データ放送:齋藤浩史、八田孝志
  • ディレクター:原武範(PLATFORM)、須原淳一郎(IVSテレビ制作、以前はAD)、大村昂平(フジテレビ)【毎週】、田村貴広、近藤僚祐・中村優介・加藤佐英里・青木香澄・松田敦(IVSテレビ制作)【週替り】
  • プロデューサー:石川陽(NEXTEP)、大和田宇一(ワタナベエンターテインメント)、佐藤基(IVSテレビ制作)
  • 監修:吉田正樹(ワタナベエンターテインメント / 吉田正樹事務所
  • 演出:福浦与一・中村秀樹(IVSテレビ制作)【毎週】、市川貴弘(IVSテレビ制作)、嶋田武史(ウィッシュカンパニー)【週替り1名、その他は毎週ディレクター】
  • チーフプロデューサー:北口富紀子(フジテレビ、2018年4月9日-、以前はプロデューサー)
  • 制作:フジテレビ編成局制作センター第2制作室[29]
  • 制作著作:フジテレビ

過去のスタッフ

  • 制作統括:戸渡和孝(フジテレビ、2020年3月9日-)
  • 構成:原澤貴則、笹川勇、竹内真里、山際良樹
  • 美術制作:井上明裕、平岡慶大
  • 視覚効果:飯塚生臣
  • 服飾:荒木栄二
  • アートフレーム:石井智之
  • アクリル装飾:橋本順
  • メイク:東まり子(ネプチューン担当)
  • スタイリスト:上井大輔(demdem inc.)
  • ソフト:CELSYS
  • イラスト:オフィス・ディー・レンジ、AQUA、ぴーたん
  • カメラ:横山政照
  • 映像:原啓教
  • 編集:伊藤栄梨、酒井康良(2名共SP時のみ担当)、江原英生(江原→以前はSP時のみ担当)
  • 音響効果:山口将史、玉置裕介、佐伯綾乃、大貫孝輔
  • 技術協力:ビデオスクエア、ティ・ピー・ブレーン
  • 広報:かまやつ太郎 → 植村綾 → 鈴木麻衣子 → 清田美智子 → 高橋慶哉 → 高木秀幸 → 木場晴香(フジテレビ)
  • 編成:大辻健一郎 → 成戸真知子 → 情野誠人 → 鈴木修太 → 佐々木渉 → 安喜昌史 → 永竹里早(フジテレビ)
  • デスク:佐熊礼子(IVSテレビ制作)、佐伯愛、亀井幸恵
  • AP:朝倉千代子(フジテレビ)、朝妻一(フジテレビ)、石川直美(IVSテレビ制作)、小森亮(IVSテレビ制作)、岡庭幸代(NEXTEP)、太田茂憲(IVSテレビ制作)、小畑未香(IVSテレビ制作)、佐藤恵里
  • データ放送:腰塚悠
  • ディレクター:島本亮(フジテレビ)、竹内誠(フジテレビ)、岡野彰男(アズバーズ)、立浪仁志(ネクステップ)、蜜谷浩弥(フジテレビ)、大塚真史、斉藤哲夫(IVSテレビ制作)、尾谷亜貴崇(NEXTEP)、津田英明(NEXTEP)、滝島春樹(NEXTEP)、錫木亮(NEXTEP)、樋渡昇一郎(IVSテレビ制作)、西川竜介(IVSテレビ制作)、多田隆人(IVSテレビ制作)、森田美桜(IVSテレビ制作)、武田喜栄(IVSテレビ制作)、新井勝也(IVSテレビ制作)、瀬野瑛(IVSテレビ制作)、市村智哉(アズバーズ)、間太郎、柴田玲奈(IVSテレビ制作)、京田莉沙(IVSテレビ制作)、荻野美樹
  • プロデューサー:古賀憲一(ネクステップ)、長尾忠彦・成瀬広靖(IVSテレビ制作)、江本薫(フジテレビ)
  • 監修→フライングプロデューサー:藤沼聡(フジテレビ、以前は演出などを担当。)
  • 演出/ディレクター:吉田渉(フジテレビ)、伊藤淳一・矢崎ゆうこ(IVSテレビ制作)
  • 演出:金子傑(フジテレビ)
  • チーフプロデューサー:宮道治朗坪井貴史(フジテレビ)
  • チーフプロデューサー → 制作統括:小仲正重(フジテレビ、2018年4月9日-12月17日)

番組関連グッズ

  • ネプリーグ超常識!検定(書籍)
  • ネプリーグDS(ニンテンドーDS
  • 超!!ネプリーグDS(ニンテンドーDS)
    • その他、フジテレビショップにて番組関連グッズが販売されている。

ネプリーグDS

ネプリーグDS
ジャンル 常識問題検定
対応機種 ニンテンドーDS
開発元 スカラベスタジオ
発売元 ジャレコ
人数 1-10人
メディア 512MbitDSカード
発売日 2007年12月6日
対象年齢 CEROA(全年齢対象)
テンプレートを表示

ニンテンドーDS用ソフトで、2007年12月6日ジャレコから発売。同年のお台場冒険王にて発売が発表され、ゲームの体験コーナーが設けられた。

オリジナル要素として、通常のモードでは4種のゲームの種類や順番と難易度・制限時間を選択することが可能。また、ポイントは正解数の他にクリアボーナスなども加算され、難易度や制限時間に応じてゲーム終了時点で最終成績からランク付けがされ、データ選択時の肩書きもそれに応じて変化する。獲得ポイントは累積点としてデータごとに記録される。

通常のモード以外に一つのゲームのみをプレイする「特訓モード」、ゲームごとの課題をクリアする「ミッションモード」、一台のDSを使いまわして行う「協力モード」も収録されている。

番組内のゲーム以外にもオリジナルのゲームが隠し要素として収録されており、ゲーム中にある条件を満たすと新たに追加される(後述)。

回答はマイクによる音声認識機能は使用できず、「ファイブツアーズ」のようにタッチパネル入力(漢字の直接入力はできず、選択肢か平仮名表記(この場合、画面の枠に文字を1文字記入した後、枠外にある文字候補から入力したい文字を選択する。機械的に読み取るので、枠の中心位置からずれていたり、本来の書き順とは異なっていると候補に表示されないことがある)で回答する。)となっており、著作権の関係などから歌の歌詞や映像・出版作品の問題などはほとんど出題されない。また、出題される問題にも違いがある。例として「ファイブリーグ」で「ファイブツアーズ」のレベル1程度の読み方問題が出題されたり、「ファイブツアーズ」で出題される漢字は、番組のように出題数に応じて難易度が上がるわけではなく、出題数に関係なく殆どランダムになっている。

オリジナルゲーム

  • ファイブツアーズSP
  • 四択ブレインタワー
  • ニンジャマスター
  • モールアタッカー
  • トレジャーズコード
  • ラブラブファクトリー

超!!ネプリーグDS

超!!ネプリーグDS
対応機種 ニンテンドーDS
開発元 スカラベスタジオ
発売元 ジャレコ
メディア 512MbitDSカード
発売日 2008年12月4日
対象年齢 CEROA(全年齢対象)
テンプレートを表示

前作から約1年後となる2008年12月4日ジャレコから発売された、ニンテンドーDS用ソフト第2弾。前作のマイナーチェンジ版。

番組同様の手書き入力による文字認識機能での回答が可能となり、一部モードは手書き入力での回答に形式が変更された。また、手書き入力の導入に伴い、漢字を答えさせる「ファイブツアーズバギー」が新たに収録された。オリジナルのゲームも前作から更に追加されている。

オリジナルゲーム

  • ファイブリーグSP
  • ファイブツアーズジェットSP
  • ファイブツアーズバギーSP
  • ファイブボンバーSP
  • ニンジャマスター
  • 四択ブレインタワー
  • 四択ブレインタワーSP
  • メールキング
  • ファイブレポート(企画段階ではプレッシャーレポートショー)

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ 一部放送回は実施していない。
  2. ^ ローカルセールス枠時代では、同時ネット局のみで実施。
  3. ^ 地上デジタル放送の場合。『FNSの日』内スペシャル放送時はステレオ放送を実施。
  4. ^ 「ネプ大リーグ」放送時のみ、タイトルに「大リーグ」が含まれているため「NEP MAJOR LEAGUE」のラテン文字表記になる。
  5. ^ 2018年7月23日、2019年9月2日~10月28日放送分は欠席。
  6. ^ 2021年4月26日放送分を除く。
  7. ^ 村瀬は一時期東進を離籍し、学研グループ特任講師を務めていた。現在は東進に復帰。
  8. ^ 特に金谷俊一郎安河内哲也らの出演頻度が高かった
  9. ^ 基本はネプチューンメンバー1人をリーダーとしたチームに加入。時にはキャプテンとして参加する事もある。2013年当初は「東進ハイスクールチーム」として、他の講師も解答者として参加する事が多かった。2021年は5月10日放送分まで解説のみを担当し、5月24日放送分から解答者に復帰。
  10. ^ 前半部分のみ、後半は伊藤が担当
  11. ^ 2005年の年末スペシャルと、2008年の年始スペシャルは木曜日18:30 - 20:54に放送。
  12. ^ アジア版国際エミー賞と呼ばれる、アジア最大の国際テレビコンクールの事である。
  13. ^ 3名以上が挑戦する場合もある。
  14. ^ 良純はスケジュールの都合上、ファイブボンバーが終わった直後に早退。ネプチューンと山本の4人で挑戦し、クリアした。
  15. ^ ゲストチームの100万円獲得は1年9か月ぶり。
  16. ^ 放送前に発生した熊本地震に対し賞金を全額寄付した。
  17. ^ ネプチューンチームのボーナスステージ制覇は5年10ヵ月ぶり。
  18. ^ ネプチューンの3人が全員所属しているが、通常の「ネプチューンチーム」表記ではなかった。
  19. ^ この回のボーナスステージは「フライングアドベンチャー」だった。通常回におけるネプチューンチームのボーナスステージ制覇は9年2ヶ月ぶり。
  20. ^ ただし、ネプリーグが拡大放送もしくは別番組の放送の場合はネプ小リーグは休止となる。
  21. ^ ネプリーグ』と『ネプ小リーグ』はフジテレビにおける編成上も、関東地区におけるビデオリサーチの視聴率公表上も、いずれも本編とは別番組扱い。
  22. ^ 本来の時間帯の19:00 - 19:54には自社制作番組『NBS月曜スペシャル』を放送していた。
  23. ^ 本来の時間帯の19:30 - 20:00に自社制作番組『ふくい浪漫 い〜ざぁええDay』を放送していた。
  24. ^ 本来の時間帯の19:00 - 19:55に自社制作番組『ちゃちゃ入れマンデー』を放送していた。
  25. ^ 本来の時間帯の19:00 - 19:30に自社制作番組『ウチナーアットホームTVゆがふぅふぅ』を放送していた。
  26. ^ 2019年9月までは新潟総合テレビ。
  27. ^ 2016年末までは水曜19:56 - 20:54(『水トク!』の空き時間となった場合のみ、不定期に水曜19:00から2時間SP放送分を放送していた)、2017年8月までは水曜14:52 - 15:50。
  28. ^ 2013年6月まではFLTと表記
  29. ^ 以前は編成制作局バラエティ制作センター→制作局第2制作センター。

出典

フジテレビ系列 バラパラ水曜
前番組 番組名 次番組
ネプリーグ
(2003年4月 - 2005年3月)
【ここまでフジテレビ制作】
空飛ぶグータン〜自分探しバラエティ〜
(土曜23時台前半枠から移動)
【この番組から関西テレビ制作】
フジテレビ 月曜19:00 - 19:54枠
ほんとにあった怖い話
(第2シリーズ)
ネプリーグ
(2005年4月 -)
-
フジテレビ 月曜19:54 - 19:57枠
いただき+
※19:54 - 20:00
【土曜17:25 - 17:30枠に移動して継続】
ネプ小リーグ
(2009年4月 - 2015年3月)

ネプリーグ
(2015年4月 -)
-
フジテレビ 月曜19:57 - 20:00枠
いただき+
※19:54 - 20:00
【土曜17:25 - 17:30枠に移動して継続】
ネプ小リーグ
(2009年4月 - 2015年3月)
痛快TV スカッとジャパン
※19:57 - 20:54
【3分拡大して継続】
痛快TV スカッとジャパン
※19:57 - 21:00
【3分繰り下げ・短縮して継続】
ネプリーグ
(2018年10月 - )
-