ネメシュ・ラースロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Flag of Hungary.svg この項目では、ハンガリー語圏の慣習に従い、名前を姓名順で表記していますが、印欧語族風にラースロー・ネメスと表記することもあります。
ネメシュ・ラースロー
Nemes László
Nemes László
2015年
本名 Nemes Jeles László
生年月日 (1977-02-18) 1977年2月18日(41歳)
出生地  ハンガリー ブダペスト
職業 映画監督・脚本家
活動期間 2004年 - 活動中

ネメシュ・ラースローNemes László, 1977年2月18日 - )は、ハンガリーの映画監督、脚本家である。2015年に長編監督デビュー作『サウルの息子』が第68回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門で上映され[1]グランプリを獲得した[2]。『サウルの息子』により彼はハンガリー人監督として初めてゴールデングローブ賞外国語映画賞を獲得し[3]、さらにハンガリー映画としては史上2作目となるアカデミー外国語映画賞受賞も果たした[4]。2016年の第69回カンヌ国際映画祭ではコンペティション部門の審査員の1人を務めた[5]

生い立ち[編集]

ブダペストユダヤ人の母親[6]とハンガリー人の映画・舞台監督の父親のもとに生まれる。12歳の頃にパリに移り、映画制作に興味を持った彼は自宅地下でホラー映画を撮影した[7]。歴史、国際関係、脚本術を学んだ後、彼はフランスとハンガリーの映画界でアシスタントディレクターとして働き始める。2年のあいだ彼は『倫敦から来た男』を撮影中のタル・ベーラのアシスタントを務めた[8][9]

キャリア[編集]

2006年に初監督作となる35mmの短編映画『With a Little Patience』を撮った後、ニューヨーク大学で映画演出を学ぶ[10]

2015年5月、長編映画監督デビュー作となる『サウルの息子』が第68回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門でプレミア上映される。彼は映画祭で2位となるグランプリを獲得した。さらに『サウルの息子』はハンガリー映画としては史上初めてとなるゴールデングローブ賞外国語映画賞受賞を果たした[11][12]

影響[編集]

好きな映画監督としてミケランジェロ・アントニオーニアンドレイ・タルコフスキーイングマール・ベルイマンテレンス・マリックスタンリー・キューブリックを挙げている[13]

フィルモグラフィ[編集]

長編映画[編集]

短編映画[編集]

  • Türelem (2007) 監督・脚本
  • The Counterpart (2008) 監督・脚本
  • The Gentleman Takes His Leave (2010) 監督・脚本・製作

参考文献[編集]

  1. ^ 2015 Official Selection”. Cannes. 2015年4月16日閲覧。
  2. ^ Henry Barnes (2015年5月24日). “Cannes 2015: Jacques Audiard's Dheepan wins the Palme d'Or”. The Guardian. 2015年5月24日閲覧。
  3. ^ Nick Holdsworth (2016年1月11日). “Golden Globes: Hungary Celebrates First-Ever Win for 'Son of Saul'”. The Hollywood Reporter. 2016年1月16日閲覧。
  4. ^ Son of Saul: Foreign Language Film - Nominees”. Oscars (2016年1月14日). 2016年2月29日閲覧。
  5. ^ Rhonda Richford (2016年4月25日). “Cannes Film Festival Unveils Full Jury”. The Hollywood Reporter. 2016年4月25日閲覧。
  6. ^ Times of Israel: "The tribe at the Oscars, 2016" by Nate Bloom February 25, 2016
  7. ^ Origo. “Ott egy magyar a világ legjobbjai között”. Origo.hu/. 2016年1月11日閲覧。
  8. ^ 'Son of Saul' Director László Nemes on Capturing a Portrait of Hell and the Spiritual Experience of Cannes”. The Film Stage. 2016年1月16日閲覧。
  9. ^ Origo. “Ott egy magyar a világ legjobbjai között”. Origo.hu/. 2016年1月11日閲覧。
  10. ^ Festival de Cannes - From 13th to 24th May 2015”. Festival-cannes.com. 2016年1月11日閲覧。
  11. ^ Nancy Tartaglione. “‘Son Of Saul’: From Cannes Grand Jury Prize To Golden Globe”. Deadline. 2016年1月11日閲覧。
  12. ^ Son of Saul wins Golden Globe for Best Foreign Language film, timesofisrael.com; accessed 22 January 2016.
  13. ^ Origo. “Ott egy magyar a világ legjobbjai között”. Origo.hu. 2016年1月11日閲覧。