ネルソン・ペレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ネルソン・ペレス
Nelson Perez
信濃グランセローズ #80
2015T95.jpg
阪神時代
(2015年7月10日、阪神鳴尾浜球場にて)
基本情報
国籍 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
出身地 ドゥアルテ州サン・フランシスコ・デ・マコリス
生年月日 (1987-11-16) 1987年11月16日(31歳)
身長
体重
191 cm
113 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 右翼手
プロ入り 2007年
初出場 NPB / 2015年9月28日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ネルソン・アントニオ・ペレスNelson Antonio Perez, 1987年11月16日 - )は、ドミニカ共和国ドゥアルテ州サン・フランシスコ・デ・マコリス出身のプロ野球選手外野手)。右投左打。

経歴[編集]

来日前[編集]

2007年シカゴ・カブスと契約した後に、ルーキーリーグのアリゾナリーグ・カブスでプレー[1]

2011年にはAA級のテネシー・スモーキーズまで昇格し、88試合に出場して8本塁打・32打点の成績を残した[1]。また、投手としても1試合にリリーフで登板したが、1/3回を1失点で敗戦投手になった[2]

2013年2014年にはメキシカンリーグでプレー[1]。2年通算で18本塁打を放った[3]

独立リーグ・石川時代[編集]

2015年3月11日に、ベースボール・チャレンジ・リーグ石川ミリオンスターズに入団[4]。リーグ戦の開幕から、30試合の出場で打率.324、 24打点、7本塁打を記録した。5月には、打率.371、3本塁打、14打点という活躍で、野手部門の月間MVPを受賞している[5]

在籍期間中には、マット・マートンマウロ・ゴメスの両外国人野手が打撃不振に見舞われていた[2]阪神から、当時のゼネラルマネジャー (GM) 中村勝広などがペレスの視察に訪れていた[6]。ペレス自身も、NPBの球団へ移籍することを目標に挙げていた[5]

阪神時代[編集]

2015年6月17日に阪神と契約した。背番号は「95」[7][8]

2015年には、入団後の約3ヶ月間に、ウエスタン・リーグ公式戦でチーム最多の14本塁打を記録した。ペレスの獲得直後にゴメスとマートンが揃って復調したことや、両野手に加えて主力投手のランディ・メッセンジャー呉昇桓が一軍でプレーを続けていたことから、外国人選手の出場選手登録に関するNPBの規定(同時に4選手まで登録可能)との兼ね合いで9月中旬までは二軍でプレー。打線全体の不振で一軍がセントラル・リーグの優勝争いから後退[9]したことや、呉が右足内転筋の張りを訴えて9月27日に登録を抹消されたことを受けて、翌28日に一軍昇格し、同日の対読売ジャイアンツ(巨人)戦(阪神甲子園球場)で6番・右翼手として一軍デビューした。なお、阪神はこの試合で、ペレス・ゴメス・マートンをスタメンに起用。NPBで同一球団の外国人野手3名による公式戦への同時出場が可能になった2002年以降、阪神では初めての事例であった[10]。ペレス自身は、この試合を含めて、一軍公式戦3試合に出場。いずれもスタメンに起用されたが、通算10打席で9打数無安打[11]で、レギュラーシーズン最終戦前日の10月3日に登録を抹消された[12]。一軍がシーズン3位で迎えたポストシーズンでは、巨人とのクライマックスシリーズ ファーストステージに出場しない一方で、翌2016年の残留を目標に若手選手主体のフェニックスリーグへ参加[13]。12月5日には、1年契約で残留することが球団から発表された[14]

2016年には、自身を含めて6人の外国人選手が在籍するチーム状況の下で、春季キャンプの序盤(2月2日)から一軍に合流[15]。ウエスタン・リーグ公式戦では、69試合の出場で、打率.313、10本塁打、36打点という好成績を残した。それでも、一軍公式戦への出場機会がないまま、シーズン終盤の9月29日にドミニカへ帰国[16]。シーズン終了後の11月15日には、翌2017年の契約を結ばないことが球団から発表された[17]。12月2日、自由契約公示された[18]

独立リーグ・愛媛時代[編集]

阪神退団後の2017年は、北米の独立リーグに所属した[19]

2018年2月2日、四国アイランドリーグplus愛媛マンダリンパイレーツに入団することが発表された[20]。2018年シーズンは10本塁打・44打点の成績で、最多本塁打・最多打点の2冠を獲得した[21]2019年1月28日、前年シーズンで愛媛を退団(自由契約)したことが発表された[22]

独立リーグ・信濃時代[編集]

2019年3月18日、信濃グランセローズと契約し、4年ぶりにベースボール・チャレンジ・リーグへ復帰した[23]

選手としての特徴[編集]

阪神入団当時のGMだった中村からは、「走攻守の三拍子揃った選手」との評価を受けていた[24]。守備では主に右翼手中堅手を務めるが、一塁手としても出場したことがある[24]。ムードメーカーでもあり、石川に所属していた時は最下位に沈んでいたチームの雰囲気を明るくしようとするなど[3]チームによく溶け込み、阪神への移籍が決まりチームメイトへ最後の挨拶をした時には涙を流した。

人物[編集]

デビッド・オルティーズと自主トレを共に行う仲である。

ドミニカ共和国の先輩であるマウロ・ゴメスを目標にしている。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2015 阪神 3 10 9 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 3 0 .000 .100 .000 .100
通算:1年 3 10 9 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 3 0 .000 .100 .000 .100
  • 2018年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



外野












2015 阪神 3 1 0 0 0 1.000
通算 3 1 0 0 0 1.000
  • 2018年度シーズン終了時

記録[編集]

NPB

独立リーグでの打撃成績[編集]











































O
P
S
2015 石川 30 111 24 36 8 2 7 24 25 18 0 0 0 1 5 1 .324 .419 .775 1.193
2018 愛媛 64 221 25 73 14 0 10 44 46 40 2 0 2 0 1 4 .330 .433 .529 .962
BCL:1年 30 111 24 36 8 2 7 24 25 18 0 0 0 1 5 1 .324 .419 .775 1.193
IL:1年 64 221 25 73 14 0 10 44 46 40 2 0 2 0 1 4 .330 .433 .529 .962
  • 2018年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 24 (2015年 - 同年途中)
  • 95 (2015年途中 - 2016年)
  • 99 (2018年)
  • 80 (2019年 - )

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c Baseball Reference (Minor)
  2. ^ a b 阪神、左の大砲ペレス獲得 中村GM期待「三拍子そろった選手」 スポーツニッポン、2015年6月18日。
  3. ^ a b 阪神新入団ペレスは走攻守プラス陽気な救世主だ 日刊スポーツ、2015年6月20日。
  4. ^ 新入団選手のお知らせ”. 石川ミリオンスターズ (2015年3月11日). 2015年6月15日閲覧。
  5. ^ a b ペレスが野手の月間MVP BCリーグ・石川ミリオンスターズ”. 北國新聞 (2015年6月11日). 2015年10月15日閲覧。
  6. ^ 【阪神】緊急補強!BCリーグ・石川のペレス獲得へ マートン代役期待”. 北國新聞 (2015年6月14日). 2015年10月15日閲覧。
  7. ^ ネルソン・ペレス選手 契約合意のお知らせ”. 石川ミリオンスターズ (2015年6月17日). 2015年6月17日閲覧。
  8. ^ 外国人選手との契約合意について”. 阪神タイガース (2015年6月17日). 2015年6月17日閲覧。
  9. ^ 阪神ペレス明日にも昇格 3位死守へ最後の起爆剤”. 日刊スポーツ (2015年9月27日). 2015年9月30日閲覧。
  10. ^ 阪神ペレス、大砲の片りん 強烈ライナーでデビュー”. 日刊スポーツ (2015年9月29日). 2015年9月30日閲覧。
  11. ^ 阪神・ペレス、来季残留へ全力「一生懸命がんばりたい」”. サンケイスポーツ (2015年10月6日). 2015年10月7日閲覧。
  12. ^ 阪神がペレスを抹消”. 日刊スポーツ (2015年10月3日). 2015年10月7日閲覧。
  13. ^ 阪神・ペレス、来季残留へ全力「一生懸命がんばりたい」”. 日刊スポーツ (2015年10月6日). 2015年10月15日閲覧。
  14. ^ 阪神ペレス契約更新「一軍で活躍できるよう頑張る」”. 日刊スポーツ (2015-12-な05). 2015年12月5日閲覧。
  15. ^ 阪神・ペレスが宜野座キャンプ合流”. デイリースポーツ (2016年2月2日). 2016年2月4日閲覧。
  16. ^ 阪神ペレスが帰国 このまま退団となる見込み”. 日刊スポーツ (2016年9月30日). 2016年10月2日閲覧。
  17. ^ “外国人選手との来季の契約について”. 阪神タイガース. (2016年11月15日). http://hanshintigers.jp/news/topics/info_4647.html 2016年11月15日閲覧。 
  18. ^ 自由契約選手|2016年度公示”. NPB.jp 日本野球機構 (2016年12月2日). 2016年12月3日閲覧。
  19. ^ 阿佐智 (2018年1月23日). “覚えてまっか? あの元タイガース助っ人たちを辺境のプロ野球で発見”. Sportiva. https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/baseball/mlb/2018/01/23/____split/index_3.php 2018年2月2日閲覧。 
  20. ^ 愛媛MP新入団選手のお知らせ - 四国アイランドリーグplusニュースリリース(2018年2月2日)
  21. ^ 四国アイランドリーグplus2018個人タイトル確定 - 四国アイランドリーグplusニュースリリース(2018年9月19日)
  22. ^ 愛媛MP 退団選手のお知らせ - 四国アイランドリーグplusニュースリリース(2019年1月28日)
  23. ^ 選手契約のお知らせ - ベースボール・チャレンジ・リーグ(信濃グランセローズ、2019年3月18日)
  24. ^ a b ペレス一塁もできる!ゴメスも標的 デイリースポーツ、2015年6月20日。

関連項目[編集]