ノア・ホーリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ノア・ホーリー
Noah Hawley (15042030244).jpg
誕生 1967年
ニューヨーク市, ニューヨーク州, アメリカ合衆国[1]
職業 作家、脚本家、プロデューサー、作曲家
国籍 アメリカ合衆国
最終学歴 サラ・ローレンス大学
代表作
配偶者 カイル・ホーリー
子供 2
親族
  • Louise Armstrong (母)
  • Tom Hawley (父)
  • Alexi Hawley (兄弟)
公式サイト noahhawley.com
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ノア・ホーリー(Noah Hawley)はアメリカ合衆国の映画プロデューサー、テレビ番組プロデューサー、脚本家、作曲家、作家、映画監督である。『ファーゴ』と『レギオン』によって知られる。『BONES』のプロデューサーおよび脚本家を務め、テレビドラマシリーズ『The Unusuals』 (2009) と『My Generation』 (2010)のクリエーターも務めた[2]

キャリア[編集]

[編集]

これまで5作の小説を執筆している: 『大いなる陰謀』(1998)、 『Other People's Weddings』(2004)、『The Punch』(2008)、『The Good Father』(2012)、『晩夏の墜落』(2016)[3]

テレビ[編集]

ホーリーは1996年の映画『ファーゴ』に基づいたFXの2014年放送開始のテレビドラマ・アンソロジーシリーズ『ファーゴ』のクリエーターおよびショーランナーとなった。『ファーゴ』はプライムタイム・エミー賞のミニシリーズ作品賞など、多くの賞を獲得した。以来、『ファーゴ』はシーズン3までの製作が行われている。

2015年12月、ホーリーはFXとテレビドラマシリーズ『レギオン』の契約を結んだ[4]。ホーリーは同作品で製作総指揮と一部エピソードの脚本および監督を務める[5]。レギオンは2019年に最終シーズン3が放送されている。

さらにホーリーは、FXのカート・ヴォネガットの小説『猫のゆりかご』に基づくリミテッドシリーズの製作および脚本を担当する[6]。さらにテレビドラマ『Hellhound On His Trail』と『 The Hot Rock』の製作総指揮を務める[4]

映画

2006年には、映画『The Alibi 』の脚本を担当した[7]

2019年には、映画『Lucy in the Sky』の監督となり、脚本を合同で担当した。

参照[編集]

  1. ^ Stanford, Peter (2012年3月28日). “Noah Hawley: 'It’s the parents who create killers’”. The Telegraph. 2014年12月10日閲覧。
  2. ^ "Development Update:Wednesday, January 20", The Futon Critic, accessed June 21, 2011.
  3. ^ "Noah Hawley"
  4. ^ a b Wagmeister, Elizabeth. “FX Inks New Deal with ‘Fargo’ Creator Noah Hawley, Sets New Development Projects” (英語). Variety. 2016年4月20日閲覧。
  5. ^ 'Fargo' creator developing 'Legion' series with Marvel and FX”. Entertainment Weekly's EW.com. 2016年4月20日閲覧。
  6. ^ Andreeva, Nellie. “‘Cat’s Cradle’ Limited Series Adaptation In Works At FX With Noah Hawley & IM Global” (英語). Deadline. 2016年4月20日閲覧。
  7. ^ Elks, Jennifer "Lies and Alibis", Coming Soon, accessed June 21, 2011.