ノサ・セニョーラ・ダ・グラサ号事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

ノサ・セニョーラ・ダ・グラサ号事件(ノサ・セニョーラ・ダ・グラサごうじけん)は、江戸時代初期の1608年から1610年に起きた、ポルトガル貿易船の爆沈事件。マードレ・デ・デウス号 (Madre de Deus) 事件とも呼ばれるが、ポルトガルの原史料における船名は「ノサ・セニョーラ・ダ・グラサ号 (Nossa Senhora da Graça)」である。

事件の発端と戦闘までの経緯[編集]

事件の発端は、慶長13年(1608年)11月に肥前日野江藩主の有馬晴信占城(チャンパ)に派遣した朱印船マカオに寄港滞留中に、船員が取引をめぐって騒擾事件を起こし、それを当時マカオのカピタン・モール(Capitão Mor、総司令官)であったアンドレ・ペソア(Andre Pessoa)が鎮圧し、このために日本人側に多数の死者が出たことであった。

翌14年(1609年)5月に日本航海司令官としてペソアが長崎に来着した。ペソアは長崎奉行長谷川左兵衛藤広に対し、前年の事件に関する調書を提出し自身が駿府に赴いて徳川家康に陳弁する申し出をした。藤広はこの件がポルトガル船貿易の途絶につながることを危惧し、マカオでの事件の真相は伏せてペソアの書記のマテオ・レイタン(Mateo Leitão)を代理人として駿府に遣わせるよう説得した。しかし、使者の出発後に家康による商品の先買権行使に不満を抱いたポルトガル商人たちが取引関係の改善と長崎奉行の非を訴えるためペソアが直接駿府に赴くことを決議。これはイエズス会士の勧告により実現しなかったが、このことで藤広とペソアの関係は悪化した。また、藤広は従来の慣行を破って取引方法を変更したり、持ち込んだ品を一方的に購入したりしたため、貿易を阻害されたポルトガル商人の反感を買っていた。そのため、ペソアは使者に自由貿易の保証を得ることも命じていたが失敗。オランダ人の日本貿易参加阻止もかなわず、日本船のマカオ寄港を禁じる同年7月25日付の朱印状を家康から下付されたにとどまった。

藤広は、前年の事件に対する報復を考えていた晴信を教唆し、ペソア捕縛と商船捕獲とを家康に請願させた。晴信に伽羅木購入を委託していた家康は、当初は報復行為によってポルトガル貿易が断絶することを懸念していたが、マニラ船のスペイン商人がポルトガル船積載生糸などを補完することを保証し、またオランダ船の継続的な来航も期待できるようになったため、晴信に許可を出した。

駿府から召喚の命が伝えられたが、生命の危険を感じたペソアは要請を拒否して船にこもり、積荷を載せたまま出港の準備を始めた。

デウス号焼討ち[編集]

長崎に到着した晴信は、慶長14年12月12日(1610年1月6日)に、藤広の支援を得て、兵船30艘と1200人の兵を動員し、デウス号を攻撃。4日4晩の戦闘の後、船は炎上。ペソアは火薬庫に火を放って商船を爆破させ、自殺した。

この戦闘の際、藤広の弟・長谷川忠兵衛(はせがわちゅうべえ)は、小船2艘を並べ井楼を組んで1艘の船とし、デウス号に漕ぎ寄せて乗り移り、船主按針を討ち取ったという[1]

事件後[編集]

この事件により、ポルトガル船の長崎来航が2年間中断した。ポルトガルの貿易船は慶長12年(1607年)と13年にも欠航していたため、ポルトガルの生糸は、慶長17年(1612年)までの5年間日本へ輸入されることはなかった。

またそれまで家康の信任が厚かった通詞ジョアン・ロドリゲス神父が、藤広と長崎代官村山等安の中傷によって、慶長15年(1610年)にマカオに追放された。このことで幕府はポルトガル商人の長崎貿易における仲介者を失ったが、マカオ市は貿易再開のため、慶長16年(1611年)にポルトガルの艦隊司令官のドン・ヌーノ・ソート・マヨール(Dom Nuno Souto-Maior)をゴアのポルトガル副王の使節として派遣した。使節は6月19日に薩摩に上陸し、島津氏の援助により駿府に到着。7月1日、徳川家康に謁見し、江戸徳川秀忠にも謁した。ゴアの副王とマカオ市参事会の書簡を差し出し、マカオでの騒擾事件に対するポルトガル側の措置について弁解し、同時にデウス号爆沈に対する損害賠償と長崎奉行・長谷川藤広の罷免を要求した。日本側は、事件の責任は全てペソアにあったとして取り合わなかったが、ポルトガルの貿易再開は許可し、「売買法度以下、如前規可無相違者也」という朱印状を与えた[2]

家康は追放されたロドリゲス神父に代わって、イギリス人のウィリアム・アダムスを重用した。ロドリゲスを失ったことにより、イエズス会キリシタン教界は、幕府に対する有力な窓口を失ったのである。

晴信は、デウス号撃沈の功績による旧領回復を試みたが、なかなか実現できず、周旋を請け負った岡本大八に多額の金品を贈った。これが「岡本大八事件」の発端となった。また、伽羅木の購入は元々藤広が家康に命じられていたことであったが、それを果たせなかったため、家康は晴信に委託したのであった。晴信はその才覚をもってうまく入手し献上したことで家康の覚えが良くなった[3]が、そのために藤広との関係は悪化した。さらに藤広は、生糸の将軍先買権を強めるためにキリスト教ドミニコ会派に接近した。生糸貿易で中心的役割を果たしていたのはイエズス会派であり、イエズス会との繋がりが強く、生糸などの取引で利益を得ていた晴信にとって藤広の動きは脅威となっていた。これらのことから両者は「不倶戴天の敵」[4]となり、それが岡本大八事件で発覚した晴信による長谷川藤広暗殺計画の原因ともなっていった。

脚注[編集]

  1. ^ 『国史大辞典』11巻、553ページ。
  2. ^ 異国日記』より。
  3. ^ 『有馬晴信記』より。
  4. ^ レオン・パジェス著『日本切支丹宗門史』より。

参考文献[編集]

  • 『日本キリスト教史』 五野井隆史吉川弘文館 ISBN 4-642-07287-X
  • 『長崎奉行 江戸幕府の耳と目』 外山幹夫中央公論社 1988.12 ISBN 4-12-100905-3
  • 『街道の日本史50 佐賀・島原と長崎街道』 長野暹編 吉川弘文館 ISBN 4-642-06250-5
  • 『長崎県の歴史』 山川出版社 ISBN 978-4-634-32420-6
  • 国史大辞典』8巻 吉川弘文館 ISBN ISBN 4-642-00508-0
  • 『国史大辞典』11巻 吉川弘文館 ISBN ISBN 4-642-00511-0