ノシル・ゴワディア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ノシル・ゴワディア(Noshir Gowadia, 1944年 - )は、インド系アメリカ人の設計エンジニア。ノースロップ社B-2ステルス戦略爆撃機(通称:スピリット)の設計を担当したメンバーの1人。2005年スパイ容疑で逮捕され、中国に軍事機密を売った罪で2011年1月に32年の懲役刑が下されて、現在も連邦刑務所に収監中。

概要[編集]

B-2 スピリット

インドに生まれ、後にアメリカに移住しアメリカの市民となった。1968年ノースロップ社(当時)での仕事に携わり、1986年まで勤めていた[1]。1999年、自らのコンサルティング会社であるN.S. Gowadia社を設立した。

2005年10月、当局から2度にわたり事情聴取を受け、彼のハワイにある数百万ドルの財産についても調査が入った[2]。そして同月承認されていない第三者に対して、B-2ステルス戦略爆撃機に関する情報をはじめとする国防に関わる情報を漏洩した疑いで逮捕される。供述書によると、彼は機密性書類を流出させたことを認めた。

2006年11月、ハワイの大陪審中華人民共和国に対する設計をはじめとした防衛に関連する協力行為で、ゴワディアを起訴した。訴状にはゴワディアが中国に入国し、ステルス性排気ノズル(stealthy exhaust nozzle)の開発に力を貸していたことも記述された[3]。また巡航ミサイルが赤外線探知を回避するための設計資料を、中国側に売り渡したとも報道された[1]

2005年の逮捕以来保釈されておらず収監が続いていたが、2011年1月24日アメリカ合衆国連邦裁判所において32年の懲役の判決が下された[4]

脚注[編集]

  1. ^ a b 米ステルス戦闘機 機密漏えいで判決 新唐人 2011年1月24日
  2. ^ Tax Map Key 2-8-011-010-0000 Maui County Real Property Tax Divisio(英語)
  3. ^ HAWAII MAN INDICTED FOR SELLING NATIONAL DEFENSE SECRETS TO THE PEOPLE'S REPUBLIC OF CHINA Edward H. Kubo, United States Attorney for the District of Hawaii. United States Department of Justice. 2006年11月9日(英語)
  4. ^ Indian-American gets 32 yrs for selling secrets The Times of India 2011年1月26日(英語)

関連項目[編集]