相模原ライズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ノジマ相模原ライズ
基本情報
愛称 ライズ
メインスポンサー 特定非営利活動法人 相模原ライズ・アスリート・クラブ
ノジマ
創設年 2009年
所属リーグ
リーグ Xリーグ・X1 SUPER
本拠地
本拠地 神奈川県相模原市
組織
GM 石井光暢
ヘッドコーチ 須永恭通
成績
2018シーズン SUPER9 4位
セントラル 優勝
地区優勝 2回 (2017年・2018年)
獲得タイトル
※獲得タイトルなし
外部リンク
公式サイト0/0公式Twitter

相模原ライズ(さがみはら ライズ、: Sagamihara Rise)は、神奈川県相模原市に本拠地を置くアメリカンフットボール社会人クラブチーム[1]Xリーグの1部に所属。愛称のライズは「陽はまた昇る」の意味より[1]エコグリーン代表取締役社長を務める石井光暢が代表を務めている[1]

2011年4月より家電販売業のノジマとスポンサー契約を結び、『ノジマ相模原ライズ』として活動している。契約期間は当初は3年間[2]で、その後延長されている。

ラグビー日本代表山田章仁が一時期在籍していたチームとしても知られている(ジャパンラグビートップリーグパナソニックワイルドナイツと並行して所属していた)。

歴史[編集]

世界同時不況のため2008年で廃部となったオンワードオークス(2001年から2007年まではオンワードスカイラークス)に所属していた選手70名のうち58名が残留し[3][4]2009年1月クラブチームを新たに結成[1][5]。同3月14日、相模原市を本拠として活動することを決め、「日はまた昇る」をスローガンに新規クラブチーム「相模原ライズ」としてスタートすると発表した。

2009年はXリーグ3部(X3)に加入[5]。特定の一企業に依存するのではなく、地元の市民が運営の中心になり、市民参加型クラブチームとしての活動を目指す。 2009年、2007年日本一となったメンバーがほとんど残ったチームはTOKYO BAYSIDE BOWL 2009で全試合完封で優勝、X3シリーズも全試合完封でX3優勝[5]、平均得点は90点を超えるなど実力の差を見せつけた。 X3優勝によりX2が11チームとなっていたこともあり、X2自動昇格となった。

2010年はXリーグ2部に所属する。5月29日には相模原市の政令指定都市移行記念試合を警視庁イーグルス(2010年Xリーグ2部所属)と行い45-0で勝利した[6]

8月3日、相模原市中央区淵野辺にキャンパスを構える青山学院大学とスポーツ協定を締結し、ライズによるグラウンドの使用、ライズからコーチなどの派遣を行い、同学アメリカンフットボール部の強化を図るとともに新たな練習拠点を確保した[7][5][4]

2010年12月、X2にて優勝し、さらにX-1・2入替戦にてXリーグ最下位のハリケーンズに57-0で勝利し、2011年はXリーグに昇格することとなった。

2011年、X1リーグの中地区に所属したチームは開幕戦でオービックシーガルズに敗れたもののアサヒビールシルバースターを破るなど、4勝1敗で中地区2位となり、セカンドステージに進んだ[8]

2013年、「ノジマフットボールパーク」が完成し、女子サッカークラブ・ノジマステラ神奈川相模原との共用で練習場として使用している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 相模原にアメフトのクラブチーム誕生! 石井光暢選手インタビュー(1)”. 横浜ウォーカー (2009年4月15日). 2010年9月25日閲覧。
  2. ^ 相模原ライズが「ノジマ相模原ライズ」に - 日刊スポーツ、2011.4.20
  3. ^ 相模原にアメフトのクラブチーム誕生! 石井光暢選手インタビュー(3)”. 横浜ウォーカー (2009年4月15日). 2010年9月25日閲覧。
  4. ^ a b 徹底した地域貢献を=相模原ライズが地道に活動”. 時事通信 (2010年9月24日). 2010年9月25日閲覧。
  5. ^ a b c d 相模原ライズが青学大と「連携」”. 毎日新聞 (2010年9月15日). 2013年5月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年9月25日閲覧。
  6. ^ アメフト「相模原ライズ」、政令市移行記念試合で勝利”. 町田経済新聞 (2010年6月1日). 2010年9月25日閲覧。
  7. ^ アメフト「相模原ライズ」、青学大と提携-チーム強化とスポーツ振興目指す”. 町田経済新聞 (2010年8月4日). 2010年9月25日閲覧。
  8. ^ アメフト「ノジマ相模原ライズ」、中地区準優勝-「日本一」目指しセカンドステージへ”. 町田経済新聞 (2011年10月26日). 2011年11月16日閲覧。