ノタルクタス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ノタルクタス
Notharctus tenebrosus AMNH.jpg
Notharctus tenebrosus
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: サル目 Primates
: Notharctidae
亜科 : Notharctinae
: ノタルクタスNotharctus Leidy1870

Notharctus pugnax
Notharctus robustior
Notharctus tenebrosus
Notharctus tyrannus
Notharctus venticolus

ノタルクタス(Notharctus)は5千万年前にヨーロッパから北アメリカに分布していたサル目(霊長類)の一種。今日のサル目の中ではキツネザル科に近い。ノタルクタスの体格もキツネザルに似ている。ただしキツネザルよりも顔が小さく、目が顔の前方に近かった。指は親指も含めて細長く、枝を掴むのに適している。背骨が柔軟で、体長は尾を除いて約40センチメートルである[1]。果物や昆虫を食していたと考えられる。

ノタルクタスが属する下目Adapiformesは絶滅した。Adapiformesに属する最後の属Sivaladapis中新世に絶滅した。

ノタルクタスは現在5種が知られている。この他、この属と考えられる7種が化石として見つかっている。

参考文献[編集]

  1. ^ Palmer, D., ed (1999). The Marshall Illustrated Encyclopedia of Dinosaurs and Prehistoric Animals. London: Marshall Editions. p. 287. ISBN 1-84028-152-9.