ノックスクート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ノックスクート
NokScoot
IATA
XW
ICAO
NCT
コールサイン
BIG BIRD
設立 2013年10月
運航開始 2015年5月
ハブ空港 ドンムアン空港
保有機材数 4機 (2018年4月現在)
就航地 7都市 (2016年10月現在)
親会社 ノックエア (49%)
スクート (49%)
フエアンナミトルカンパニー (2%)
本拠地 タイ王国の旗 タイ バンコク
代表者 Piya Yodmani
外部リンク http://www.nokscoot.com/
テンプレートを表示

ノックスクート (NokScoot) は、タイ王国バンコクにあるドンムアン空港拠点に運航するタイの格安航空会社である。

概要[編集]

タイの格安航空会社「ノックエア」 (49%) とシンガポールの格安航空会社「スクート」 (49%) 、フエアンナミトルカンパニー (2%) の共同出資により、長距離国際線を運航する格安航空会社として設立された[1][2]

正確には新規設立ではなく、タイの航空会社「ピートエア (Pete Air)」をノックエアとスクートが買収し名称変更するという方法が採られた。これは就航準備期間をより短くするためである[3][4]

2017年10月、国際民間航空機関(ICAO)がタイ民間航空局に対する「安全上の懸念」が解除されることに伴い、ネットワーク拡大計画を発表した。今後、半年をめどに新機材を導入し、バンコク/ドンムアン空港から日本、中国、インド、韓国へ新路線を開設する計画である[5]

2018年4月20日、日本の国土交通省より外国人国際航空運送事業の経営許可を受け[6]、6月1日よりドンムアン空港 - 成田国際空港間に就航[7]

沿革[編集]

保有機材[編集]

ノックスクートのボーイング777-200ER型機

2019年7月現在[9][10]

将来的にナローボディ(単通路)機を自社購入かリースで導入し、中規模都市への就航も検討している。[要出典]

就航路線[編集]

2019年9月現在[11]

サービス内容[編集]

スクートと同様に、座席指定、機内預け手荷物、機内食、各種付加サービスは有料となっている。

ScootBiz という、ビジネスクラス相当のサービスがある[12]

Optiontown と提携しており、各種サービスが割引で利用できる機会がある[13]

脚注[編集]

関連項目[編集]