ノム・クリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

ノム・クリモンゴル語: Nom Quli,? - 1391年)は、チンギス・カンの次男チャガタイの子孫で、大元ウルスで活躍したモンゴル帝国の皇族。『元史』などの漢字表記は南忽里/喃忽里/納忽里/那木忽里、『集史』などのペルシア語表記はنوم قولی(Nūm qūlī)。

セチェン・カーン(世祖クビライ)からハミル一帯の統治を任ぜられた豳王チュベイの嫡男であり、父の地位を引き継いだ。

概要[編集]

ノム・クリが史料に始めて登場するのは大徳7年(1303年)のことで、この時ノム・クリはオルジェイトゥ・カーン(成宗テムル)から鈔・幣を下賜されている[1]。『オルジェイトゥ史』によると、カイドゥ・ウルス(カイドゥの国)を完全に滅亡させたイルティシュ河の戦いにおいて、ノム・クリはトガチ丞相とともに一軍を率いてカイドゥ・ウルス軍と戦ったと記録されている。クルク・カーン(武宗カイシャン)が即位した前後、1309年1313年頃にノム・クリは亡くなった父の後を継ぎ[2]、チュベイ・ウルス統治者「豳王」として遇されるようになった[3][4][5]

オルジェイトゥ・カーンの治世にチャガタイ・ウルス(ドゥア・ウルス)の君主ドゥアとの和平が成立して以来、大元ウルスとチャガタイ・ウルスの関係は安定していたが、ブヤント・カーン(仁宗アユルバルワダ)が即位すると両者の関係は崩れ、軍事衝突に至った。

オルジェイトゥ史』によると、1314年頃チュベイの子のノム・クリとブヤン・ダシュ、チュベイの甥のコンチェクが12万人隊を率いて粛州からウイグリスタンに至る地に駐屯し、チャガタイ・ウルスの君主エセン・ブカの弟のエミル・ホージャ率いる2万の軍に相対していたという[6]。この戦役でノム・クリ率いる軍はしばしば窮乏したため、ブヤント・カーンは馬や金銀を何度か支給している[7]

ノム・クリの没年は不明であるが、ゲゲーン・カーン(英宗シデバラ)即位の前後に亡くなったものと見られる。

子孫[編集]

ノム・クリ以降の豳王家に関する記述は次第に断片的になり、その系譜を辿ることは難しいが、ティムール朝で編纂された系譜史料『高貴系譜』によってその子孫について知ることが出来る。

ノム・ダシュ[編集]

『高貴系譜』はノム・クリにノム・ダシュ(Nūm tāšنوم تاش)とブヤン・テムル(Buyān tīmūrبیان تیمور)という二人の息子がいたことを伝えている。また、「重修文殊寺碑」には「ノム・クリ大王(喃忽里大王)」の後を継いだのは「ノム・ダシュ太子(喃答失太子)」と記されており、ノム・ダシュこそがノム・クリの後継者であったと確認される。そして、ノム・ダシュこそが「重修文殊寺碑」を建設した本人であった。

至治元年(1321年)にはコンチェク、クタトミシュとともに印璽を与えられたが、他の2名が従三品であったのに対しノム・ダシュは正三品で、1ランク上に位置づけられていた。この記事から、当時チュベイ系の王家が3つあったこと、その中でノム・クリ系王家が他の2王家を統轄する立場にあったことが確認される[8]

ノム・ダシュの死後、チュベイ王家ではノム・クリの弟のクタトミシュが天暦の内乱を通じて急速に勢力を拡大し、豳王の称号とチュベイ・ウルス当主の座を奪うまでに至った。

ブヤン・テムル[編集]

ノム・クリのもう一人の息子、ブヤン・テムルはジャヤート・カーン(文宗トク・テムル)の治世から「豳王」として登場するようになり[9]1330年代初頭にはクタトミシュに代わって豳王の称号とチュベイ・ウルス当主の座を継承したと見られる。

ブヤン・テムル以後の豳王については更に情報が少なく、「豳王嵬釐」や「豳王亦憐真」といった人物が現れるが[10]『高貴系譜』に対応する人名は登場しない。

チュベイ・ウルス当主[編集]

  1. 豳王チュベイ(Čübei,豳王出伯/Chūbaīچوبی)…アルグの息子
  2. 豳王ノム・クリ(Nom Quli,喃忽里/Nūm qūlīنوم قولی)…チュベイの息子
  3. ノム・ダシュ太子(Nom Daš,喃答失太子/Nūm tāšنوم تاش)…ノム・クリの息子
  4. 豳王クタトミシュ(Qutatmiš,豳王忽塔忒迷失/Qutātmīšقتاتمیش)…チュベイの息子、ノム・クリの弟
  5. 豳王ブヤン・テムル(Buyan Temür,豳王卜顔帖木児/Buyān tīmūrبیان تیمور)…ノム・クリの息子、ノム・ダシュの弟
  6. イリンチン(Irinǰin,豳王亦憐真/Irinǰinبولاد تیمور?)…ブヤン・テムルの息子?
  7. 豳王ビルゲ・テムル(Bilge Temür,豳王列児怯帖木児/Bilkā tīmūrبلکا تیمور)…ボラド・テムルの息子

脚注[編集]

  1. ^ 『元史』巻21,「[大徳七年五月]乙卯……賜諸王那木忽里鈔千錠・幣三十匹」
  2. ^ 杉山2004,252頁
  3. ^ 『元史』巻21,「[至大元年十一月]乙丑、賜諸王那木忽里金印」
  4. ^ 『元史』巻21,「[至大三年春正月]癸未……賜諸王那木忽里等鈔万二千錠、賜宣徽院使拙忽難所隷酒人鈔万五百八十八錠」
  5. ^ 『元史』巻21,「[至大三年三月]乙酉……遣刑部尚書馬児往甘粛和市羊馬、分賚諸王那木忽里蒙古軍、給鈔七万錠」
  6. ^ 杉山2004,334-370頁
  7. ^ 『元史』巻24,「[皇慶二年五月]甲申……給馬万匹与豳王南忽里等軍士之貧乏者」。『元史』巻24,「[皇慶二年秋七月]丁未、賜諸王火羅思迷・脱歓・南忽里・駙馬忙兀帯金二百両・銀一千二百両・鈔一千六百錠・幣帛各、有差」。『元史』巻25,「[延祐二年五月]戊戌、豳王南忽里等部困乏、給鈔俾買馬羊以済之」。『元史』巻25,「[延祐三年冬十月]乙未、賜豳王南忽里部鈔四万錠」。『元史』巻25,「[延祐四年閏月]壬辰、給豳王南忽里部鈔十二万錠買馬」。『元史』巻25,「[延祐五年八月]丙寅……豳王南忽里等部貧乏、命甘粛省市馬万匹給之」。
  8. ^ 『元史』巻27,「[至治元年]夏四月丙午、給喃答失王府銀印、秩正三品。寛徹・忽塔迷失王府銅印、秩従三品」。『元史』巻28,「[至治三年]三月壬辰朔、車駕幸上都。賜諸王喃答失鈔二百五十万貫、復給諸王脱歓歳賜」。『元史』巻31,「[致和元年六月]是月、諸王喃答失・徹徹禿・火沙・乃馬台諸郡風雪斃畜牧、士卒饑、賑糧五万石・鈔四十万錠」
  9. ^ 『元史』巻35,「[至順二年八月]丁巳、命豳王卜顔帖木児囲猟於撫州」。『元史』巻36,「[至順三年春正月]壬午、命甘粛行省為豳王卜顔帖木児建居第」
  10. ^ 『元史』巻36,「[至正十二年秋七月]庚寅、以殺獲西番首賊功、賜岐王阿剌乞巴鈔一千錠、豳王嵬釐・諸王班的失監・平章政事鎖南班各金系腰一」

参考文献[編集]

  • 赤坂恒明「バイダル裔系譜情報とカラホト漢文文書」『西南アジア研究』66号、2007年
  • 杉山正明『モンゴル帝国と大元ウルス』京都大学学術出版会、2004年
  • 松村潤「明代哈密王家の起原」『東洋学報』39巻4号、1957年
  • 和田清『東亜史研究(蒙古篇)』東洋文庫、1959年