ノヴォロシア人民共和国連邦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ノヴォロシア人民共和国連邦
ロシア語: Союз Народных Республик
○○○の旗 Coat of Arms of Novorussia.svg
(地域の旗) (地域の紋章)
地域の標語:不明
地域の歌:ノヴォロシア万歳!
○○○の位置
公用語 ロシア語ウクライナ語
主都 ドネツク
最大の都市 ドネツク
政府
議会議長 オレグ・ツァーロフ
ドネツク人民ソビエト議長 デニス・プシーリン
ルガンスク人民ソビエト議長イーゴリ・プロトニーツキー
面積
総計 xxx,xxxkm2N/A
水面積率 不明
人口
総計(xxxx年 xxx,xxx人(N/A
人口密度 xxx人/km2
成立
結成2014年5月24日
通貨 フリヴニャ (???)
時間帯 UTC +2DST:不明)
ISO 3166-1 不明
ccTLD 不明
国際電話番号 不明

ノヴォロシア人民共和国連邦ロシア語: Союз Народных Республик)、またはノヴォロシア連邦ロシア語: Федеративное государство Новороссия)は、ウクライナにて発生した親ロシア派の分離・独立運動によって結成された地域で構成される国家である。ノヴォロシアニューロシアとも表記されることがある。

概要[編集]

2014年のウクライナ。

2014年5月12日ウクライナ東部のドンバス地区でウクライナ中央政府から独立宣言をしたドネツク人民共和国ルガンスク人民共和国は、5月24日に結成の文章に調印した。また今後、ウクライナ6州を連邦に加入させる意向を示した[1]。親欧米派のウクライナ中央政府と紛争になっている(東部ウクライナ紛争)。

数千人規模の軍事力の存在や公務員給与・年金の支給は、様々なルートを通じてロシア政府が非公式に負担しているとされている[2]

支配地域においてウクライナやウクライナ語を象徴するあらゆるものを除去している[3]

2015年1月1日、新ロシアプロジェクトが保留になったことを発表し、2015年5月20日にはプロジェクトの凍結と政治構造の廃止を正式に発表した。 新たにドネツク分離派はマロルシヤ(小ロシア)共和国を構想している。

構成体[編集]

ドネツク州、ルガンスク州(濃い緑色)と加盟予定の6州+隣国地域2ヶ所(ライトグリーン)。

以下の地域が挙げられているが、構成体として捉えられている地域はウクライナ国内の州だけに止まらない。[4]

国名/州名 人口(2014年) 面積 (km²)
Flag of the Donetsk People's Republic.svg ドネツク人民共和国 - -
Flag of Lugansk People's Republic.svg ルガンスク人民共和国 - -
Flag of Donetsk.svg ドネツク州 4,340,862 26,517
Flag of Luhansk.svg ルガンスク州 2,237,897 26,684
Flag of Dnipropetrovsk Oblast.svg ドニプロペトロウシク州 3,290,786 31,974
Flag of Zaporizhia Oblast.svg ザポリージャ州 1,775,154 27,180
Flag of Mykolaiv Oblast.svg ムィコラーイウ州 1,167,821 24,598
Flag of Odesa Oblast.svg オデッサ州 2,395,935 33,310
Flag of Kharkiv Oblast.svg ハリコフ州 1,451,461 31,415
Flag of Kherson Oblast.svg ヘルソン州 1,072,013 28,461
合計 17,731,929 230,139

※州の表示:太字…親ロシア派による人民共和国が建国された州(ドネツク、ルガンスク)。 なお、州全域を実効支配しているわけではない(共和国政府は主張している)。
斜体字…加入予定の州。

外交[編集]

両人民共和国は、双方を承認している。また、国際的な承認数が少ない南オセチアの旗 南オセチア共和国6月18日にルガンスク、6月27日にドネツクの人民共和国を承認している。

脚注[編集]

  1. ^ Japanese.ruvr.ru ドネツク人民共和国とルガンスク人民共和国が「ノヴォロシア」を結成。
  2. ^ プーチン大統領のシリア介入に悲鳴上げる親ロ国 JBPress 2015年11月10日
  3. ^ 親露派「首都」ドネツク、最後のウクライナ語カフェが閉店 AFPBB News 2015年12月18日
  4. ^ 加盟予定の地域には、隣国モルドバの独立主張地域である沿ドニエストル共和国や同国唯一の他民族居住地のガガウズ自治区も記されている。

関連項目[編集]