ノーサイド (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ノーサイド
麗美楽曲
収録アルバム REIMY
リリース 1984年1月21日
レーベル 日本コロムビア
作詞者 松任谷由実
作曲者 松任谷由実
プロデュース 松任谷正隆

松任谷由実(1984年)
他、下記参照
REIMY収録順

こごえる心
(2)
ノーサイド
(3)
霧雨で見えない
(4)
ノーサイド
松任谷由実楽曲
収録アルバム NO SIDE
リリース 1984年12月1日
レーベル EXPRESS
作詞者 松任谷由実
作曲者 松任谷由実
プロデュース 松任谷正隆
NO SIDE収録順

SALAAM MOUSSON SALAAM AFRIQUE
(1)
ノーサイド
(2)
DOWNTOWN BOY
(3)

視聴動画
「ノーサイド」 - YouTube
リリック動画
「ノーサイド」 - YouTube

ノーサイド」は、松任谷由実作詞・作曲、松任谷正隆編曲の楽曲。麗美のアルバム『REIMY』(1984年1月21日発売)の収録曲として最初に発表され、松任谷由実のオリジナルアルバム『NO SIDE』(同年12月1日発売)にセルフカバーが収録された。

概要[編集]

タイトルの「ノーサイド」とは、ラグビー(特にラグビーユニオン)において、試合終了のことを指している語であり、その名の通りラグビーの試合終了直後の情景を歌ったスローナンバーである。

元々は松任谷正隆がプロデュースしていた麗美への提供曲だった。アルバム『REIMY』収録版は歌詞の時期の部分が2月となっていたが、楽曲が発表された1984年当時、2月に開催される日本のラグビーは早稲田慶應明治のOBを含めたオール早慶明戦のみで、シーズンは1月15日に行われる日本選手権で終わっていると後に知り、松任谷由実が録音する際には「冬の日」に歌詞を変えたという。

この曲が生まれたきっかけについては、複数のメディアによれば、全国高等学校ラグビーフットボール大会での「伝説の一戦」といわれる[1]、1984年1月7日に行われた第63回大会決勝・天理大分舞鶴戦であると言及されている[2]。この試合は、後半ロスタイムに入り大分舞鶴がトライを決めて18-16にまで迫り、決まれば同点で両校優勝となるゴールキックを主将のFB福浦孝二[注 1]が左に外し、その直後ノーサイドの笛が鳴っている。2010年の朝日新聞の取材に対し、松任谷はこの光景をテレビで見ており、「どんなに悔やんでも、高校生が部活を辞めたら、次のシーズンは、自分と同じゼッケンをつけて駆けてゆく誰かを見ていることになる。その情景が思い浮かんで、ぐっと来てしまいました」として、この曲の着想を得たと述べている。一方で、歌詞の中に「長いリーグ戦締めくくるキック」のフレーズがある[注 2]ことを踏まえ、『日刊スポーツ』は当時早稲田大SOだった本城和彦を指して「『ノーサイド』誕生のきっかけの1つ」と述べている[4]。さらに、この曲が収録された『REIMY』が発売されたのはこの試合のわずか2週間後の1984年1月21日であり、この曲は試合前に完成していたはずであると一部週刊誌に指摘されている[5]

2013年12月1日、改修工事前の国立霞ヶ丘競技場にて行われた最後の早明戦関東大学ラグビー対抗戦グループ最終戦・早稲田大対明治大)の試合終了後に行われたセレモニーに松任谷由実が出演し、『〜ノーサイド・夏〜空耳のホイッスル』(『NO SIDE』収録)の歌詞朗読に続けて、松任谷正隆のピアノの演奏をバックに、この曲を披露した[4]

2019年12月31日放送の『第70回NHK紅白歌合戦』にて松任谷由実により、発表から35年を経て初めてテレビで歌唱された。当日は日本で開催されたラグビーワールドカップ2019に出場した日本代表のメンバーの前で披露され、歌唱後には日本代表の田中史朗が感極まって涙声になり、松任谷も「この歌に、こんなチャンスを与えてくれてありがとう! トップリーグ見に行きます!」とコメントした[6]

ドラマ化[編集]

タイアップ[編集]

カバー[編集]

  • A.S.A.P.(1990年) - オリジナルアルバム『Boy Friends Girl Friends』に収録。東芝『Here with you』CMソング。
  • Fonogenico2006年) - シングル「Reason」c/wに収録。毎日放送系『第85回全国高校ラグビー大会』公式テーマソング。
  • キンモクセイ2007年) - カバーアルバム『さくら』に収録。毎日放送系『第86回全国高校ラグビー大会』公式テーマソング。
  • 竹井詩織里(2007年) - ミニアルバム『documentary』に収録。
  • 高杉さと美2008年) - オリジナルアルバム『garden』に収録。毎日放送系『第87回全国高校ラグビー大会』公式テーマソング。
  • コトリンゴ2010年) - カバーアルバム『picnic album 1』に収録。
  • 田中美里(2013年) - J SPORTS ラグビー中継 エンディングテーマ。
  • 稲垣潤一2013年) - カバーアルバム『男と女4』に収録。戸田恵子とのデュエット。
  • 麻倉未稀2016年) - 35周年アルバム『Voice of Power』に収録。
  • 瀧川ありさ2017年) - 後述
  • May J.2019年) - 大分市公式動画チャンネル「いいやん!大分」内「大分ラグビーメモリアル」。

サンプリング[編集]

瀧川ありさのシングル[編集]

ノーサイド
瀧川ありさシングル
A面 ONE FOR YOU(両A面)
B面 SUNDAY
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル
時間
レーベル SME Records
作詞・作曲 松任谷由実
チャート最高順位
瀧川ありさ シングル 年表
  • 色褪せない瞳
  • (2017年 (2017)
  • わがまま
  • (2019年 (2019)
テンプレートを表示

2017年に瀧川ありさによってカバーされ、2月22日に「ONE FOR YOU」との両A面シングル『ノーサイド/ONE FOR YOU』としてSME Recordsから発売された。瀧川にとっては6枚目のシングルとなる。

シングル概要[編集]

「ノーサイド」は、シンガーソングライターである瀧川にとって初めてのカバー曲である。両A面でカップリングされた「ONE FOR YOU」は瀧川が書き下ろした自作曲で、進研ゼミ高校講座の「進級応援ソング」として、同講座受講会員の専用アプリ「サクッとスタディ」限定でミュージックビデオが先行公開されている[9]

シングル収録曲[編集]

通常盤
  1. ノーサイド
    作詞・作曲:松任谷由実、編曲:Saku・瀧川ありさ
    • テレビアニメ『ALL OUT!!』エンディングテーマ
  2. ONE FOR YOU
    作詞:瀧川ありさ、作曲・編曲:瀧川ありさ・渡辺拓也
  3. SUNDAY
    作詞・作曲:瀧川ありさ、編曲:瀧川ありさ・渡辺拓也
  4. ノーサイド -Instrumental-
  5. ONE FOR YOU -Instrumental-
期間生産限定盤
  1. ノーサイド
  2. ONE FOR YOU
  3. SUNDAY
  4. ノーサイド -Instrumental-
  5. ONE FOR YOU -Instrumental-
  • DVD
  1. ノーサイド (Music Video)

脚注[編集]

注釈[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ この日、福浦は鹿屋体育大学受験の日と重なっていたために本来は試合に出場できないところだったが、大学の配慮により特別に試験開始時間がずらされ、大阪に戻って試合に出場できたという因縁があった[2][3]
  2. ^ 高校ラグビー大会はトーナメント戦であり、リーグ戦ではない。
  3. ^ a b 両A面シングル『ノーサイド/ONE FOR YOU』としてのチャートイン。

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ “高校ラグビー:伝説の天理vs大分舞鶴 30年後の再戦”. 毎日新聞. (2014年4月27日). オリジナルの2014年4月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140429075823/http://mainichi.jp/sports/news/20140428k0000m050015000c.html 2014年4月28日閲覧。 
  2. ^ a b 保科龍朗 (2010年12月1日). “うたの旅人・松任谷由実「ノーサイド」”. 朝日新聞be. オリジナルの2014年4月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140426090531/https://www.asahi.com/articles/ASG4V3VLMG4VUEHF002.html 2014年4月28日閲覧。 
  3. ^ “伝説のノーサイド再び 大分舞鶴 30年経て花園で対戦 OB、天理に雪辱「感慨」”. 西日本新聞. (2014年4月28日). オリジナルの2014年4月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140427201547/https://www.nishinippon.co.jp/nnp/oita/article/84986/ 2014年4月28日閲覧。 
  4. ^ a b “ユーミン「ノーサイド」に5万人が泣いた”. 日刊スポーツ. (2013年12月2日). http://www.nikkansports.com/sports/news/p-sp-tp0-20131202-1225882.html 2014年4月28日閲覧。 
  5. ^ 実は死語!? 松任谷由実も歌った『ノーサイド』という言葉の真意(週刊現代2020年1月11・18日号収録記事)”. FRIDAYデジタル (2020年2月9日). 2020年2月11日閲覧。
  6. ^ “【紅白】ユーミン、名曲「ノーサイド」を35年越しテレビ初披露 ラグビー日本代表田中選手は涙声に”. ORICON NEWS. (2019年12月31日). https://www.oricon.co.jp/news/2152418/full/ 2020年1月11日閲覧。 
  7. ^ ノーサイド/ONE FOR YOU | 瀧川ありさ”. ORICON NEWS. オリコン. 2020年6月28日閲覧。
  8. ^ Billboard Japan Top Singles Sales | Charts”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク (2017年3月6日). 2020年6月28日閲覧。
  9. ^ 新曲「ONE FOR YOU」が進研ゼミ高校講座「進級応援ソング」に決定!2/22に両A面シングルとしてリリース決定!”. 瀧川ありさオフィシャルサイト (2017年1月17日). 2020年1月1日閲覧。