ノースウエスト・エアーリンク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
The 2003年-2010年まで使われていたノースウエストエアーリンクのロゴ

ノースウエスト・エアリンク(Northwest Airlink)はノースウエスト航空のために3つの地域航空会社が運航をしていた名前。ピナクル航空、メサバ航空、コンパス航空の3社が、この名前で運航をしていたが、現在はデルタ・コネクションと呼ばれている。

コンパス航空が運行するエンブラエルERJ170
メサバ航空が運行するサーブ340
ノースウエストエアーリンクのBAe 146

参加航空会社[編集]

会社 IATA
コード
ICAO
コード
コールサイン 機材 親会社
コンパス航空英語版 CP CPZ Compass エンブラエル 170
エンブラエル 175LR
ノースウエスト航空
メサバ航空英語版 XJ MES Mesaba ボンバルディアCRJ-200
ボンバルディア CRJ-900
サーブ 340
ノースウエスト航空
ピナクル航空英語版 9E FLG Flagship ボンバルディアCRJ-200 ピナクル航空英語版

就航地[編集]

機材[編集]

ノースウエストエアリンクサービスは、34席仕様のサーブ 340Bと50席仕様のボンバルディア CRJ200をオールエコノミーで運行していた。メサバ航空とコンパス航空も、それぞれボンバルディアボンバルディア CRJ900エンブラエル 175を2クラス構成でそれぞれ運行していた。

ノースウエストエアリンクは以前、69席仕様のアブロ RJ85を2クラス構成で運用していたが引退した。[1]過去には、ブリティッシュ・エアロスペースBAe ジェットストリーム 31CASA 212ショート 360などの航空機が運行されていた。

事故[編集]

ノースウエスト・エアリンク2268便着陸失敗事故
デトロイト・メトロポリタン・ウェイン・カウンティ空港への着陸の際に機体がヨーイングしだし、右に回転しながらコンコースFの近くに墜落した。乗員乗客19名のうち9名が死亡。
ノースウエスト・エアリンク5719便墜落事故
ヒビングへの飛行中最低降下高度を下回り降下。木々に接触し、右翼が破損。右に回転しながら森に反転して墜落した。乗員乗客18人全員が死亡。
ピナクル航空3701便墜落事故
41000フィートを飛行中、エンジンが二基とも停止し、緊急着陸を試みたが、空港の手前に墜落した。乗員2名が死亡。

脚注[編集]

  1. ^ airliners.net, Northwest Airlink Avro RJ85