ノースライト (小説)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ノースライト
著者 横山秀夫
イラスト agoera(装画)
発行日 2019年2月22日
発行元 新潮社
ジャンル 長編小説
推理小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判変形
ページ数 431
公式サイト www.shinchosha.co.jp
コード ISBN 978-4-10-465402-4
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

ノースライト』は、横山秀夫長編推理小説。旅行雑誌『』(新潮社2004年5月号から2006年2月号に連載、大幅な加筆修正を経て新潮社より2019年2月22日に刊行された[1][2]。主人公の建築士が自分の設計した家にブルーノ・タウトゆかりの椅子を残し姿を消した一家の謎を追うミステリー。「週刊文春ミステリーベスト10 2019」国内部門第1位[3]

NHK総合土曜ドラマ」にて西島秀俊主演でテレビドラマ化され、2020年12月12日と12月19日に放送された[4][5]

あらすじ[編集]

一級建築士の青瀬稔は、吉野という夫婦から、信濃追分の土地に「あなたが住みたい家を建ててください」との依頼を受ける。設計した家は「Y邸」として雑誌で紹介され、青瀬の代表作となる。 引き渡しから4ヶ月後、雑誌で「Y邸」を見て現地を訪ねた人から、人が住んでいる気配がないと聞かされた青瀬は、建築事務所所長の岡嶋とともに現地へ向かう。 鍵は空き巣に入られたのか壊されており、家は無人で、電源の入った留守番電話と、一脚の木製椅子だけが残されていた。電気・ガス・水道料金は口座引落できちんと支払われていた。岡嶋は、残されていた椅子がブルーノ・タウト作のものではないかと気づく。

青瀬は、「Y邸」建築中に顔見知りになった役場職員のつてで、吉野一家の信濃追分への転入状況を調べるが、転入した形跡はなかった。吉野一家が以前住んでいた家に向かい、隣家や大家から聞き込みをすると、吉野の妻は子供を連れて実家へ帰ったという。青瀬は、何度か吉野一家と顔を合わせた際の違和感を思い出す。さらには、吉野を追う男の存在も浮かび上がる。

登場人物[編集]

演者はドラマ版
青瀬稔
演 - 西島秀俊(幼少期:宇都宮太良)
「岡嶋設計事務所」の一級建築士。「Y邸」の設計者。
岡嶋昭彦
演 - 北村一輝
「岡嶋設計事務所」所長。青瀬の大学時代からの友人。
岡嶋八栄子
演 - 田中麗奈
昭彦の妻。
岡嶋一創
演 - 川口和空
昭彦と八栄子の息子。
吉野陶太
演 - 伊藤淳史(少年期:吉田翔)
「Y邸」の施主。「Y邸」完成後に消息不明となる。
吉野香里江
演 - 徳永えり(幼少期:松永花瑠)
陶太の妹。青瀬には素性を偽り、陶太の妻として接していた。
村上ゆかり
演 - 宮沢りえ
青瀬の元妻。インテリアプランナー
村上日向子
演 - 長澤樹
青瀬とゆかりの娘。青瀬とは定期的に父子面会しているほか、携帯電話で連絡をとっている。
池園孝浩
演 - 池田鉄洋
「関東日報」の記者。青瀬に協力し、タウトゆかりの「Y邸」の椅子の由来を調査する。
津村マユミ
演 - 田中みな実
「岡嶋設計事務所」の事務員。昭彦の幼馴染。
石巻豊
演 - 柄本時生
「岡嶋設計事務所」の建築士。かつてスランプに陥った際、所長の岡嶋に救済されている。
竹内健吾
演 - 井之脇海
「岡嶋設計事務所」の若手建築士。
能勢琢己
演 - 青木崇高
「能勢設計事務所」の所長。青瀬が赤坂の大手設計事務所で建築士をしていた頃の元同僚。
鳩山司郎
演 - 竹財輝之助
「能勢設計事務所」にヘッドハントされた建築士。美術館コンペチームのリーダー。
繁田満
演 - 戸田昌宏
「東洋新聞」の記者。美術館コンペの審査員収賄疑惑を追っている。
深水
演 - 李千鶴
「東洋新聞」の記者。繁田の同僚。
村田
演 - でんでん
吉野家の隣人。
ギプスの男/三島
演 - 勝矢
陶太の行方を追う男。
蕎麦屋の主人
演 - 春海四方
「上多賀」の女将
演 - 梅沢昌代
藤宮春子
演 - 山口果林
パリ在住の孤高の日本人女流画家。故人。日本に記念美術館が建設される予定。
青瀬年雄
演 - 寺脇康文
稔の父。渡りダム工事の型枠職人。稔が幼少の頃、転勤先の桐生で崖から転落死している。
吉野伊佐久
演 - 林泰文(少年期:関仁平)
陶太の父。木工職人だったが3年前に脳卒中で死去。「Y邸」の椅子の製作者。
山下草男
演 - 品川徹
吉野伊佐久と同郷の知人。生前のタウトに直接指導を受けた木工職人。
ブルーノ・タウト
演 - ルネ・ボスマン
戦前の著名なドイツ人建築家。1930年代に来日し、工芸品製作の指導に当たる。「Y邸」の椅子の設計者。

ランキング[編集]

書誌情報[編集]

  • ノースライト(2019年2月22日、新潮社、ISBN 978-4-10-465402-4)

テレビドラマ[編集]

ノースライト
ジャンル テレビドラマ
原作 横山秀夫
脚本 大森寿美男
演出 笠浦友愛
出演者 西島秀俊
北村一輝
田中麗奈
伊藤淳史
林泰文
寺脇康文
宮沢りえ
田中みな実
柄本時生
青木崇高
音楽 稲本響
国・地域 日本の旗 日本
言語 日本語
製作
制作統括 佐野元彦
長谷川晴彦
訓覇圭
放送
放送チャンネルNHK総合
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間2020年12月12日 - 12月19日
放送時間土曜 21:00 - 22:13
放送枠土曜ドラマ
放送分73分
回数2
テンプレートを表示

NHK総合土曜ドラマ」で2020年12月12日および12月19日の21時から22時13分に放送された。全2回[4]。主演は西島秀俊[5]

収録は2020年9月初旬から10月中旬にかけて行われ[4]浅間山を臨む「Y邸」が撮影のため信濃追分に実際に建てられた[9]

第58回ギャラクシー賞 テレビ部門奨励賞を受賞(2020年度)[10]

2021年5月24日の21時から119分の再編集版がNHK BSプレミアムおよびNHK BS4Kで放送された[11]

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

放送回 放送日 サブタイトル
総合・BS4K
第1回 012月12日 消えた家族
第2回 012月19日 夢みた家

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 沢田石洋史 (2019年3月6日). “特集ワイド:小説「ノースライト」刊行の社会派、横山秀夫さん “事実とうそが戦闘”に危機感”. 毎日新聞. https://mainichi.jp/articles/20190306/dde/012/040/004000c 2020年9月5日閲覧。 
  2. ^ 横山秀夫 (2019年8月). 「自分が不完全な人間であることを自覚」 作家・横山秀夫さんが語った胸の内. インタビュアー:永野正雄. 新潮社. ENGINE.. https://www.bookbang.jp/review/article/575440 2020年9月5日閲覧。 
  3. ^ a b “「週刊文春ミステリーベスト10<2019年>」第1位は、横山秀夫『ノースライト』”. Book Bang -ブックバン- (新潮社). (2019年12月25日). https://www.bookbang.jp/article/598492 2020年9月5日閲覧。 
  4. ^ a b c 原作・横山秀夫 土曜ドラマ「ノースライト」制作開始!”. NHKドラマ. ドラマトピックス. 日本放送協会 (2020年9月4日). 2020年9月5日閲覧。
  5. ^ a b “西島秀俊、横山秀夫『ノースライト』ドラマ化で主演 北村一輝、宮沢りえら出演”. クランクイン! (ブロードメディア). (2020年9月4日). https://www.crank-in.net/news/80488/1 2020年9月5日閲覧。 
  6. ^ 「ミステリが読みたい!2020年版」発表”. ハヤカワ・オンライン. 早川書房 (2019年11月26日). 2020年9月5日閲覧。
  7. ^ 紀伊國屋書店スタッフが全力でおすすめする 「キノベス!2020」”. 紀伊國屋書店. 2020年9月5日閲覧。
  8. ^ これまでの本屋大賞”. 本屋大賞. 2020年9月5日閲覧。
  9. ^ 「まさかこれがセットだなんて…」 ドラマ「ノースライト」の見どころは?【横山秀夫×西島秀俊】”. ライブドアニュース (2020年12月11日). 2020年12月19日閲覧。
  10. ^ 第58回(2020年度)”. 放送批評懇談会. 2021年5月2日閲覧。
  11. ^ 西島秀俊主演ドラマ『ノースライト』 再編集版で5・24放送”. ORICON NEWS. 2021年5月15日閲覧。

関連項目[編集]

NHK総合 土曜ドラマ
前番組 番組名 次番組
ノースライト
(2020年12月12日 - 12月19日)
六畳間のピアノマン
(2021年2月6日 - 2月27日)