ノーナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

ノーナNona)は、ローマ神話における運命の三女神パルカエ」の一柱であり、妊娠を司る。日本語では長母音を省略してノナとも呼ぶ。

ギリシア神話モイラの一柱「クロートー」と同一視されており、「現在」を司る神とされる。Nonaは9を意味しており、妊娠して9ヶ月目の女性がノーナにお参りをした。[1][2]同じパルカエのデキマモルタと共に、運命の糸をつむぐ役割を担っている。

脚注[編集]

  1. ^ The Attic Nights of Aulus Gellius; Translated into English by the Rev. W. Beloe, F.S.R., Translator of Herodotus. I. London: Printed for J.Johnson, St. Paul Church-Yard. (1795). p. 220. https://archive.org/stream/bub_gb_j3kBAAAAMAAJ#page/n321/mode/2up 2018年1月9日閲覧。 
  2. ^ “Tertullian, A Treatise On the Soul”. The Ante-Nicene Fathers; Translations of the Fathers Down to A.D., The Rev. Alexander Roberts, D.D., James Donaldson, LL.D. Editors. III. Grand Rapids, Michigan: WM EERDMANS Publishing Company. (1986). p. 217. https://archive.org/stream/antenicenefather00robe#page/216/mode/2up 2018年1月11日閲覧。 

関連項目[編集]