ノーブルミッション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ノーブルミッション
Racing silks of Khalid Abdullah.svg
ハーリド・ビン・アブドゥッラーの勝負服
欧字表記 Noble Mission[1]
品種 サラブレッド
性別 [1]
毛色 鹿毛[1]
生誕 2009年2月25日[1]
Galileo[1]
Kind[1]
母の父 デインヒル[1]
生国 イギリスの旗 イギリス
生産 ジュドモントファーム[2]
馬主 ハーリド・ビン・アブドゥッラー[2]
調教師 ヘンリー・セシルイギリスの旗 イギリス
→セシル夫人(イギリスの旗 イギリス[3]
競走成績
生涯成績 21戦9勝[1]
 
勝ち鞍
GI 英チャンピオンステークス 2014年
GI サンクルー大賞 2014年
GI タタソールズゴールドカップ 2014年
テンプレートを表示

ノーブルミッション (Noble Mission[1]) はイギリス生産の競走馬種牡馬である。主な勝ち鞍は2014年英チャンピオンステークス(GI)、サンクルー大賞(GI)、タタソールズゴールドカップ(GI)。2014年カルティエ賞最優秀古馬。

史上最強馬との呼び声も高い名馬フランケルの1歳下の全弟にあたる。

戦績[編集]

フランケル旋風が吹き荒れる2011年10月に兄の主戦騎手トム・クウィリーを背にデビューするも、5馬身差をつけられての2着に敗れる[4]

3歳となった2012年4月の未勝利戦で初勝利を挙げ、7月にはゴードンステークス(GIII)を制して重賞初制覇を果たす。しかし、その後は堅実に走りながらも重賞では勝ち星を挙げることができず、4歳シーズン終了までにリステッド競走を1勝するに留まり、フランケルの全弟としては物足りない成績が続いた[4]

4歳最終戦のドラール賞で初コンビを組んだジェームズ・ドイルはノーブルミッションには先行策が向くと判断し、翌年には積極的に先行策を取るようになる[3]2014年初戦のファイネストサプライズステークスで2着となった後、ゴードンリチャーズステークスを9馬身差の圧勝で久々の重賞勝ちを収めると、続くハスクリーステークスも制して重賞連勝。そして、5歳にして初のGI出走となったタタソールズゴールドカップで前年のカルティエ賞最優秀3歳牡馬マジシャンを破り、遂にGI馬となった。夏場はフランスドイツを転戦し、サンクルー大賞では1位入選スピリットジム(Spiritjim)の降着による繰り上がりながらGI連勝を果たし[5]バイエルンツフトレネンでも2着に好走した[4]

年内最終戦には英チャンピオンステークスが選ばれ、不良馬場の中、逃げ戦法を取った。直線では2番手を追走していたアルカジームとの叩き合いとなり、これをクビ差制して2012年に同レースを制した兄フランケルとの兄弟制覇を成し遂げた[6]。3カ国でのGI制覇が評価され、2014年カルティエ賞最優秀古馬に選出された[7]

競走成績[編集]

以下の内容は、Irish Racing.com[4]およびHorse Racing Nation[8]の情報に基づく。

出走日 競馬場 競走名 距離 着順 騎手 着差 1着(2着)馬
2011.10.25 ヤーマス 未勝利 芝8f3yds 2着 T.クウィリー 5馬身 Swedish Sallor
2012.04.21 ニューベリー 未勝利 芝8f 1着 T.クウィリー 3馬身3/4 (Dream Tune)
0000.05.05 ニューマーケット ニューマーケットステークス 芝10f 1着 T.クウィリー クビ (Mariner's Cross)
0000.05.19 ニューマーケット フェアウェイステークス 芝10f 2着 E.アハーン クビ Thought Worthy
0000.06.22 アスコット キングエドワード7世ステークス G2 芝12f 2着 T.クウィリー 1/2馬身 Thomas Chippendale
0000.07.31 グッドウッド ゴードンステークス G3 芝12f 1着 T.クウィリー ハナ (Encke)
0000.08.22 ヨーク グレートヴォルティジュールステークス G2 芝12f 4着 T.クウィリー 2馬身3/4 Thought Worthy
0000.10.27 ニューベリー セントサイモンステークス G3 芝12f5yds 2着 T.クウィリー 1/2馬身 Hazel Lavery
2013.04.20 ニューベリー ファイネストサプライズステークス G3 芝12f5yds 3着 T.クウィリー 0.26馬身 Universal
0000.05.04 ニューマーケット ジョッキークラブステークス G2 芝12f 4着 T.クウィリー 3馬身 Universal
0000.05.25 グッドウッド タップスターステークス 芝12f 1着 I.モンガン 4馬2 (Genzy)
0000.06.22 アスコット ハードウィックステークス G2 芝12f 4着 T.クウィリー 3.56馬身 Thomas Chippendale
0000.08.10 ヘイドックパーク ローズオブランカスターステークス G3 芝10f95yds 3着 T.クウィリー 1.13馬身 David Livingston
0000.10.05 ロンシャン ドラール賞 G2 芝9f152yds 4着 J.ドイル 7馬身1/4 Cirrus des Aigles
2014.04.12 ニューベリー ファイネストサプライズステークス G3 芝12f5yds 2着 J.ドイル クビ Cubanita
0000.04.25 サンダウン ゴードンリチャーズステークス G3 芝10f7yds 1着 J.ドイル 9馬身 (Telescope)
0000.05.08 チェスター ハクスリーステークス G3 芝10f75yds 1着 J.ドイル 2馬身1/4 (Telescope)
0000.05.25 カラ タタソールズゴールドカップ G1 芝10f110yds 1着 J.ドイル 1馬身1/4 Magician
0000.06.29 サンクルー サンクルー大賞 G1 芝11f204yds 1着 J.ドイル 繰上 (Siljan's Saga)
0000.07.27 ミュンヘン バイエルンツフトレネン G1 芝10f 2着 J.ドイル 1/2馬身 Lucky Lion
0000.10.18 アスコット 英チャンピオンステークス G1 芝10f 1着 J.ドイル クビ (Al Kazeem)

種牡馬時代[編集]

偉大な兄フランケルとの競合を避けるため、馬主側の意向でアメリカ合衆国レーンズエンドファームでの種牡馬入りが決まった[5]。初年度の2015年は2万5000ドルの種付け料が設定され、146頭の繁殖牝馬と交配した[7]

主な産駒[編集]

血統表[編集]

ノーブルミッション血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 サドラーズウェルズ系
[§ 2]

Galileo
1998 鹿毛
父の父
Sadler's Wells
1981 鹿毛
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Fairy Bridge Bold Reason
Special
父の母
Urban Sea
1989 栗毛
Miswaki Mr.Prospector
Hopespringseternal
Allegretta Lombard
Anatevka

Kind
2001 鹿毛
*デインヒル
Danehill
1986 鹿毛
Danzig Northern Dancer
Pas de Nom
Razyana His Majesty
Spring Adieu
母の母
Rainbow Lake
1990 鹿毛
Rainbow Quest Blushing Groom
I Will Follow
Rockfest Stage Door Johnny
Rock Garden
母系(F-No.) 1号族(FN:1-k) [§ 3]
5代内の近親交配 Northern Dancer3×4=18.75%、Natalma4×5・5=12.50%、Buckpasser5×5=6.25% [§ 4]
出典
  1. ^ Noble Mission(GB) 5代血統表2018年11月11日閲覧
  2. ^ Noble Mission(GB) 5代血統表2018年11月11日閲覧
  3. ^ Kind(IRE) 5代血統表2018年11月11日閲覧
  4. ^ Noble Mission(GB) 5代血統表2018年11月11日閲覧


脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i Noble Mission(GB)|JBISサーチ(JBIS-Search)
  2. ^ a b Noble Mission | Race Record & Form. Racing Post. 2018年11月11日閲覧
  3. ^ a b 故セシル調教師の忘れ形見ノーブルミッション、英国チャンピオンSを優勝(イギリス). 公益財団法人ジャパン・スタッドブック・インターナショナル(2014年11月6日付). 2018年11月11日付
  4. ^ a b c d Form and Entries for Horse Noble Mission (GB). Irish Racing.com. 2018年11月11日閲覧
  5. ^ a b ライバルは兄弟.TOKYO THOROUGHBRED CLUB. OFFICAL SITE(2014年11月16日付). 2018年11月11日閲覧
  6. ^ 【英チャンピオンS】ノーブルミッションが逃走V. サンケイスポーツ(2014年10月19日付). 2018年11月11日閲覧
  7. ^ a b Noble Mission Thriving In Third Year At Stud. Thoroughbred Daily News(March 12, 2017). 2018年11月11日閲覧
  8. ^ Noble Mission. Horse Racing Nation. 2018年11月11日閲覧