ノーラン・アレナド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • ノーラン・アレナード
ノーラン・アレナド
Nolan Arenado
セントルイス・カージナルス #28
Colorado Rockies (25197328329).jpg
コロラド・ロッキーズ時代
(2016年)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州ニューポートビーチ
生年月日 (1991-04-16) 1991年4月16日(29歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
215 lb =約97.5 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手
プロ入り 2009年 MLBドラフト2巡目
初出場 2013年4月28日
年俸 $20,000,000(2021年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
WBC 2017年
獲得メダル
男子 野球
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ワールド・ベースボール・クラシック
2017 野球

ノーラン・ジェームズ・アレナドNolan James Arenado, 1991年4月16日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州ニューポートビーチ出身のプロ野球選手三塁手)。右投右打。MLBセントルイス・カージナルス所属。愛称はナド[2]

デビュー以降、三塁手として8年連続でゴールドグラブ賞を受賞しており、2015年・2016年には2年連続で打撃二冠を達成。

コロラド・ロッキーズに所属するジョシュ・フエンテス従弟にあたる[3][4]

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

カリフォルニア州のエル・トロ高等学校英語版出身で、高校時代はオースティン・ロマインとチームメートであった[5]。また、11年生、12年生時にはロサンゼルス・タイムズ紙上で高校オールスターに選ばれた[6][7]

プロ入りとロッキーズ時代[編集]

2009年MLBドラフト2巡目(全体59位)でコロラド・ロッキーズから指名され、プロ入り[8]。ルーキー級キャスパー・ゴースツでプロデビュー。

2010年はA級アッシュビル・ツーリスツでプレーした。

2011年はA+級モデスト・ナッツでプレーし、打率.298、20本塁打、122打点を記録した。オールスター・フューチャーズゲームにも選出された[9]。同年はアリゾナ秋季リーグにおいてもMVPに選出された[10]

2012年はAA級タルサ・ドリラーズでプレーし、前年に続いてオールスター・フューチャーズゲームに選出された[11]

2013年8月17日

2013年はAAA級コロラドスプリングス・スカイソックスで開幕を迎え、当初の18試合で打率.364、OPS1.059を記録。4月28日、クリス・ネルソンDFAを受けると同時にメジャー昇格、同日のアリゾナ・ダイヤモンドバックス戦でメジャーデビューを果たした[12]。翌日29日のロサンゼルス・ドジャース戦の第3打席で初安打、第4打席に初本塁打を記録し、5月4日のタンパベイ・レイズ戦では初の満塁本塁打を記録した。デビュー1年目から133試合に出場し、打率.267、10本塁打、52打点、出塁率.301を記録した。守備面では共にリーグトップとなるUZR+14.6、DRS+18を記録し[13]、三塁手としてゴールドグラブ賞を獲得した。新人選手が三塁手として同賞を獲得するのは、1957年フランク・マルゾーン英語版以来のことであった[14]

2014年3月9日にロッキーズと単年契約に合意し、開幕ロースター入りした。開幕後は正三塁手として49試合に出場し、6本塁打28打点1盗塁、打率.305と活躍していたが、5月23日のアトランタ・ブレーブス戦で左手中指を負傷。5月24日に15日間の故障者リスト入りした[15]。前年を下回るも111試合に出場し、打率.287、18本塁打、61打点、出塁率.328を記録した。守備面ではリーグ4位となるUZR+3.1、DRSではリーグトップとなる+12を記録し[16]、2年連続でゴールドグラブ賞を受賞した。また、三塁手としてデビューから2年連続での受賞は史上初のことだった。

2015年は初めてオールスターゲームにも選出された。157試合に出場し、打率.287、出塁率.323、ブライス・ハーパーと同数となる42本塁打を放ち最多本塁打を、130打点で最多打点に耀き、自身初となるタイトルを獲得すると共に、打撃二冠を達成した。オフには自身初となるシルバースラッガー賞を受賞した。守備面ではリーグ5位となるUZR+4.1を記録するも、DRSでは2位を大きく突き放すリーグトップの+22を記録し[17]、3年連続でゴールドグラブ賞を受賞した。

2016年7月26日

2016年は前半戦でリーグ2位タイの23本塁打、リーグ1位の70打点を記録。選手間投票によって2年連続でオールスターゲームに選出された。最終的には自己最多となる160試合に出場し、打率.294、出塁率.362、クリス・カーターと同数且つ2年連続40本塁打以上となる41本塁打、2年連続両リーグ最多且つ前年を上回る133打点を記録し、2年連続で最多本塁打と最多打点の二冠を獲得した。四球率も昨年の5.1%から9.8%にまで上昇した。守備面ではリーグ4位となるUZR+2.8、DRSではリーグトップとなる+13を記録した[18]。オフには2年連続でシルバースラッガー賞を受賞し、4年連続でゴールドグラブ賞を受賞した。11月13日には第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)アメリカ合衆国代表への参加の意思を表明し[19]、12月5日に選出された[20]

2017年はシーズン開幕前に選出されていた第4回WBCに参加。3月22日の決勝プエルトリコ戦に勝利し、初の優勝を果たした[21]。シーズンでは父の日だった6月18日のジャイアンツ戦で球団史上8人目となるサイクル安打を達成した[22]。7月には打率.389、8本塁打を放ち月間MVPを受賞し、前半戦を打率.301、17本塁打、70打点の成績で3年連続のオールスターゲーム選出を果たした。159試合に出場し、打率.309、37本塁打、130打点、出塁率.373を記録し、自身初となる3割30本100打点を達成した。また、43二塁打はリーグトップだった。一方で、2年連続でタイトルを獲得していた本塁打と打点はいずれもジャンカルロ・スタントンの後塵を拝し、それぞれリーグ3位と2位に終わった。特に打点は160試合目終了時点でスタントンと同点だったが、最後の2試合で差を付けられ、受賞には至らなかった。守備面ではリーグ2位となるUZR+6.7、DRSではリーグトップとなる+15を記録し[23]、オフには3年連続となるシルバースラッガー賞と、5年連続でゴールドグラブ賞を受賞した。

2018年4月11日のサンディエゴ・パドレス戦で、パドレスのルイス・ペルドモより背中を通過する危険球を投じられたことをきっかけに乱闘を起こし、退場処分を受け[24]、13日にMLBより5試合の出場停止と罰金の処分を受けた[25]。7月には4年連続でオールスターゲームに選出された。このシーズンも攻守ともに好調を維持し、9月13日のダイヤモンドバックス戦では4年連続で30本塁打&100打点に到達した。これはMLBの三塁手としてはアレックス・ロドリゲスチッパー・ジョーンズビニー・カスティーヤに続いて史上4人目の快挙だった[26]。チームが161試合を消化した時点では35本塁打でトップと1本差だったが、レギュラーシーズン最終戦となる162試合目で2本塁打を放ち単独トップとなった。チームはドジャースと同率の首位で終えたため163試合目が実施された[27]。チームは敗れたがこの試合で更に1本塁打を上乗せし、最終的に38本塁打を放ち3度目の最多本塁打を獲得、最多打点こそ逃したがハビアー・バエズと1打点差の110打点を上げた。156試合に出場し、前述の成績と打率.297、出塁率.374を記録し、4年連続のシルバースラッガー賞を受賞した。守備面ではUZRでリーグ2位の5.8、DRSではリーグトップとなる+7を記録し[28]、球団新記録となる6年連続のゴールドグラブ賞を受賞した。

2019年1月31日に当時の年俸調停を持つ選手の単年契約では最高額となる2600万ドルで契約更改したが[29]、2月26日に全球団へのトレード拒否権と2021年シーズン終了後に契約を破棄できるオプトアウトを含んだ8年総額2億6000万ドルで契約延長を果たした[30]。また、オプションとしてMVPやゴールドグラブ賞をはじめとする表彰等での出来高が付き、平均年俸は3250万ドルまで増加した[31]。4月16日のパドレス戦でニック・マーゲビチウスから自身の28歳の誕生日を祝うかのように2点本塁打を放った[32]。4月22日ワシントン・ナショナルズ戦でワンダー・スエロから通算1000安打目を本塁打で達成すると[33]、5月25日のボルチモア・オリオールズ戦ではアンドリュー・キャッシュナーから3点本塁打を放ち、通算200本塁打を達成した[34]。7月には5年連続でオールスターゲームに選出された。8月25日セントルイス・カージナルス戦では5シーズン連続の30本塁打&100打点に到達した。これはMLBの三塁手としては史上初の快挙となった[35]。この年は最終的に155試合に出場し、キャリアハイとなる打率.315、41本塁打、118打点、出塁率.379を記録し、2年ぶりに3割30本100打点を達成した。守備面でも共にリーグトップとなるUZR+10.3、DRS+18を記録し[36]、7年連続となるゴールドグラブ賞を受賞した。

2020年は大型契約の2年目となる予定だが、2月15日にはロッキーズのGMであるジェフ・ブリディッチがアレナドのトレードのオファーを視野に入れていることについて触れ、「フロントから軽蔑を感じた」と球団に不満を漏らした[37]。2月19日のスポーツ・イラストレイテッドのインタビューでは「勿論勝ちたいよ。その為に契約を延長したからね」とコメントした一方で、「しかし、もしこのチームが勝つつもりがないのならば、私は強いチームでプレーするよ。それがどのチームであろうと構わない。私は永久欠番よりもワールドシリーズで勝ちたいんだ」と胸の内を明かした[38]。このシーズンは試合数の減少もある中で、全60試合中48試合に出場するも、打率.253、8本塁打、26打点、出塁率.303と全ての項目で自己ワーストを記録した。しかし、守備面では共にリーグトップとなるUZR+8.5、DRS+15を記録し[39]、8年連続となるゴールドグラブ賞を受賞した。三塁手の8度目の受賞はブルックス・ロビンソンマイク・シュミットに次ぐMLB史上3人目と記録となった[40]。また、内野手での8年連続での受賞はオマー・ビスケル以来、史上6人目であり、デビューから8年連続での受賞はイチローの10年連続に次いで、MLB史上2番目に長い記録となった[40]

カージナルス時代[編集]

2021年2月1日にオースティン・ゴンバー、マテオ・ギル、エレフリス・モンテロ、トニー・ローシー、ジェイク・ソマーズとのトレードでセントルイス・カージナルスへ移籍した[41]。2019年にロッキーズと結んだ契約を6年総額1億9900万ドル残しており、ロッキーズ側が5100万ドルを支払うことで合意された。前述の契約のオプションとして全球団トレード拒否権が含まれていたが、アレナド自身がその権利を放棄し、トレードを切望した。出来高等のオプションは継続され、新たに2021年シーズンと2022年シーズンのオプトアウトの権利を所持した。オプトアウトした際には給与として2000万ドルがロッキーズからアレナドに支払われ[42]、2022年シーズン終了後にオプトアウトが行使されなかった際にはオプションとして全球団トレード拒否権が追加される運びとなった[43]。また、カージナルスとの契約は2027年シーズンまで延長され、7年総額2億1400万ドルとなった[44]。背番号はロッキーズ時代と同じ「28」。翌2日にオンラインでの記者会見を開き、「素晴らしい選手、そして素晴らしい歴史を持つカージナルスの一員になれることに興奮しているよ。このチームはプレーオフの経験が豊富でとても楽しみだよ」とコメントした[45]。2月28日のスプリングトレーニングのナショナルズ戦に出場すると、カージナルスのファンからはスタンディングオベーションで迎えられた[46]

2021年4月1日のレッズとの開幕戦に先発出場し、カージナルス移籍後初出場を果たした[47]

選手としての特徴[編集]

打撃
Nolan Arenado on August 31, 2016 (cropped).jpg

左右別では、2013年及び2014年には対左打率の方が高かった[48][49]が、15年と16年は対右打率が対左より高くなっている[50][51]。ただし、左投手に対しても.260以上の打率をマークしている (15年[50]、16年[51])。

得点圏では、メジャーデビューした2013年は.248だったが[48]、2014年に.281まで上げると[49]、2015年と2016年は.350を超えている[50][52]

2014年のシーズン中に内角球への対応力が向上している[49]。また、引っ張りの傾向が極めて強く、ホームランで見ると逆方向へは14年と15年が0本[49][53]・16年が2本[54]と、ほぼ全てのアーチがセンターよりも左側に飛んでいる。

守備
Colorado Rockies (44366174774).jpg

2013年から2016年までコロラド・ロッキーズ監督を務めたウォルト・ワイスからは「今まで見たことがある三塁手の中で、間違いなく一番守備がうまい」と評価された[50]。デビュー以降、2020年シーズン時点で8年連続でゴールドグラブ賞を受賞しており、三塁手としてはMLB史上3人目、8年連続での受賞はロッキーズの球団記録となった。

家族[編集]

父はキューバ出身で、幼少期にスペインを経てアメリカに渡り家庭を築いた。母方の祖父母はプエルトリコ出身で、「僕の野球への愛とプレースタイルは、ラテンの側面を持つ両親のおかげ」と語っている[55]

2019年までサンフランシスコ・ジャイアンツ傘下に所属していたジョナ・アレナド[56]は4歳下の弟である。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2013 COL 133 514 486 49 130 29 4 10 197 52 2 0 2 2 22 1 1 72 16 .267 .301 .405 .707
2014 111 467 432 58 124 34 2 18 216 61 2 1 1 5 25 1 4 58 13 .287 .328 .500 .828
2015 157 665 616 97 177 43 4 42 354 130 2 5 0 11 34 13 4 110 17 .287 .323 .575 .898
2016 160 696 618 116 182 35 6 41 352 133 2 3 0 8 68 10 2 103 17 .294 .362 .570 .932
2017 159 680 606 100 187 43 7 37 355 130 3 2 1 6 62 9 4 106 21 .309 .373 .586 .959
2018 156 672 590 104 175 38 2 38 331 110 2 2 1 6 73 10 3 122 16 .297 .374 .561 .935
2019 155 662 588 102 185 31 2 41 343 118 3 2 0 8 62 11 4 93 14 .315 .379 .583 .962
2020 48 201 182 23 46 9 0 8 79 26 0 0 0 4 15 3 0 20 7 .253 .303 .434 .738
MLB:8年 1079 4558 4118 649 1206 262 27 235 2227 760 16 15 5 50 362 58 22 684 121 .293 .349 .541 .890
  • 2020年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績[編集]



三塁(3B)












2013 COL 130 91 309 11 27 .973
2014 111 69 280 15 31 .959
2015 157 105 385 17 42 .966
2016 160 99 378 13 39 .973
2017 157 103 311 9 39 .979
2018 152 104 312 14 44 .967
2019 154 111 337 9 43 .980
2020 48 43 117 3 19 .982
MLB 1069 725 2429 91 284 .972
  • 2020年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 各年度の太字年ゴールドグラブ賞受賞

獲得タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

MiLB
MLB

背番号[編集]

  • 28(2013年 - )

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Nolan Arenado Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2021年3月4日閲覧。
  2. ^ Rockies Players Weekend nicknames explained MLB.com (英語) (2017年8月24日) 2017年9月19日閲覧
  3. ^ John Altavilla (2017年5月11日). “Yard Goats' Josh Fuentes Has All-Star Bloodlines (Cousin Is Nolan Arenado)” (英語). Hartford Courant. 2019年6月29日閲覧。
  4. ^ 友成那智、村上雅則『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2019』廣済堂出版、2019年、430頁。ISBN 978-4-331-52217-2。
  5. ^ Romine, Arenado living the dream” (英語). Daily News (New York) (2013年3月9日). 2013年12月15日閲覧。
  6. ^ THE TIMES' HIGH SCHOOL ALL-STAR TEAMS” (英語). Los Angels Times (2008年6月11日). 2013年12月15日閲覧。
  7. ^ The Times' All-Star team” (英語). Los Angels Times (2009年6月18日). 2013年12月15日閲覧。
  8. ^ Rockies agree to terms with 2009 first-year player draft selections brothers, Arenado, Paulsen” (英語). MLB.com (2009年7月7日). 2013年12月15日閲覧。
  9. ^ Rox land Rosario, Arenado in Futures Game” (英語). MLB.com (2011年6月23日). 2013年12月15日閲覧。
  10. ^ Arenado named Arizona Fall League MVP” (英語). MLB.com (2011年11月20日). 2013年12月15日閲覧。
  11. ^ Arenado, Cabrera to play in All-Star Futures Game” (英語). MLB.com (2012年6月21日). 2013年12月15日閲覧。
  12. ^ Prospect Arenado ready to face high expectations” (英語). MLB.com (2013年4月28日). 2013年12月15日閲覧。
  13. ^ National League Leaderboards » 2013 » Third Basemen » Fielding Statistics | FanGraphs Baseball”. www.fangraphs.com. 2021年3月4日閲覧。
  14. ^ Nolan Arenado in hunt to become first rookie gold glove 3B since 1957” (英語). The Denver Post (2013年10月28日). 2013年12月15日閲覧。
  15. ^ Rockies Place INF Nolan Arenado On 15-Day DL”. MLB.com Rockies Press Release (2014年5月24日). 2014年5月25日閲覧。
  16. ^ National League Leaderboards » 2014 » Third Basemen » Fielding Statistics | FanGraphs Baseball”. www.fangraphs.com. 2021年3月4日閲覧。
  17. ^ National League Leaderboards » 2015 » Third Basemen » Fielding Statistics | FanGraphs Baseball”. www.fangraphs.com. 2021年3月4日閲覧。
  18. ^ National League Leaderboards » 2016 » Third Basemen » Fielding Statistics | FanGraphs Baseball”. www.fangraphs.com. 2021年3月4日閲覧。
  19. ^ Arenado to play for US in 2017 Classic MLB.com (英語) (2016年11月13日) 2016年12月15日閲覧
  20. ^ 24 All-Stars among initial confirmed players for 2017 World Baseball Classic MLB.com Press Release (英語) (2016年12月5日) 2016年12月15日閲覧
  21. ^ American Beauty: USA dominates PR in final World Baseball Classic (英語) (2017年3月22日) 2017年3月23日閲覧
  22. ^ 'Cycle for the ages!' Rockies, Nolan rollin' MLB.com (英語) (2017年6月19日) 2017年6月25日閲覧
  23. ^ National League Leaderboards » 2017 » Third Basemen » Fielding Statistics | FanGraphs Baseball”. www.fangraphs.com. 2021年3月4日閲覧。
  24. ^ 乱闘劇でアレナドら5選手が退場、ロッキーズ勝利日刊スポーツ 2018年4月12日(2018年4月14日閲覧)
  25. ^ 乱闘のアレナドとペルドモ、5試合の出場停止処分日刊スポーツ 2018年4月14日(2018年4月15日閲覧)
  26. ^ Arenado, Story's milestone moonshots spur Rox MLB.com(英語) (2018年9月13日) 2018年9月13日閲覧
  27. ^ 大混戦のナ・リーグは全日程終了も決着つかず 史上初のタイブレーク2試合同時開催へ Yahoo!Japanニュース (2018年10月1日) 2018年10月1日閲覧
  28. ^ National League Leaderboards » 2018 » Third Basemen » Fielding Statistics | FanGraphs Baseball”. www.fangraphs.com. 2021年3月4日閲覧。
  29. ^ Rockies Avoid Arbitration With Nolan Arenado” (英語). MLB Trade Rumors. 2019年2月1日閲覧。
  30. ^ Arenado, Rox finalize record extension” (英語). MLB.com. 2021年3月6日閲覧。
  31. ^ Dave Sheinin. “Nolan Arenado chooses long-term extension with Rockies over free agency next winter” (英語). Washington Post. https://www.washingtonpost.com/sports/2019/02/26/nolan-arenado-chooses-long-term-extension-with-rockies-over-free-agency-next-winter/ 2021年3月6日閲覧。 
  32. ^ Nolan celebrates 28 with homer in 3rd straight” (英語). MLB.com. 2021年3月6日閲覧。
  33. ^ Nolan homers for 1K, then ends game” (英語). MLB.com. 2021年3月6日閲覧。
  34. ^ Arenado launches 200th career homer” (英語). MLB.com. 2021年3月6日閲覧。
  35. ^ Arenado Stays Hot, Records Fifth Straight 100 RBI Season CBS Denver(英語) (2019年8月26日) 2019年8月26日閲覧
  36. ^ National League Leaderboards » 2019 » Third Basemen » Fielding Statistics | FanGraphs Baseball”. www.fangraphs.com. 2021年3月4日閲覧。
  37. ^ Arenado: 'Disconnect' with Rockies management” (英語). ESPN.com (2020年2月15日). 2021年3月4日閲覧。
  38. ^ Apstein, Stephanie. “Nolan Arenado Willing to Move Past Issues With Rockies” (英語). Sports Illustrated. 2021年3月4日閲覧。
  39. ^ National League Leaderboards » 2020 » Third Basemen » Fielding Statistics | FanGraphs Baseball”. www.fangraphs.com. 2021年3月4日閲覧。
  40. ^ a b Arenado earns 8th straight NL Gold Glove” (英語). MLB.com. 2021年3月4日閲覧。
  41. ^ Cards acquire star 3B Arenado from Rockies” (英語). MLB.com. 2021年2月2日閲覧。
  42. ^ LaRue, John (2021年2月5日). “The Arithmetic of the Arenado Trade” (英語). Viva El Birdos. 2021年3月4日閲覧。
  43. ^ It's done! What Arenado brings to Cardinals” (英語). MLB.com. 2021年3月4日閲覧。
  44. ^ TOM GATTO. “Nolan Arenado trade grades: Cardinals snag a star; Rockies bungle move” (英語). www.sportingnews.com. 2021年3月4日閲覧。
  45. ^ Arenado hopes to be a Card 'for a long time'” (英語). MLB.com. 2021年3月4日閲覧。
  46. ^ Arenado debuts to cheers; Flaherty shaky” (英語). MLB.com. 2021年3月4日閲覧。
  47. ^ Zachary Silver (2021年4月2日). “Cardinals come out clobbering in Cincy” (英語). MLB.com. 2021年4月13日閲覧。
  48. ^ a b 友成那智、村上雅則『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2014』廣済堂出版、2014年、474頁。ISBN 978-4-331-51809-0。
  49. ^ a b c d 友成那智、村上雅則『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2015』廣済堂出版、2015年、460頁。ISBN 978-4-331-51921-9。
  50. ^ a b c d 友成那智、村上雅則『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2016』廣済堂出版、2016年、471頁。ISBN 978-4-331-52002-4。
  51. ^ a b Nolan Arenado 2016 Batting Splits - Platoon Splits - Baseball-Reference.com (英語) . 2016年11月17日閲覧。
  52. ^ Nolan Arenado 2016 Batting Splits - Bases Occupied - Baseball-Reference.com (英語) . 2016年11月17日閲覧。
  53. ^ Nolan Arenado 2015 Batting Splits - Hit Location - Baseball-Reference.com (英語) . 2016年11月17日閲覧。
  54. ^ Nolan Arenado 2016 Batting Splits - Hit Location - Baseball-Reference.com (英語) . 2016年11月17日閲覧。
  55. ^ 友成那智、村上雅則『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2016』廣済堂出版、2016年、471頁。ISBN 978-4-331-52002-4。
  56. ^ Jonah Arenado Minor Leagues Statistics & History” (英語). Baseball-Reference.com. 2019年2月1日閲覧。
  57. ^ Arenado earns 8th straight NL Gold Glove” (英語). MLB.com. 2021年3月4日閲覧。

関連項目[編集]