ノーンプラードゥック駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ノーンプラードゥック駅(ノーンプラードゥックえき、タイ語:สถานีรถไฟชุมทางหนองปลาดุก)は、タイ王国中部ラーチャブリー県バーンポーン郡にある、タイ国有鉄道南本線である。

ノーンプラードゥック駅
駅構内より見たノーンプラードゥック駅
駅構内より見たノーンプラードゥック駅
ชุมทางหนองปลาดุก
Nong Pla Duk Junction
所在地 タイ王国の旗 タイ王国
ラーチャブリー県
バーンポーン郡
駅番号 4020
所属事業者 タイ国有鉄道
等級 三等駅
電報略号 ปด.
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1903年6月19日
乗入路線 3 路線
所属路線 南本線
キロ程 64.19km(旧トンブリー駅起点)
コーンバンタン (5.22km)
(4.03km) バーンポーン
所属路線 スパンブリー支線
キロ程 0.00km(ノーンプラードゥック駅起点)
(7.41km) ヤーンパサート
所属路線 ナムトック支線
キロ程 0.00km(ノーンプラードゥック駅起点)
(3.71km) タノンソンポーン
テンプレートを表示
ノーンプラードゥック駅に設立された泰緬鉄道建設の石碑

概要[編集]

ノーンプラードゥック駅は、タイ王国中部ラーチャブリー県の人口17万人が暮らすバーンポーン郡にある、タイ国有鉄道南本線である。当駅は、タイ国鉄鉄道駅の中で3路線が乗り入れている唯一の駅である(貨物線が乗り入れているケンコーイ駅、及びバンコク都内都市交通駅を除く)であるが、当駅乗り入れ列車は8往復の普通列車のみである(特急、急行、快速は停車しない)。なお、ノーンプラードゥックとはタイ語で「鯰(ナマズ)沼」の意味である。

歴史[編集]

1903年6月19日、当駅を含むタイ国鉄南本線第一期区間トンブリー - ペッチャブリー駅間が開通[1]

第二次世界大戦大日本帝国陸軍による泰緬鉄道の建設が、1942年6月より開始され、1943年10月に全通した[2]。戦後タイ政府が連合軍より購入し、整備の上再開された[3]

当駅開設より60年後の1963年6月16日に、3番目の路線であるスパンブリー線が開設された。その後当線のスパンブリー駅より、北本線バンパワイ駅(クルンテープ駅より127.44km地点)までの接続計画もあったが、実現せずに今日に至っている[4]

  • 1903年6月19日 【開業】旧トンブリー駅 - ペッチャブリー駅 (150.49km)
  • 1949年6月24日 【開業】ノーンプラードゥック分岐駅 - カーンチャナブリー駅 (52.85km)
  • 1963年6月16日 【開業】ノーンプラードゥック分岐駅 - スパンブリー駅 (77.41km)

駅構造[編集]

単式及び島式1面の複合型ホーム2面2線をもつ地上駅であり、駅舎はホームに面している[5]

駅周辺の施設等[編集]

民家以外何もない。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『王国の鉄路 タイ鉄道の歴史』 p.29
  2. ^ 『王国の鉄路 タイ鉄道の歴史』 p.155 - p.156
  3. ^ 『王国の鉄路 タイ鉄道の歴史』 p.196 - p.197
  4. ^ 『タイ鉄道旅行』 p.286
  5. ^ 『タイ国鉄4000キロの旅』 p.230

参考文献[編集]

  • 岡本和之 『タイ鉄道旅行』 (めこん、1993年)ISBN 4-8396-0080-5
  • 杉本聖一 『魅惑のタイ鉄道』 (玉川新聞社、2000年)ISBN 4-924882-29-1
  • 柿崎一郎 『王国の鉄路 タイ鉄道の歴史』 (京都大学学術出版会、2010年)ISBN 978-4-87698-848-8
  • 渡邉乙弘 『タイ国鉄4000キロの旅』 (文芸社、2013年)ISBN 978-4-286-13041-5

関連項目[編集]