ハイ!SPEEDで行こう!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ハイ!SPEEDで行こう!
ジャンル トークバラエティ
放送方式 録音
放送期間 1996年10月13日〜2000年3月31日
放送時間 当該項参照
放送局 ニッポン放送
パーソナリティ SPEED
テンプレートを表示

ハイ!SPEEDで行こう!』(ハイ スピードでいこう)は、ニッポン放送1996年10月13日から2000年3月31日まで放送されていたラジオ番組パーソナリティ歌手SPEED

放送時間[編集]

パーソナリティ[編集]

番組変遷[編集]

番組開始当初は「古田新太と犬山犬子のサンデーおちゃめナイト」内で日曜21:15〜21:45頃(のち、日曜21:50〜22:20頃へ)の放送であったが(ワイド番組の中で放送されたため、放送時間に若干のずれがあった。なお、1997年10月からの半年間はおちゃめナイトが終了したため、独立した番組で放送。)、1998年4月から「ゲルゲットショッキングセンター」の中で月曜〜木曜まで22:30頃から10分間の帯番組となった。1999年3月に「ゲルゲット-」が終了した後は、同年4月からスタートしたニッポン放送の深夜帯レーベルLF+R内の番組として2000年3月の番組終了まで月曜日から金曜21:50〜22:00に放送された。

1999年4月以降は月〜木は1つのテーマに沿った企画が放送され、毎週金曜はメンバーが週代わりで1人で番組を担当するスタイル(フリートーク)となった。また、番組の内容をまとめたも発売されている。

もともとこの番組は原則関東ローカルで、一部ネットの放送だったが、1999年10月の解散発表以降、ネット局が急遽増えたことは有名。『あなたの卒業式をプロデュース』が関係していた模様。

番組終了後も島袋寛子ソロとしてレギュラー番組hiro素顔でMelody Fair」をニッポン放送で2000年4月から2003年3月まで放送した。

その他、ニッポン放送では期間限定復活期間中の2003年11月28日に「SPEEDのオールナイトニッポン」が放送された。現役時代は年齢制限の関係で生放送は難しかったが、この時は生で放送された。(所用で上原は録音で参加)

また放送終了から10年後の2010年4月11日には、この番組の特番として「ハイ!SPEEDでもっかい行ってみよう!」が一夜限りで放送された。

関連書籍[編集]

  • 「ハイ!SPEEDで行こう!」(2000年2月、ニッポン放送プロジェクト)ISBN 4-59-402851-9

関連項目[編集]

ニッポン放送 日曜日22:00〜22:30枠
前番組 番組名 次番組
-
ハイ!SPEEDで行こう!