ハイスタンダード HDM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
High Standard HDM
種類 消音自動拳銃
原開発国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
運用史
配備期間 1942年 - 1951年
配備先 OSS, 特殊任務部隊, CIA
関連戦争・紛争 第二次世界大戦, 冷戦, 湾岸戦争, ベトナム戦争
開発史
製造業者 ハイスタンダード
諸元
重量 47 oz (1,300 g), 銃のみ
全長 13.815インチ (351 mm)
消音器長 × 直径 = 7.75 in (197 mm) by 1 in (25 mm)
銃身 6.75 in (171 mm)
全高 5 in (127 mm)

弾丸 .22ロングライフル弾
作動方式 ブローバック
発射速度 セミオート
初速 1,080 ft/s (329 m/s)
装填方式 10連発単列着脱式箱型弾倉
テンプレートを表示

ハイスタンダード HDM(High Standard HDM)は、アメリカ合衆国で開発された一体型消音器を備える自動拳銃である[1]ハイスタンダード社製のモデルHDピストルを原型とする。第二次世界大戦中、秘密活動部局である戦略情報局(OSS)が採用した。法的な懸念のため、この銃で使うことを想定したフルメタルジャケットの.22ロングライフル弾が開発された。単にOSSピストル(OSS Pistol)とも呼ばれた。

第二次世界大戦後も中央情報局(CIA)やアメリカ海兵隊、その他特殊部隊など、アメリカの政府組織によって使用された例が知られている[2] [3]。また、ロッキードU-2の乗員にも支給されていた[4]

概要[編集]

最初にハイスタンダード製消音ピストルを採用したのは、イギリス特殊作戦執行部(SOE)であった。1939年に第二次世界大戦が勃発した直後、イギリスはハイスタンダードのモデルBをレンドリース契約のもとで購入し、1942年には銃身を覆う一体型消音器を備えた消音ピストルへの改造を行わせている。一方、アメリカでも陸軍省が1942年からハイスタンダード製ピストル各モデルの調達を進めた。ハイスタンダードではこの需要を満たすべく、生産効率の高い製品としてモデルHDを開発した。1943年、OSSはSOEと同等の消音ピストルの開発を要請し、これを受けて開発されたのがモデルHD M/Sである。M/Sは軍用・消音(Military/Silenced)を意味する。消音器はベル研究所によって設計された。消音ピストルは「衝撃試験機材」(Impact Testing Machines)なる秘匿名称のもと、秘密裏に製造が行われた[5]

標準的なハイスタンダード製ピストルとは異なり、銃の動作音を抑えるためにスライドロック機能が設けられている。銃身には4列8個のガス抜き穴があり、燃焼ガスはここから消音器内の亜鉛メッキ青銅製メッシュヒートシンクがある空間に逃れる。消音器の銃口側にはもう1つ空間があり、銃口からのガスを捉える真鍮/青銅のワイヤースクリーンが詰められていた。OSSエージェントらはしばしばこの2つ目の空間に水やシェービングクリームなどの液体を満たし、銃口をテープで塞ぐことで消音効果を高めた。射撃時に発する音は20デシベル程度で、ほとんど銃の機械的な動作音のみであった。メッシュおよびワイヤースクリーンは、交換までに最大で200発の射撃に耐えることができた。OSSでは、最大の消音効果を得るには対象に銃口を密着される必要があるとしていたが、同時に有効射程は50フィートとも教育されていた[5]

市販されている.22ロングライフル弾(.22LR弾)は、被覆されていない鉛の弾頭を備えており、戦闘に用いる場合はハーグ陸戦条約に抵触する可能性があった。そのため、フルメタルジャケットの.22LR弾が開発され、市販弾薬の使用は禁止された。ただし、実際にはOSSやSOEのエージェントの間でこの方針の徹底はされていなかった[5]

伝えられるところによれば、ウィリアム・ドノバンOSS長官は、砂袋とHDMを大統領執務室に持ち込み、職務中だったフランクリン・ルーズベルト大統領や執務室前の警備員に気づかれることなく10発の射撃を行い、穴の空いた砂袋と空の弾倉を見せて何があったのかを伝え、これを以て大統領へのデモンストレーションとしたという。ルーズベルトはHDMを非常に気に入り、OSS側から秘密兵器であることを伝えられるまでハイドパークの自宅に展示していた[6]

OSSでは、西ヨーロッパ、北アフリカ、極東、太平洋などの戦線にてHDMを使用した[5]。第二次世界大戦後にOSSの後身として設立された中央情報局(CIA)でも、HDMは引き続き使用された。ベトナム戦争の際には制式装備ではなかったものの、CIAのエージェントや契約者、あるいはCIAが関与する秘密工作任務に従事する米軍人らに支給された。陸軍特殊部隊群にもHDMの一部が引き渡されていたと言われている[7]

Arms Tech Limited英語版では、HDMのレプリカを製造している[2]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Hi-Standard HDM silenced”. Modern Firearms. 2014年3月12日閲覧。
  2. ^ a b Arms Tech Limited OSS Hi Standard”. Shooting Illustrated. 2019年12月26日閲覧。
  3. ^ Strong Men Armed - The Marine Corps 1st Force Reconnaissance Company: Part III - Weapons and Equipment”. Forcerecon.com. 2014年3月12日閲覧。
  4. ^ Powers, Francis (1960). Operation Overflight: A Memoir of the U-2 Incident. Potomac Books, Inc.. p. 31. ISBN 9781574884227. 
  5. ^ a b c d High Standard (Hi-Standard) Suppressed Pistols”. Historical Firearms. 2019年12月26日閲覧。
  6. ^ High Standard Guns of World War II”. SmallArmsReview.com. 2019年12月26日閲覧。
  7. ^ HDMS Silenced .22 Pistols in Vietnam”. SmallArmsReview.com. 2019年12月26日閲覧。