ハイデルベルク大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ハイデルベルク大学 (Ruprecht-Karls-Universität Heidelberg) は、1386年プファルツ選帝侯ループレヒト1世によって創立されたドイツでは最古の大学。正式名称は、ループレヒト・カールス大学ハイデルベルク。バーデン=ヴュルテンベルク州ハイデルベルク市にある。ベルリン大学などと並びドイツ有数の世界的な大学である。

人文科学では、著名な教授が数多くここで教鞭をとった。哲学史家のクノー・フィッシャーヴィルヘルム・ヴィンデルバント、哲学のゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル、社会学のマックス・ヴェーバー、文芸学のフリードリヒ・グンドルフ、社会哲学のユルゲン・ハーバーマス、精神病理学からのち哲学に転じたカール・ヤスパースなど。東京都武蔵野市にある日本基督教団・吉祥寺教会の牧師であり、また東京神学大学の教授も務めた竹森満佐一は、かつて日本人として初めてこの大学の客員教授を務めた。1990年代以降、オーストラリア・ラトローブ大学の社会学者・杉本良夫が数回にわたって客員教授として招聘されている。

町自体が著名な観光地でもあり、「赤い雄牛」亭、学生寮などがある。

学部

  • 神学部
  • 法学部
  • 医学部
  • 薬学部
  • 哲学部
  • 近代語学部
  • 経済・社会科学部
  • 行動科学・経験科学部
  • 数学・コンピューターサイエンス部
  • 化学・地球科学部
  • 物理・天文学部
  • 生物科学部

卒業生

ウィキメディア・コモンズ

今日は何の日(5月25日

もっと見る

「ハイデルベルク大学」のQ&A