ハイドラ (クトゥルフ神話)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

ハイドラ(Hydra)は、クトゥルフ神話に登場する架空ヒュドラと表記されることもある。

概要[編集]

ダゴンと共に父なるダゴンと母なるヒュドラと称される存在で、その呼び名の通りダゴンの妻とされる。旧支配者であるクトゥルフに仕える神で、眷属である深きものどもを率いている。

外見は伴侶たるダゴンと酷似し、身長6メートル以上、よどんだ両目は突出し、分厚くたるんだ唇と水かきのついた手足を持つ2足歩行をする魚人と言われる。深きものどもの姿と酷似しており、ダゴンやハイドラを小型化し、人間大にしたものが、深きものどもだと言える。

外なる神の一柱で、アザトースに仕える小神であるヒュドラ(Hydra)と同名であるが、全く別の存在である。

出典[編集]