ハイネ-アバレンコフの擬ポテンシャル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ハイネ-アバレンコフの擬ポテンシャル(ハイネ-アバレンコフのぎポテンシャル、Heine-Abarenkov pseudopotential)は、アシュクロフトの擬ポテンシャルと異なり、切断半径rcの内側を、非局所項で記述する。その非局所項は、実際の実験によって得られる原子のエネルギー準位に合うように決められる。この意味でこれは経験的な擬ポテンシャルである。

関連項目[編集]