ハイヤングKYOTO (第一期)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

本項では、かつてKBS京都で放送されていた深夜ラジオ番組ハイヤングKYOTO」の内、1981年(昭和56年) - 1987年(昭和62年)に放送されたものを第一期として記述していく。

概要[編集]

1981年(昭和56年)4月にハイヤング11の後番組として開始。放送時間は毎日22:00 - 25:00。

このハイヤンにおいては、関西以外の地を活動拠点とする芸能人を本社スタジオに呼び寄せてパーソナリティに起用すると言う冒険も試みていた。名古屋在住のつボイノリオ首都圏在住のおすぎピーコ北海道在住のみのや雅彦が代表的な例である。

パーソナリティのフリートークや、コーナーごとにテーマを決めてリスナーから募集したお便りの紹介が、主要な位置を占める。ただし、つボイノリオ担当の水曜日が自身が出した曲以外は音楽を極力排除してトークに徹する一方で、若宮てい子担当の金曜日は洋楽を全面に押し出すなど、曜日毎の路線の違いはあった。

1985年(昭和60年)10月からは金曜・土曜については22:00 - 24:00までを「パート1」、24:00 - 25:00までを「パート2」と題して2部制を採用。土曜日の「パート2」にはかつて「日本列島ズバリリクエスト」でパーソナリティーを担当していたやしきたかじんを抜擢。

1987年(昭和62年)3月終了。後番組はフリーキャンパスKYOTO

2011年(平成23年)12月23日に同局60周年記念の特番として「復活!!つボイノリオのハイヤングKYOTO」を夜9時から放送した(ustreamでも同時配信)[1]

パーソナリティ[編集]

「ハイヤングKYOTO」歴代のパーソナリティ
期間 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
前半 後半
1981.04 1982.03 おすぎとピーコ 桂文珍
こせん
つボイノリオ ザ・ぼんち 若宮てい子 鈴置雄三 立原啓裕
1982.04 1983.03 島田紳助 鈴置雄三
1983.04 1984.09 寺島まゆみ 宇佐元恭一
1984.10 1985.09 村田和人 みのや雅彦
1985.10 1986.03 越前屋俵太 島田紳助 やしきたかじん
1986.04 1986.10 グーフィ森 森脇健児
1986.11 1987.03 ゲスト

月曜日[編集]

火曜日[編集]

  • 1981年4月 - 1987年3月:桂文珍、こせん
文珍は前身番組の「日本列島ズバリリクエスト」→「ハイヤング11」から引き続き担当(1977年4月〜)、後継番組の「フリーキャンパスKYOTO」も続投。

水曜日[編集]

木曜日[編集]

金曜日[編集]

前身番組「ハイヤング11」より引き続き担当。
  • 1985年10月 - 1987年3月:越前屋俵太(パート1〔前半〕/パート2〔後半〕通しで担当)

土曜日[編集]

  • 1981年4月 - 1982年3月:鈴置雄三
  • 1982年4月 - 1985年9月:島田紳助
  • 1985年10月 - 1986年10月:島田紳助(パート1〔前半〕担当)/やしきたかじん(パート2〔後半〕担当)
  • 1986年11月 - 1987年3月:ゲストパーソナリティー〔上岡龍太郎オール巨人ほか〕(パート1)/やしきたかじん(パート2)

日曜日[編集]

後継番組「フリーキャンパスKYOTO」も続投。
KBS京都 月〜日曜22:00〜25:00
前番組 番組名 次番組
ハイヤング11

※〜1979年9月:月〜土曜23:00-24:30


1979年10月〜:月〜土曜23:00-25:00
ハイヤングKYOTO (第一期)

脚注[編集]