ハイライズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ハイライズ
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1995年5月3日
High Estate
High Tern
生国 アイルランドの旗 アイルランド
生産 Sheikh Mohammed
Obaid Al Maktoum
馬主 Sheikh Mohammed
Obaid Al Maktoum
調教師 Luca M Cumani(イギリス)
Saeed bin Suroor (UAE)
→Kiaran McLaughlin(アメリカ)
競走成績
生涯成績 13戦5勝
テンプレートを表示

ハイライズ (High-Rise) はイギリス(のちにアメリカ合衆国)の元競走馬、現種牡馬1998年ダービーステークスに優勝するなど活躍し、1999年には日本ジャパンカップに出走して3着と健闘している。現役時代の終わり頃にはアメリカ合衆国に移籍した。

現役時代[編集]

2歳・3歳時代[編集]

2歳になった1997年11月のデビュー戦を勝利で飾るが、その後2歳ではレースに出走せず、3歳になった1998年4月に2戦目を迎える。ここで危なげなく勝つと、次走のダービートライアルステークスも勝利し、ダービーステークスに駒を進める。レースでは、シティオーナズをクビ差しのいで優勝し、無敗でダービー制覇となった。その後、キングジョージ6世&クイーンエリザベスダイヤモンドステークスに出走し、スウェインの2着と善戦。しかし、凱旋門賞ではサガミックスの7着と大敗する。

古馬時代[編集]

1999年、開けて4歳になったハイライズはドバイワールドカップ出走も8着と大敗する。立て直しを図るため準重賞に出走するも2着。チャンピオンステークスでは6着と、勝ちきれないレースが続いた。その後、ジャパンカップに出走し、抜け出したスペシャルウィークはとらえ切れず3着となるものの、その年の凱旋門賞馬のモンジューには先着した。

翌2000年も現役続行。ドバイでの一般競走に出走し、ダービー以来の勝利を収める。しかし、ドバイシーマクラシックではファンタスティックライトの3着となる。その後、アメリカに移籍する(アメリカの芝路線は、欧州で競走成績が今一つだった馬が多く走っている)が、マンハッタンハンデキャップで8着と大敗し、そのまま引退して種牡馬入りした。

競走成績[編集]

出走日 競馬場 競走名 距離 着順 騎手 着差 1着(2着)馬
1997.11.07 ドンカスター 未勝利S 芝7f 1着 R.フレンチ 短頭 (Volontiers)
1998.04.21 ポンテフラクト バタークロスS 芝10f 1着 J.ウィーバー 3馬身1/2 (Generous Lobra)
1998.05.09 リングフィールド ダービートライアルS G3 芝11f 1着 L.デットーリ クビ (Sadian)
1998.06.06 エプソム ダービーステークス G1 芝12f10y 1着 O.ペリエ アタマ (City Honours)
1998.07.25 アスコット KGVI&QEDS G1 芝12f 2着 O.ペリエ 1馬身 Swain
1998.10.04 ロンシャン 凱旋門賞 G1 芝2,400m 7着 M.キネーン 3馬身1/4 Sagamix
1999.03.28 ナドアルシバ ドバイワールドC G1 D2000m 8着 L.デットーリ 大差 Almutawakel
1999.09.19 ニューベリー アークトライアル 準重賞 芝11f 2着 O.ペリエ 3/4馬身 Fantastic Light
1999.10.16 ニューマーケット チャンピオンS G1 芝10f 6着 O.ペリエ 2馬身1/2 Alborada
1999.11.28 東京 ジャパンC G1 芝2,400m 3着 L.デットーリ 0.2秒 スペシャルウィーク
2000.02.24 ナドアルシバ ドバイシティオブゴールド 芝2,400m 1着 L.デットーリ 2馬身1/2 (Breathtaking)
2000.03.25 ナドアルシバ ドバイシーマクラシック G3 芝2,400m 3着 L.デットーリ 5馬身 Fantastic Light
2000.06.10 ベルモントパーク マンハッタンH GI 芝10f 8着 J.R.ヴェラスケス 19馬身 Manndar

評価[編集]

1998年国際クラシフィケーションにおいて、クラシックディスタンスでの世代最高値である127ポンドの評価を獲得した。しかしながら、この評価はクラシックディスタンスでの世代最高値としては史上最低のレートであり[1]、"A Century of Champions" においても「ハイライズは下位のダービー馬であった」と評価されている。

血統表[編集]

ハイライズ血統ミルリーフ系 / アウトブリード (血統表の出典)

*High Estate
1986 鹿毛
父の父
Shirley heights
1975 鹿毛
Mill Reef Never Bend
Milan Mill
Hardiemma *Hardicanute
Grand Cross
父の母
Regal Beauty
1981 黒鹿毛
Princely Native Raise a Native
Charlo
Dennis Belle Crafty Admiral
Evasion

High Tern
1982 芦毛
High Line
1966 栗毛
*High Hat Hyperion
Madonna
Time Call Chanteur
Aleria
母の母
Sunbittern
1970 芦毛
*Sea Hawk II Herbager
Sea Nymph
Pantoufle *Panaslipper
Etoile de France F-No.9-e


脚注[編集]

  1. ^ 全部門での世代最高値はデザートプリンスの128ポンド。こちらも世代最高値としては史上最低の評価であった。