ハイリー・ストラング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ハイリー・ストラング
スティーヴ・ハケットスタジオ・アルバム
リリース
録音 1982年2月(#2)[1]
1982年5月(#1, #3, #4)[1]
1982年8月(#7)[1]
1982年10月 - 11月(#5, #6, #8, #9)[1]
ジャンル プログレッシブ・ロックポップ・ロック
レーベル カリスマ・レコード
プロデュース スティーヴ・ハケット、ジョン・アコック
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 16位(イギリス[2]
  • スティーヴ・ハケット アルバム 年表
    キュアード
    (1981年)
    ハイリー・ストラング
    (1983年)
    ベイ・オブ・キングス
    (1983年)
    テンプレートを表示

    ハイリー・ストラング[注釈 1]』(Highly Strung)は、イギリスギタリストスティーヴ・ハケット1983年に発表した6作目のスタジオ・アルバム。ハケットは本作を最後に、カリスマ・レコードを離れた[3]

    背景[編集]

    前作『キュアード』(1981年)に引き続き、ハケット自身が全ボーカル・パートを担当した[3]。後にマリリオンのドラマーとなるイアン・モズレイが参加している[4]

    反響・評価[編集]

    本作からの先行シングル「セル151」は、ハケット初の全英シングルチャート入りを果たし、最高66位を記録した[5]。そして、本作は3週にわたり全英アルバムチャートでトップ100入りして、最高16位となった[2]

    ロビン・プラッツはオールミュージックにおいて5点満点中4点を付け「"Cell 151"は、ゲート・リバーブ(以前ハケットのバンド・メイトであったフィル・コリンズが開拓したエフェクト)を深くかけたドラム・サウンドにより、パンチの効いたモダンな音作りとなった。アルバム全体において、こうした音作りのスタイルが貫かれているが、ハケットの曲を極めて効果的に補完している」「『ハイリー・ストラング』は、奏者/作曲家の両面におけるハケットの手腕の良い例である」と評している[3]

    リイシュー[編集]

    2007年のリマスターCDで追加されたボーナス・トラックのうち「ギター・ブギ」は、ハケットがライブのアンコールで頻繁に演奏していた曲のスタジオ録音ヴァージョンで、ジョン・ハケット(ギター)とチャス・クロンク(ベース)も参加している[6]。また、「セル151」は12インチ・シングルのヴァージョンに差し替えられた[6]

    収録曲[編集]

    特記なき楽曲はスティーヴ・ハケット作。3. 7. 9.及びボーナス・トラックの10. 12.はインストゥルメンタル[7]。各曲の収録時間は2007年リマスターCDに基づき、オリジナルLPの「セル151」の収録時間は3分30秒だった[1]

    1. カミノ・ロイアール - "Camino Royale" (Steve Hackett, Nick Magnus) - 5:27
    2. セル151 - "Cell 151" - 6:25
    3. オールウェイズ・サムホェア・エルス - "Always Somewhere Else" - 4:01
    4. ウォーキング・スルー・ウォールズ - "Walking Through Walls" - 3:48
    5. ギヴ・イット・アウェイ - "Give It Away" - 4:07
    6. ウエイトレス - "Weightless" - 3:31
    7. グループ・セラピー - "Group Therapy" - 5:47
    8. インディア・ラバー・マン - "India Rubber Man" - 2:31
    9. ハケット・トゥ・ピーセス - "Hackett to Pieces" (S. Hackett, N. Magnus) - 2:39

    2007年リマスターCDボーナス・トラック[編集]

    1. ギター・ブギ - "Guitar Boogie" (Chuck Berry) - 2:11
    2. ウォーキング・スルー・ウォールズ(12インチ・ヴァージョン) - "Walking Through Walls (12" Version)" - 5:55
    3. タイム・ラプス・アット・ミルトン・ケインズ - "Time Lapse at Milton Keynes" - 3:52

    参加ミュージシャン[編集]

    脚注[編集]

    [ヘルプ]

    注釈[編集]

    1. ^ 1991年再発CD (VJCP-23035)、2007年再発CD (VJCP-68801)の帯に準拠。日本初回盤LP (25S-161)の邦題は『セル151』だった。

    出典[編集]

    1. ^ a b c d e Steve Hackett - Highly Strung (Vinyl, LP, Album) at Discogs
    2. ^ a b STEVE HACKETT | full Official Chart History | Official Charts Company - 「ALBUMS」をクリックすれば表示される。
    3. ^ a b c Platts, Robin. “Highly Strung - Steve Hackett”. AllMusic. 2018年1月5日閲覧。
    4. ^ Steve Hackett Re-Revisits Genesis”. Modern Drummer. 2018年1月5日閲覧。
    5. ^ STEVE HACKETT | full Official Chart History | Official Charts Company
    6. ^ a b 2007年リマスターCD (VJCP-68801)ライナーノーツ(スティーヴ・ハケット、2006年8月)
    7. ^ 2007年リマスターCD (VJCP-68801)歌詞カード