ハインツ・シュミット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ハインツ・シュミット
Heinz Schmidt
生誕 1920年4月20日
Flag of Germany (3-2 aspect ratio).svg ヴァイマル共和国
バート・ホンブルク・フォア・デア・ヘーエ
死没 1943年9月5日(1943-09-05)(23歳)
Flag of the Soviet Union (1924–1955).svg ソビエト連邦南部
所属組織 War ensign of Germany (1938–1945).svg ドイツ国防軍空軍
軍歴 1938–43
最終階級 大尉
テンプレートを表示

ハインツ・シュミット(ドイツ語: Heinz Schmidt1920年4月20日 - 1943年9月5日)は、ドイツの軍人。最終階級は空軍大尉。第二次世界大戦では総出撃回数712回、総撃墜数173機を記録したエース・パイロットであり、その戦功から柏葉付騎士鉄十字章を受章した。

経歴[編集]

前半生[編集]

1920年4月20日ヴァイマル共和国バート・ホンブルク・フォア・デア・ヘーエに生まれたシュミットは、1938年11月10日ドイツ国防軍空軍へ入隊した。基礎訓練終了後の1940年7月、最終的な養成のため東部予備戦闘飛行隊第2飛行隊に配属された。

第二次世界大戦[編集]

一か月後の1940年8月12日、シュミットはドイツ空軍第52戦闘航空団(JG52)第II飛行隊第4中隊に配属された。そのときの第4中隊は、中隊長ヨハネス・シュタインホフ指揮下でバトル・オブ・ブリテンに赴いており、彼も参戦した。その後、短期間JG52第II飛行隊第5中隊の中隊長代理を務めた後、再び第4中隊へ復帰し、1941年4月1日に軍曹へ昇進した。

シュミットの部隊はバトル・オブ・ブリテンが終結するまで勝利を上げないまま、1941年6月から勃発した独ソ戦へ参戦した。しかし彼はその後すぐにソ連の爆撃機Il-4を撃墜し、初の勝利を記録した。8月12日、彼はソ連領内約70kmの地点に不時着してしまった。彼はソ連側の捕虜にとられることを避けるため、6日を費やしてソ連から逃げ、無事ドイツ本国へと帰還している。8月27日、曹長へ昇進。11月までに15機の撃墜を記録した。

シュミットの記録は、1942年に入ってから爆発的に伸びている。2月1日、少尉となった彼は約2か月間、再びJG52第II飛行隊第5中隊中隊長に就任した。8月1日に中尉へ昇進した彼は、スターリングラード上空で激しい航空戦を展開、8月23日に通算51機撃墜の戦功により騎士鉄十字章を受章した。その僅か3週間後までに彼は総撃墜数を約2倍の100機以上に増加させ、9月16日に柏葉付騎士鉄十字章も受章した[1]

しばらく部隊を離れた後、11月頃に今度はJG52第II飛行隊第6中隊へと配属された。1943年1月7日には総撃墜数125機を記録。その後、2月中旬にソ連軍によってシュミットは撃墜される。しかし、彼は十分な装備もないままに2日間かけ凍結したアゾフ海を横断し、無事帰還を果たした[2]

1943年5月25日に独ソ戦へ復帰。その後も記録を伸ばすが、9月5日に行方不明(戦闘中行方不明:MIA)となった。彼が最後に搭乗していたメッサーシュミット Bf109G6"イエロー7"は、同じ空域でともに戦闘をしていたハンガリー軍に誤って撃墜された可能性があるとされている[3]

最終的に彼は、総出撃回数712回、総撃墜数173機を記録した。死後大尉へ昇進。

叙勲[編集]

昇進記録[編集]

1939年12月1日: 一等飛行兵
1940年10月1日: 上等飛行兵
1940年12月1日: 伍長
1941年4月1日: 軍曹
1941年8月27日: 飛行兵曹長
1942年2月1日: 少尉
1942年8月1日: 中尉

注釈[編集]

  1. ^ 1943年11月1日に追贈されたとも
  2. ^ The picture posted of his id documentation at Auf Himmel zu Hause indicates the German Cross in Gold was awarded on 20 August 1942.[6]
  3. ^ According to Scherzer on 15 September 1942.[7]

脚注[編集]

  1. ^ Weal 2004 p. 84.
  2. ^ Weal 2004, pg. 99.
  3. ^ Weal 2004, p.99.
  4. ^ a b Thomas 1998, p. 269.
  5. ^ Patzwall & Scherzer 2001, p. 413.
  6. ^ Heinz Schmidt”. Auf Himmel zu Hause. 2011年8月11日閲覧。
  7. ^ a b Scherzer 2007, p. 670.
  8. ^ Fellgiebel 2000, p. 381.
  9. ^ Fellgiebel 2000, p. 61.

参考文献[編集]

  • Fellgiebel, Walther-Peer (2000) (German). Die Träger des Ritterkreuzes des Eisernen Kreuzes 1939–1945 — Die Inhaber der höchsten Auszeichnung des Zweiten Weltkrieges aller Wehrmachtteile [The Bearers of the Knight's Cross of the Iron Cross 1939–1945 — The Owners of the Highest Award of the Second World War of all Wehrmacht Branches]. Friedberg, Germany: Podzun-Pallas. ISBN 978-3-7909-0284-6. 
  • Bergström, Christer (2007). Stalingrad – The Air Battle: 1942 through January 1943. Midland Publications ISBN 1-857802-76-4
  • Bergström, Christer; Dikov, Andrey; Antipov, Vlad (2006). Black Cross, Red Star Vol 3 Eagle Editions Ltd ISBN 0-9761034-4-3
  • Obermaier, Ernst (1989) (German). Die Ritterkreuzträger der Luftwaffe Jagdflieger 1939 – 1945 [The Knight's Cross Bearers of the Luftwaffe Fighter Force 1939 – 1945]. Mainz, Germany: Verlag Dieter Hoffmann. ISBN 978-3-87341-065-7. 
  • Patzwall, Klaus D.; Scherzer, Veit (2001) (German). Das Deutsche Kreuz 1941 – 1945 Geschichte und Inhaber Band II [The German Cross 1941 – 1945 History and Recipients Volume 2]. Norderstedt, Germany: Verlag Klaus D. Patzwall. ISBN 978-3-931533-45-8. 
  • Schaulen, Fritjof (2005) (German). Eichenlaubträger 1940 – 1945 Zeitgeschichte in Farbe III Radusch – Zwernemann [Oak Leaves Bearers 1940 – 1945 Contemporary History in Color III Radusch – Zwernemann]. Selent, Germany: Pour le Mérite. ISBN 978-3-932381-22-5. 
  • Scherzer, Veit (2007) (German). Die Ritterkreuzträger 1939–1945 Die Inhaber des Ritterkreuzes des Eisernen Kreuzes 1939 von Heer, Luftwaffe, Kriegsmarine, Waffen-SS, Volkssturm sowie mit Deutschland verbündeter Streitkräfte nach den Unterlagen des Bundesarchives [The Knight's Cross Bearers 1939–1945 The Holders of the Knight's Cross of the Iron Cross 1939 by Army, Air Force, Navy, Waffen-SS, Volkssturm and Allied Forces with Germany According to the Documents of the Federal Archives]. Jena, Germany: Scherzers Miltaer-Verlag. ISBN 978-3-938845-17-2. 
  • Spick, Mike (1996). Luftwaffe Fighter Aces. New York: Ivy Books. ISBN 978-0-8041-1696-1. 
  • Thomas, Franz (1998) (German). Die Eichenlaubträger 1939–1945 Band 2: L–Z [The Oak Leaves Bearers 1939–1945 Volume 2: L–Z]. Osnabrück, Germany: Biblio-Verlag. ISBN 978-3-7648-2300-9. 
  • Weal, John (2001). Bf 109 Aces of the Russian Front. Oxford, UK: Osprey Publishing. ISBN 978-1-84176-084-1. http://books.google.com/books?id=IzJUlCpm4zMC&printsec=frontcover. 
  • Weal, John (2004). Jagdgeschwader 52: The Experten (Aviation Elite Units). Oxford, UK: Osprey Publishing. ISBN 978-1-84176-786-4.