ハインリッヒ・シュネー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ハインリッヒ・シュネー

ハインリッヒ・アルベルト・シュネーHeinrich Albert Schnee1871年2月4日 - 1949年6月23日)は、ドイツの政治家。アフリカ植民地政策の権威で、ドイツ領東アフリカの最後の総督(1912年-1918年)。リットン調査団ではドイツ代表を務めた。

1871年ノイハルデンレーベン生まれ。ドイツ領サモアドイツ語版英語版ドイツ領ニューギニアなどで働いたのち、1912年ドイツ領東アフリカの知事(総督)に就任。1924年から1933年までドイツ人民党所属の代議士にして、この間ドイツ代表委員としてリットン調査団に加わった。1949年ベルリンにて死去。

著作[編集]

  • 金森誠也 訳 『「満州国」見聞記 ~リットン調査団同行記』 講談社学術文庫、2002年、ISBN 4061595679

関連項目[編集]