ハインリッヒ・ツィレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ハインリッヒ・ツィレ
(撮影)Hugo Erfurth

ハインリッヒ・ツィレ(Rudolf Heinrich Zille、1858年1月10日 - 1929年8月9日)はドイツのイラストレーター、画家、写真家である。

略歴[編集]

ザクセン州のラーデブルクの時計職人の息子に生まれた。父親の借金のために1867年に家族とベルリンに移った。学校を出た後、ベルリンの美術学校(Königlichen Kunstschule)で版画家、挿絵画家のホーゼマン(Theodor Hosemann:1807-1875) の弟子になった。1880年から1882年の間、軍役に就いた後写真家としての活動も始めた。

風刺雑誌 『ジンプリチシムス』(Simplicissimus)や『ユーゲント』(Die Jugend) にユーモアにあふれた挿絵を作品を発表するようになっり、人気のあるイラストレーターとなった。ベルリンの一般大衆をテーマに描いた。自らを商業画家を自称していたが、伝統からの脱却・分離を標榜した芸術家グループ、「ベルリン分離派」の指導者となったマックス・リーバーマンに高く評価され、その推薦で「ベルリン分離派」の会員になった。リーバーマンの推薦で後に、ベルリン美術アカデミーの教授も務めた。

写真家としては1890年から1907年の間に600点に及ぶ、ベルリンの人々の生活を撮影した写真や、画家たちのスタジオや美術学校で撮影した写真を残し、それらは1960年代に再発見され評価された。

1929年にベルリンで亡くなった。孫によって、財団が作られ2002年にベルリンにツィレ美術館(Zille Museum)が設立された。

作品[編集]

イラスト・絵画[編集]

写真作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • Lothar Fischer: Heinrich Zille. In Selbstzeugnissen und Bilddokumenten. In: Rowohlts Monographien Band 276, Rowohlt-Taschenbuch, Reinbek bei Hamburg 1996, ISBN 3-499-50276-3
  • Matthias Flügge: Heinrich Zille: Das alte Berlin: Photographien 1890–1910, Schirmer/Mosel, München 2004; ISBN 3-8296-0138-7