ハインリヒ・フリードリヒ・フューガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ハインリヒ・フリードリヒ・フューガー
(画)Vinzenz Georg Kininger

ハインリヒ・フリードリヒ・フューガー(Heinrich Friedrich Füger、1751年12月8日 - 1818年11月5日)はドイツ新古典主義の画家である。ウィーン美術アカデミーの校長を長く務めた。

略歴[編集]

ハイルブロンで生まれた。父親は牧師で後にハイルブロンの最高位聖職者 (Senior des Evangelischen Ministeriums zu Heilbronn) となる人物あった。1764年からルートヴィヒスブルクヴュルテンベルク王国宮廷画家のニコラ・ギバル(Nicolas Guibal: 1725年 - 1784年)から絵を学んだ。1769年からライプツィヒの美術学校で、エーザー (Adam Friedrich Oeser) に学んだ後、イタリアに修行に出て、ナポリに旅し、ナポリではカゼルタ宮殿の壁画を描いた。

1774年にウィーンに移った。イギリス大使のロバート・キースがパトロンとなり、キースを通じてウィーンの王族の支援が得られるようになった。ローマ留学の奨学金が与えられ、1776年秋にローマに移り、イタリアでは新古典主義の先駆者、アントン・ラファエル・メングス(1728年 - 1779年)に強い影響を受けた。1781年から1783年の間はナポリの王室のために働いた。

ウィーン美術アカデミーの改革を進めたオーストリア宰相、アントン・カウニッツによって1783年に美術アカデミーの副校長に任命された。1791年に有名な俳優の娘で女優のアンナ・ミューラー (Anna Josefa Hortensia Müller) と結婚した。1795年に美術アカデミーの校長となった。1806年からは美術史美術館 (Kunsthistorisches Museum) の館長、ベルヴェデーレ宮殿の宮廷主任も務めた。

オーストリアの王室からの強い庇護の中、多くの王族の肖像画を描き、また戦争で功績を挙げた軍人などはヒューガーに描かれることは名誉を得ることになった。美術アカデミーでは古典派の理想に沿った教育を行い、後年それに反発する「ナザレ派」などの学生グループの離反をまねくことになった。

作品[編集]

参考文献[編集]

  • Constantin von Wurzbach: Füger, Friedrich Heinrich. In: Biographisches Lexikon des Kaiserthums Oesterreich. 5. Theil. Verlag der typogr.-literar.-artist. Anstalt (L. C. Zamarski & C. Dittmarsch.), Wien 1859, S. 1–3 (Digitalisat).
  • Karl Weiß: Füger, Heinrich. In: Allgemeine Deutsche Biographie (ADB). Band 8, Duncker & Humblot, Leipzig 1878, S. 177–179.
  • Ferdinand Laban: Heinrich Friedrich Füger, der Porträtminiaturist. Grote, Berlin 1905.
  • Carl Wilczek: Heinrich Friedrich Füger. Seine Gemälde und Zeichnungen. Selbstverlag, Wien 1925.
  • Carl Wilczek: Füger, der Klassizist und Großmaler. In: Leo Planiscig (Hrsg.): Jahrbuch der kunsthistorischen Sammlungen in Wien, Neue Folge. Band II. Wien 1928, S. 329–354.
  • Max Schefold: Füger, Heinrich Friedrich. In: Neue Deutsche Biographie (NDB). Band 5, Duncker & Humblot, Berlin 1961, ISBN 3-428-00186-9, S. 686 f. (Digitalisat).
  • Steffi Röttgen: Heinrich Friedrich Füger. In: Zbornik. Za umetnostno zgodovino Archives d'histoire de l'art, Nova Vrsta XI–XII. 1974, S. 323–333.
  • Ingeborg Schemper-Sparholz: Die Etablierung des Klassizismus in Wien. Friedrich Heinrich Füger und Franz Anton Zauner als Stipendiaten bei Alexander Trippel in Rom. In: Direktion des Schweizerischen Landesmuseums in Zürich (Hrsg.): Zeitschrift für Schweizerische Archäologie und Kunstgeschichte. Band 52, Heft 4, 1995, S. 247–270.
  • Robert Keil: Heinrich Friedrich Füger (1751–1818) – Nur wenigen ist es vergönnt das Licht der Wahrheit zu sehen. Amartis, Wien 2009 (Monografie mit Werkverzeichnis, 750 Abbildungen, davon 100 in Farbe).