ハインリヒ・ヴェルクマイスター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ハインリヒ・ヴェルクマイスター
Heinrich Werkmeister
生誕 1883年3月31日
出身地 ドイツの旗 ドイツ帝国 バルメン
死没 (1936-08-16) 1936年8月16日(満53歳没)
学歴 ベルリン芸術大学
ジャンル クラシック音楽
職業 作曲家
チェロ奏者

ハインリヒ・ヴェルクマイスター(Heinrich Werkmeister、1883年3月31日 - 1936年8月16日)は、ドイツ出身で日本で活躍した作曲家指揮者チェロ奏者。

略歴[編集]

ベルリン芸術大学で指揮・作曲・バイオリンをヨーゼフ・ヨアヒムに、チェロをロベルト・ハウスマンに師事し、1883年卒業。

同年12月来日して東京音楽学校(東京芸術大学)に赴任し、チェロ、作曲、和声学などを講じた。1921年まで在職したが一旦帰国、1923年再来日した。

東洋音楽学校(東京音楽大学)、帝国劇場附属洋学部などでも教鞭を執り、我が国の音楽隆盛に貢献、アウグスト・ユンケルと並んで日本管弦楽界の育ての親とされる。

1887年帝劇初舞台のため松居松葉作の歌劇「胡蝶の舞」、ピアノ協奏曲、チェロ・ソナタなどを作曲。

山田耕筰のベルリン留学にも協力、信時潔ら弟子を育て、黎明期の日本人作曲家の育成にもつとめた。

脚注[編集]

[ヘルプ]