ハインリヒ61世・ロイス・ツー・ケストリッツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ハインリヒ61世・ロイス・ツー・ケストリッツ
Heinrich LXI. Reuß zu Köstritz

出生 (1784-12-08) 1784年12月8日
ケストリッツ英語版
死去 (1813-08-29) 1813年8月29日(28歳没)
クルム英語版近郊
家名 ロイス=ケストリッツ家
父親 ロイス=ケストリッツ侯ハインリヒ43世
母親 ルイーゼ・ロイス・ツー・エーベルスドルフ
テンプレートを表示

ハインリヒ61世・ロイス・ツー・ケストリッツHeinrich LXI. Erbprinz Reuß zu Köstritz, 1784年12月8日 - 1813年8月29日)は、ドイツの貴族、軍人。

生涯[編集]

ロイス=ケストリッツ侯ハインリヒ43世と、ロイス=エーベルスドルフ伯ハインリヒ24世の次女ルイーゼ(1759年 - 1840年)の間の跡取り息子として生まれた。最初、オーストリア軍に騎兵大尉として仕官した。1807年にロイス家一門が加盟したライン連邦軍のうち、ロイス=ケストリッツ家に割り当てられた450名で構成される部隊の隊長となって、ナポレオンに仕えた。ハインリヒ61世はスペイン、オーストリア、オランダ、ロシアを転戦し、過酷な戦場に身を置いた。ナポレオン皇帝は彼に陸軍少将の階級を授け、「ロイス歩兵旅団(Infanteriebrigade Reuß)」旅団長の肩書も与えた。

ロシア遠征失敗後の退却の途中、ロシア軍・プロイセン軍が合流してフランス帝国軍を襲ったクルムの戦い英語版において戦死した。28歳だった。一貫してハプスブルク帝国への忠誠を保っていた弟ハインリヒ64世が父の跡継ぎとなった。

参考文献[編集]

  • Friedrich Wilhelm Trebge: Spuren im Land. Aus der Geschichte des apanagierten thüringisch-vogtländischen Adelshauses Reuß-Köstritz. 2., ergänzte Auflage. Vogtländischer Altertumsforschender Verein zu Hohenleuben, Hohenleuben 2005.
  • Thomas Gehrlein: Das Haus Reuß. Älterer und Jüngerer Linie (= Deutsche Fürstenhäuser. 19). 2., überarbeitete Auflage. Börde-Verlag, Werl 2006, ISBN 3-9810315-3-9.