ハイ・クオリティCD

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

ハイ・クオリティCD(ハイ・クオリティシーディー、High Quality CD、略称・通称:HQCD)はメモリーテックが開発したCDの名称である。

概要[編集]

規格的には、従来の音楽CDとまったく変わらない。そのため、現在所有しているCDプレーヤーでもそのまま再生することができる。

ハイ・クオリティCDは、ユニバーサルミュージック日本ビクター(現・JVCケンウッド)が共同開発したスーパー・ハイ・マテリアルCD(SHM-CD)への対抗策として開発された。通常のCDとは異なり、液晶パネルに使用されるポリカーボネートが基盤材料として、特殊合金が反射膜素材として使用されている。SHM-CDと異なる点は、この特殊合金の使用である。

メモリーテックはCDの製造発注、また主要株主としてつながりがあるポニーキャニオンの所有音源のHQCDとしての発売をしている。他に、日本コロムビア(参入当時・コロムビアミュージックエンタテインメント)エイベックス等もHQCDに参入している(前者はブルースペックCDにも参入している。)。かつてはEMIミュージック・ジャパン(当時)もHQCDに参入していたが、ユニバーサルミュージック傘下(EMIレコーズ・ジャパン)となった以降はSHM-CDを中心にリリースするようになった(Blu-spec CD2も参入)。

2015年4月、メモリーテックは新たにハイ・クオリティCDをアップデートした新商品としてUltimate HQCD(UHQCD)を発表した。

関連項目[編集]

公式サイト[編集]