ハウスこども劇場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

ハウスこども劇場(ハウスこどもげきじょう)は、テレビ朝日系で、1980年9月~1983年2月に放送していた子供向けテレビドラマ枠。ハウス食品工業(現:ハウス食品)1社提供。放送時間は、毎週日曜日9時半~10時→毎週火曜日19時半~20時。

便宜上、『ハウスこども劇場』としたが、タイトルとして、正確には『ハウス世界名作劇場』→『ハウス子供おはなし劇場』→『ハウスこども名作劇場』→『ハウスこども傑作シリーズ』だった。末期はスポンサーのハウス食品が「The・かぼちゃワイン」を一社提供した絡みで降板し、タイトルを『こども傑作シリーズ』に変更し複数社の提供となった。なおハウスが「家のマーク」(現在は「h」マーク)を社紋にしていた1980年まではオープニングキャッチが存在、その映像はアニメで、丘の上にある一件の家が映され、その家が「家のマーク」に変わると、「この番組は、家のマークでお馴染みのハウス食品工業の提供でお送り致します。」というナレーションが出るという物だった(マーク変更後も使われたかは不明)。その後『こども名作劇場』に代わってからはオープニングキャッチは廃止され、OP終了後に提供クレジットが出された。

『こども名作劇場』のナレーションは河合奈保子(当時、同社のCMに出演していた)。『こども傑作シリーズ』のストーリーテラーは木内みどり(「薫は少女」では結婚式に臨む姉・幸子の着付けを担当する役など、本編のオープニングとエンディングに顔出し出演。エンディングでは右腕を頭の後ろに回して「さよなら~」と手の平を動かす独特の挨拶をしていた)→岸田今日子(顔出し出演なし)。

放送された主な作品[編集]

子供おはなし劇場[編集]

1980年9月2日1981年3月24日

BBCが制作した、「世界の名作」を放映。

こども名作劇場[編集]

1981年4月7日~1982年3月9日

  • アンデルセンの人形姫(1981年4月7日)
  • 眠り姫(4月14日)
  • バラになったお姫様(4月28日)
  • 子どもの日スペシャル・ヘレン・ケラー物語・愛と光の天使(5月5日)
  • クラムの魔法使いと凍ったお城(5月12日)
  • 魔法の透明マント(5月19日)
  • 女王様のロボット(5月26日)
  • お姫様とハリネズミ(6月2日)
  • 不思議な魔法の薬(6月9日)
  • まぬけな魔法使い(6月23日)
  • ずるい王様と大きなマント(6月30日)
  • ソロモン王の指輪(7月7日)
  • 王様と不思議なゴリラ(7月14日)
  • 北風に消えたバラ姫(7月21日)
  • ピーターとガチョウの金の卵(7月28日)
  • 王様と泥棒の知恵比べ(8月4日)
  • 恐竜の城とお姫様(8月11日)
  • 子象と幸せのねずみ(8月18日)
  • 悲しい鼻のお姫様(8月25日)
  • 魔法の音楽パズル(9月8日)
  • ひげの乞食とわがままなお姫様(9月22日)
  • 笑いを忘れたお姫様(10月6日)
  • 王女様と人形姫(10月20日)
  • 双子の王子と悪魔の囁き(10月27日・11月3日・11月10日・11月17日)
  • 若葉の天使キジー(11月24日・12月1日・12月8日)
  • マッチ売りの少女(12月15日)
  • アニメスペシャル・愛のクリスマスプレゼント・小さなラブレター・まり子とねむの木の子供たち(12月22日)
  • 黒馬物語(1982年1月5日・1月12日・1月19日・1月26日・2月2日・2月9日・2月16日・2月23日・3月3日・3月9日)

こども傑作シリーズ[編集]

1982年3月16日1983年2月22日。現代創作児童文学の中から、1話完結。

全て東映制作。大泉撮影所の近所でのロケも多くみられ、チョコレート戦争の洋菓子店はナカタヤだった上に店名もそのままだった。

  • 3月16日 「宿題引き受け株式会社」原作:古田足日 脚本:秋田佐知子 監督:山際永三
  • 3月23日 「チョコレート戦争」原作:大石真
  • 3月30日 「東京から来た女の子」原作:長崎源之助
  • 4月6日 「行け!少年探偵団」
  • 4月13日 「この犬を探してください」
  • 5月4日 「キャプテンはつらいぜ」原作:後藤竜二
  • 5月11日 「四年三組のはた」原作:宮川ひろ
  • 5月18日 「それ行け!ズッコケ三人組」原作:那須正幹 
  • 5月25日 「太った君とやせた僕」
  • 6月1日 「おかあさんのつうしんぼ」原作:宮川ひろ 脚本:田口成光 
    • 夕子 水沢眞子
    • 小学校教員をしている母 岩倉高子
    • 自閉症の美佐 菊地寛子
  • 6月15日 「水色のジュン 怒りの変身の女」原作:中島信子 脚本:鷺山京子 監督:山際永三
    • ジュン 牛崎照美
    • ジュンの母 真屋順子
    • 無口で暗い少年・洋 堀田秀康
  • 6月22日 「ガキ大将行進曲」 原作:塩沢清 
    • 田舎から来た転校生・幸太 大谷輝彦
    • 影が薄くなったガキ大将 杉本浩一
  • 6月29日 「UFOに乗ってきた女の子」原作:さねとうあきら 脚本:横田与志 監督:小山幹夫
    • 養護施設に入園したミミ 井沢明子
    • マコト 浜田研一郎
  • 7月6日 「泣き虫魔女先生」(前編)原作:浅川じゅん 脚本:中島信昭 監督:小山幹夫
    • 新卒の女性教諭・永野先生 斉藤とも子
    • ヤチ 谷村隆之
    • 足が不自由なテツヤ 玉木潤
  • 7月13日 「泣き虫魔女先生」(後編)
  • 7月20日 「5年2組の宿題戦争」原作:浜野卓也 脚本:田口成光 監督:小山幹夫
  • 7月27日 「人魚がくれたさくら貝」原作:長崎源之助 脚本:秋田佐知子 監督:山際永三
    • サチコ 黒木しのぶ
    • テツジ 吉野広昭
    • シンキチ 池田進
    • 母スズエ 北林早苗
    • 祖母タケ 三戸部スエ
  • 8月3日 「ズッコケ心霊学入門・探検お化け屋敷」原作:那須正幹 脚本:中島信昭 監督:山際永三
    • ハチベエ 橋満耕司 
    • 年下の転校生・浩介 塩見健治
    • 心霊研究家 仲谷昇
  • 8月10日「行け 少年探偵団Ⅱ・消えた父親を探せ」原作:砂田弘
    • カオル 牛崎照美
    • 健 鈴木敏基
    • 京二 剣弘紀
    • いじめられっ子・雪子 山岡まゆ子
  • 8月17日「キャプテン らしく行こうぜ」原作:後藤竜二
    • エース吉野 柿原栄一
    • キャプテン ユー君 長田恒義
    • ツッパリ秀治 大集清史
  • 8月24日「わたしのママはしずかさん」原作:角野栄子
  • 8月31日「おじさんは原始人だった」原作:大原興三郎
  • 9月7日「薫は少女・おてんば娘は正義感編」原作:中島信子 
  • 9月14日「薫は少女・燃え尽きた18年編」
  • 9月21日「算数病院事件」 原作:後藤竜二
    • 成績優秀な秀夫 上野郁巳
    • 勉強が出来ない鉄二 大小原繁
    • 秀夫の母 西川ひかる
  • 9月28日「ぼくのおやじ 消えた子ども部屋」原作:吉田とし 
  • 11月2日「ズッコケマル秘大作戦」原作:那須正幹 
    • ハチベエ 橋満耕司
    • ハカセ 伊藤彰憲
    • 美少女マコ 塩月徳子
  • 11月9日「おとうさんのつうしんぼ」原作:宮川ひろ
  • 11月16日「キャプテンがんばる ボロ猫・優勝かも!?」原作:後藤竜二
    • 最下位野球チームキャプテン・ユーくん 長田恒義
    • ニカちゃん 塩見憲治
    • 洋太 藤森政義
  • 11月23日「おにのような女の子・家出はつらいよ」
  • 11月30日「僕は小さなカメラマン」原作:久保喬
  • 12月7日「もしもし、こちらオオカミ」原作:上野瞭
    • 漫画家志望の和子 片岡みえ
    • 万引き男・寮太 山谷初夫
  • 12月14日「星から来た大泥棒・発明塾バンザイ」原作:手島悠介
    • ノボ 三須志雄
    • 絵字村先生 朝比奈尚行
  • 12月21日「行け!少年探偵団Ⅲ・盗まれた答案用紙」原作:砂田弘
    • 健 鈴木敏基
    • 京二 剣弘紀
    • 野村先生 平井一幸
    • 守 富井克則
    • カオル 牛崎照美
    • 和夫 畔上親
  • 1983年1月11日「さようなら うみねこ」
    • 修一 谷村隆之
    • 転校生・海野ミネ子 菊地寛子
  • 1月18日「先生しごいたる!モヤシ先公の変身」原作:肥田美代子
    • 徳川先生 古代一平
    • 徳川先生の母 東恵美子
    • 公平 吉田英樹
  • 1月25日「あんぱん110番・お父さんの味は日本一」原作:槻野けい
    • 転校生ルミ 中村和泉
    • テツオ 末吉巧
    • パン屋の父 はせさん治
  • 2月8日「バレンタインの贈り物・父と子の涙」
  • 2月15日「ぼくのとんちんかん・熊撃ちじいさんの夢」
  • 2月22日「お母さんの生まれた家・母と子の再会」


主題歌[編集]

『こども名作劇場』時代
  • 「夕陽のメロディー」
作詞 - 竜真知子 / 作曲 - 馬飼野康二 / 歌 - かおりくみこ
日本コロムビアから発売。当時のジャケットに書かれている題名には、「ハウス」の冠は省かれていた。
『こども傑作シリーズ』時代
  • 「ぼく・ボール」
作詞 - 保冨康午 / 作曲 - タケカワユキヒデ / 歌 - 日高美子&ザ・ジョイフル
これもコロムビアから発売。
テレビ朝日 日曜9:30 - 10:00枠
前番組 番組名 次番組
ハウス世界名作劇場
(1978.04~1980.03)
【当番組よりテレビ朝日制作枠】
ドラえもん
【8:30 - 9:00枠より移動】
テレビ朝日系 火曜19時台後半枠
人気アニメ大行進

夏休み人気アニメ大行進

(19:00 - 20:00)
【バラエティ番組】
ハウス子供おはなし劇場

ハウスこども名作劇場

(ハウス)こども傑作シリーズ
(1980.09~1983.02)
【当番組のみドラマ】